株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART > 11/20(日)午前9時00分~午前9時45分放送
NHK Eテレ『日曜美術館』×土屋秋恆
VR GALLERYで国宝「雪松図屏風」の模写に挑戦!

2016年11月19日

NHK Eテレ『日曜美術館』の撮影に弊社運営のVR GALLERYが協力をさせていただきました。

11/20(日)午前9時00分から放送予定の『日曜美術館』「ありのままこそ 応挙の極意」にて、

円山応挙の代表作の一つ、国宝「雪松図屏風(びょうぶ)」を水墨画家 土屋秋恆氏がTiltBrushを使用してVRアートとして模写に挑戦する際にVR GALLERYを利用していただいております。
%e9%9b%aa%e6%9d%be%e5%9b%b3%e5%b1%8f%e9%a2%a8%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88%e5%85%a5%e3%82%8a

 

土屋氏が模写しVRアートとなった「雪松図屏風」はオンエアにてご覧下さい。

こちらの作品は後日VR GALLERYでも公開予定です。

 

【放送概要】

11/20(日)

午前9時00分~ 午前9時45分

NHK Eテレ

[内容]

江戸時代中期、京都一の人気絵師だった円山応挙。その傑作が勢ぞろい!応挙が大切にした写生の極意とは?作品に秘められたある思いとは?今回は展覧会場でとことん探る!

「目の前のものを徹底的に見ること、写すこと」。応挙はときに鏡を使って冷静に写した。写生図から驚きの入念さが見えてくる。代表作の一つ、国宝の「雪松図屏風(びょうぶ)」を最新の3D機器で模写すると…応挙の松は見事に立体的であることが判明。松の立体の形を完璧につかんで絵にしていた!さらには、風景にただよう空気までとらえた知られざる傑作も登場!美術館の中をめぐりながら、応挙の絵と人生の極意を探っていく。

[ゲスト]

根津美術館 学芸課長:野口剛

水墨画家:土屋秋恆

[司会]

井浦新,伊東敏恵

 

【土屋秋恆プロフィール】

%e5%9c%9f%e5%b1%8b

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1974年兵庫県宝塚市生まれ。水墨画家。 SONY, UNITED ARROWS, AUDI などの数々のプロダクトキャンペーンを手がける。国内だけではなく、海外ブランドのCHIRISTIAN DIOR, TOMMY HILFIGER, LEXUS, VISA, NOKIA, CHIVAS REGALといった企業のVIPパーティにてライブペインティングにて活躍中。デザイナーであるポール・スミスも土屋の作品を気に入っている。

 
 

【VR GALLERY by Sony Digital Entertainment】

世界初のVR専門のアート・ギャラリー。Google社が開発した“Tilt Brush”を使用し、毎月新しいクリエイターたちがVR空間に斬新な現代アートの数々を発表します。

[住 所]:東京都杉並区阿佐ヶ谷南2丁目40-1

[開館時間]:完全予約制(下記の公式Webサイトからお申し込みをお願いいたします。)

[公式Webサイト]:http://vr-gallery.jp/

この記事の担当者: 原寅彦
『楳図かずおの恐怖スタンプ』『あしたのジョー』『ゴルゴ13』など漫画作品を主に、LINEスタンプを多数手がける。2014年、制作に2年の歳月を費やした『三国志』スタンプがヒット。インターネットのインタビュー記事を皮切りに『三国志』関連の問い合わせを多数受け、ただの会社員から“横山光輝『三国志』文化人”へと謎の躍進を果たす。 『チャージマン研!』『SIREN』『レッドマン』クリエイターズスタンプもよろしく!
原寅彦