株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > COMIC/E-book > ソニー・デジタルエンタテインメントと、毎日放送が連携 「小松左京の怖いはなし」ホラー短編5作品をデジタルコミック&朗読コンテンツで同時リリース!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2016年07月20日

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスと、株式会社毎日放送は、小松左京氏のホラー短編小説5タイトルをデジタルコミックと朗読コンテンツで7月26日(火)に同時リリースすることになりました(一部作品は8/1(月)発売予定)。

2016年は小松左京氏の生誕85周年にあたり、7月26日に没後5年目を迎えます(1931年1月28日~2011年7月26日)。小松左京氏は『日本沈没』『復活の日』等の長編SF作品が有名ですが、その他にも多くのホラー短編も執筆しており、高い評価を得ています。

そんな作品群の中から選りすぐった5タイトルを、ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスはデジタルコミック「小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集」シリーズとしてKindleで、また毎日放送はアナウンサーによる朗読コンテンツとしてAudibleで、同時にリリースします。

 

 

■発売日:7月26日(火)

 

■ 発売タイトルと配信プラットフォーム

(デジタルコミック) ※『くだんのはは』のみ8/1発売予定
ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスのデジタルコミックは、
Amazon Kindleほか、電子書店各サイトでご購入いただけます(各作品100円)。

過去、小松左京作品でコミック化されたのは「くだんのはは」と「牙の時代」のみで、
今回リリースされる5編のうち、「くだんのはは」を除く4編が初コミック化作品とな
ります。

小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集①『すぐそこ』未浩
小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集②『骨』呪みちる
小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集③『まめつま』御茶漬海苔
小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集④『霧が晴れた時』稲垣みさお
小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集⑤『くだんのはは』児嶋都
(朗読作品)
毎日放送のアナウンサーによる朗読コンテンツは、定額制オーディオブック配信サ
ービスAudible(オーディブル※)でお聴きいただけます。

『すぐそこ』高井美紀アナウンサー
『骨』田丸一男アナウンサー
『まめつま』上田悦子アナウンサー
『霧が晴れた時』加藤康裕アナウンサー
『くだんのはは』武川智美アナウンサー

※ Audible(オーディブル)はAmazon.com, Inc.の関連会社であるAudible, Inc.が提供する、オーディオブックをアプリで自由に聴くことができるサービス。月額1,500円で聴き放題。詳しくはhttps://www.audible.co.jp/を参照。
■【デジタルコミック版】作者プロフィール
「すぐそこ」
すぐそこ書影本文合同未浩
1990年、短編漫画『脇道』『消える』でデビュー。ホラー漫画誌で多数執筆を行う一方で、イラストレーター不死木摩可(ふしぎまか)としても活躍。不死木摩可名義のTwitterではオリジナル奇怪小説 「ふしぎの摩可」を公開中。

 

 

 

 

「骨」
骨書影本文合同

呪みちる

ギャグ漫画家として別名義でのデビュー後、1998年の『時計屋敷の少女』でホラー漫画家に転向。以後、雑誌を中心に短編作品を数多く発表。それらの作品を集めた『青空の悪魔円盤 呪みちる作品集』『ライオンの首 呪みちる作品集 1996-2012』ほか著作も多数。

 

 

 

 

「まめつま」
まめつま書影本文合同御茶漬海苔
1984年、『精霊島』でデビュー。独特の作風で多数のホラー漫画を執筆するほか、自身作品の実写映画を監督する等、活動は多岐にわたる。著書に『惨劇館』『魔夜子ちゃん』ほか多数。現在はトークイベントへの出演も多く、読者からのカルト的な人気を誇る。

 

 

 
「霧が晴れた時」
霧書影本文合同

稲垣みさお
1994年、『復讐』でデビュー。その後もホラー漫画誌で数多くの短編作品を執筆。1999年には鈴木光司原作の話題作「リング」をコミカライズ。ホラー漫画以外の著書には、鬱病を題材にしたエッセイ作品『夫婦で欝るんです―それでも育児は可能です!』がある。

 

 

 

 

「くだんのはは」
くだん書影本文合同児嶋 都
1990年デビュー。ホラー・怪奇漫画家&イラストレーターとして、 漫画執筆の枠を飛び越え企画展のプロデュースや個展活動を精力的に行う。映画監督の山本晋也氏の娘としても有名。代表作に『こども地獄』や、綾辻行人とコンビを組んだ『眼球奇譚』『緋色の囁き』がある。

 

 

 

 

 

■ 【朗読コンテンツ版】 担当アナウンサーから一言
・高井美紀アナウンサー
すぐそこアナ本文合同『すぐそこ』
「私は方向音痴なので、よく道に迷います。
迷うと、すぐその辺の人に聞きます。
主人公のように。ぐるぐるぐるぐる・・・。
他人事ではない気がしました。」

 

 

・田丸一男アナウンサー
ほねアナ合同『骨』
「地層から発掘される動物や人の骨から歴史をたどる男。
あまりにも意外なオチに凄みを感じました。
ぞっとするぐらい怖い、戦慄を覚えるファンタジーです。」

 

 

 

・上田悦子アナウンサー
まめつまアナ合同『まめつま』
「ありそうで、なさそうな、でもありそうな怖さ・・・。
普通の家庭にひたひたと迫る恐怖に、背筋が凍ります。」

 

 

 
・加藤康裕アナウンサー
霧アナ合同『霧が晴れた時』
「楽しく登山していた家族を霧がつつみこむ。すべてを覆い隠してしまう霧が晴れた時、目の前に現れた世界は…。じわじわと迫ってくる恐怖を味わってもらえれば幸いです。」

 

 

 

・武川智美アナウンサー

くだんアナ合同『くだんのはは』
「作品のタイトルはなぜ、ひらがななんだろう・・・。
読み始める前の小さな疑問は、大きな恐怖へと変わっていきました。」

 

 

 

 

この記事の担当者: ヤマギワ
いつ見てもカップラーメンばかり食べています。ソニーデジタルのイーコミック部で電子書籍営業しております。
ヤマギワ