株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > CHARACTER > 日本を代表するホラー漫画家・楳図かずおの作品が 原作マンガ絵そのままで動き!叫ぶ!スタンプがいよいよ登場!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2016年07月14日

現在もテレビ出演や、映画制作、イベント出演等、精力的に活動をされている漫画家・楳図かずおの

傑作・名作マンガの中から厳選されたあのシーンが待望のボイス+アニメスタンプになったのら~!

 

 

「グワシ!」はもちろんあの名作シーンがスタンプ化!

「14歳」のチキン・ジョージがしゃべる!「洗礼」のさくらが叫ぶ!「わたしは真悟」のロビンが土下座!

原作マンガから選び抜かれたあのシーンがしゃべる!動く!待望のボイス+アニメスタンプで登場!

 

「14歳」の人気キャラ「チキン・ジョージ」が史上初めて動いてしゃべる!

数多くの楳図作品の中でも有名な「14歳」の「チキン・ジョージ」が動いてしゃべるのはこのスタンプが史上初!

原作マンガの絵柄が生き生きと動き出し叫ぶスタンプでみんなにメッセージを送ろう!

 

楳図スタンプ_リリース内_画像02

 

 

楳図かずお 略歴

1936年9月3日和歌山県生まれ、奈良県育ち。1955年、18歳で「森の兄妹」と「別世界」でプロデビュー。

「ねこ目の少女」や「へび少女」などのホラー作品で恐怖漫画の第一人者として知られるようになる。

1967年に発表した「猫目小僧」は1976年にTVアニメ化されている。

1975年「漂流教室」ほか一連の作品で小学館漫画賞を受賞。

一方で1976年に発表した「まことちゃん」でシュールなギャグが大ブレイクし、“グワシ”ポーズが社会現象となった。

その後も「おろち」「わたしは真悟」「14歳」など、時代を先取りした独創的な作品を

次々に発表、その多くが映像化されている。

創作活動と並行して活発に音楽活動も行っており、1975年にLP「闇のアルバム」、

2011年セカンドアルバム「闇のアルバム2」をリリース。

現在は残念ながら休筆中だが、タレント、音楽家として稀有な独創性を発揮し続けている。

 

(C) KAZUO UMEZZ/SHOGAKUKAN

 

■スタンプショップ画像

 

 

160714_UMEZZ_release_スタンプショップ画像

 

 

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」にて配信

【LINE】公式ページ http://line.me/

 

【LINE】スタンプショップ

[楳図かずお 動いて叫ぶスタンプなのら~!]

https://line.me/S/sticker/6787

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga