2010年10月10日

キムタク×蒼井優が声優出演のアニメ映画「REDLINE」から宇宙最速のキセカエ登場!


REDLINE_M.jpgのサムネール画像
待受けFLASH   


REDLINE_receive-mail2.gifのサムネール画像
メール受信中   

秋のイチオシアニメ映画といえば、もうこれしかないでしょ! キムタク×蒼井優が声優出演のアニメ映画REDLINE! 未来のカーレースを描いた超ハイスピードな映画なのですが、なんとこの映画は10万枚の原画を小池健監督が7年間かけて「手描き」で描き上げた映画なんです。だから、監督の世界観のこだわりが細かいところまでゆきとどいているし、手描きの微妙な誤差や温かみが作品の個性となって、「新しくて懐かしい」世界観を作りだしています。

 

そのREDLINEのきせかえツールが上映と同時に配信開始! きせかえ制作前に、試写会にお招きいただいた私は、息がとまるほどのスピード感あふれる演出を脳に刻み、即デザイナーさんと打ち合わせ! いままでで最速の開発スピードで配信にこぎつけました。

 

タイトルはREDLINE –JP SPECIAL-。主人公のJPが待受、メニュー、発着信で超スピードで駆け巡ります! 近日中にきせかえ用パーツの「ソノシー(本作のヒロイン)」「マシンヘッド鉄仁(最大のライバル)」などの待受FLASHも登場予定!

 

宇宙最速のきせかえツールREDLINEを今スグダウンロード!

(ミジンコ)

 

REDLINE とは?】

製作期間7年、作画枚数10万枚……。

CG全盛の時代に、あえて手描きにこだわった究極のアニメーション映画が誕生!

 

STORY

ずっとずっと未来の話、四輪がエアカーに代わろうとする時代に、それでも四輪にこだわる愚か者がいた。彼の名はJP。見た目はリーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎。

 

<REDLINE>は宇宙最速を決める5年に一度の祭典。勝つためには武器搭載も許される何でもありのカーレースだが、JPは何も持たずに「速さだけで勝つ」ことにこだわり、宇宙一のレーサーを目指す!

 

■監督:小池健

■原作・脚本・音響監督:石井克人

VOICE CAST 木村拓哉(JP役)、蒼井優(ソノシー役)、浅野忠信(フリスビー役)

■オフィシャルHP

http://red-line.jp/index.html

 

C)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会

 

 

キセカエグラフィティ
 ケータイサイトURLhttp://kgra.jp/
キャラマックス
 ケータイサイトURLhttp://dkko.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check なうで紹介 LINEで送る Share on Tumblr

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://sonydes.jp/mt/mt-tb.cgi/5340

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)