株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART > Sebastian Masuda Exhibition
“Point-Rhythm World-モネの小宇宙-“
日本初のインスタレーション展覧会
7/21(金)~開催!

2017年06月22日

増田セバスチャン × クロード・モネ
増田セバスチャンが創る大人KAWAII世界!

ソニー・デジタルエンタテインメント社は、世界的に注目を集める増田セバスチャンによる展示を、ポーラ ミュージアム アネックス(東京都 中央区銀座)にて開催いたします(2017年7月21日(金)~9月3日(日))。
 

「睡蓮の池」にインスパイアされた
リアルとVRが融合したインスタレーション

クロード・モネ 『睡蓮の池』(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)にインスパイアされ、世界から集めた素材で構成される点描表現での巨大インスタレーションを展開します。
会場内ではVR(Virtual Reality :仮想現実)と透明液晶を組み合わせ、”増田セバスチャン×モネ” の世界観がさらに拡張される展示も予定しております。リアルとアンリアルがミックスされた世界観をお楽しみいただける会場構成となります。作品の中に入り込み、VRアートと共に新解釈のモネの世界を体感してください。
また、ポーラ銀座ビル1階ウィンドウにて、ギャラリー展示と合わせて増田セバスチャンによるディスプレイを展開します。
会期中にはパフォーマンスイベントも開催予定です。ご期待ください!
 
* “Point-Rhythm”(ポイントリズム)は、点描画法という意味の「ポイントリィズム(pointillism)」 と 「リズム(rhythm)」 をかけた造語です。 
 
 
<増田セバスチャンよりコメント>
 
クロード・モネの作品と対峙し、恍惚とするような美しい世界を感じながら不思議と裏側の世界に思いを馳せました。遠くから見る世界は、近づくと全く違う世界かもしれない。現代に生きる僕にモネがそう語りかけているように感じます。その声が、今回の作品の出発点です。
 
 

 
■増田セバスチャンプロフィール
増田セバスチャン(ますだせばすちゃん)
アートディレクター/アーティスト
 
1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
http://m-sebas.com/

 
【開催情報】
■展示名
Sebastian Masuda Exhibition
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”
 
■開催期間
2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)会期中無休
 
■開催時間
11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料
 
■開催場所
ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
 
■主催:株式会社 ポーラ・オルビス ホールディングス
 
■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント
 

(参考:展示イメージ)

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga