株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART > モネにインスパイアされた
巨大インスタレーション作品が、銀座に登場!

2017年07月21日

増田セバスチャン×モネ
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“

 

ソニー・デジタルエンタテインメント社がプロデュースした企画展(主催:株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス)、【Sebastian Masuda Exhibition “Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“】が7月21日(金)より、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催されます(9月3日(月)まで)。世界的に注目を集める増田セバスチャンによる、日本初のインスタレーション展示となります。

 

■モネの名作「睡蓮の池」にインスパイアされた、巨大インスタレーション作品

クロード・モネの名作 “睡蓮の池”(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)からインスパイアを受けて制作されたインスタレーション作品 “Point-Rhythm World(ポイント リズムワールド)- モネの小宇宙 -“ 。
増田セバスチャンがモネの作品を紐解き現代版に解釈。世界中から見つけ出した大量なKAWAII素材が点描表現のようにリズミカルに配置され、“モネの小宇宙”を形作ります。インスタレーションの中を回遊し、モネの小宇宙に没入しながら、世界中に広がり続けるKAWAIIの新たな視点を体感してください。

 

増田セバスチャン(ますだせばすちゃん)
アートディレクター/アーティスト

1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
http://m-sebas.com/

 

 

■細海魚(ほそみさかな)による、アンビエントなBGM。観賞場所、時間で繊細に変化する音楽

アンビエント/エレクトロニカ・ミュージシャン細海魚が、当作品のために新たに創られたサウンドインスタレーション。増田がつくりあげたアート作品内に設置された8チャンネルの音源が、それぞれ違うサウンドを奏でます。
インスタレーションの中を歩きながら、微細に変化する音の小宇宙をお楽しみください。

 

細海 魚(ほそみ さかな)
北海道中標津町生れ。アンビエント/エレクトロニカ・アーティスト。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義で活動。2013年11月、細海 魚名義では初となるソロアルバム『とこしえ』をピュアハートレーベルより発表。新居昭乃、杉林恭雄、外間隆史、MIGU、山口洋、ヤマジカズヒデ等とのコラボレーション、矢野顕子のアレンジ、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとしても多彩な活動を続けている。

 

 

■VRアーティスト・吉田佳寿美が描く、インスタレーション作品の中を浮遊する “ふしぎな蝶”

世界中のマテリアルで構成されたPoint-Rhythm World。そのマテリアルが集まり、“蝶” になりました。VRアーティスト・吉田佳寿美が3D空間に描いたマテリアルの蝶を、透明スクリーンにプロジェクションマッピング。インスタレーションの中を浮遊する不思議なVRアートを楽しめます。
3D演出では、株式会社ハロー(東京都渋谷区)が”蝶”のインタラクティブ化を実現。株式会社NTTドコモの「空間インターフェース※」技術を活用することで、“蝶”が人の動きを感知して、まるで生きているかのように羽ばたきます。

 

吉田 佳寿美(よしだ かすみ)
高校2年生時からイラストレーションや商業デザインをメインに、ソーシャルやイベント系・飲食系の企業等から制作を受注。 2012年九州産業大学芸術学部デザイン科を特待枠で入学。2015年度から武蔵野美術大学視覚伝達デザイン3年次に編入、中退。2016年制作会社EMOGRA.inc設立。 トリックアートなど空間把握を得意とし、リアルイラストレーションからデフォルメ、デザインまで見た物を応用して新しく作り出し、美しさや魅力的な理想を追い求める。

 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

※空間インターフェース:画像認識技術と物理シミュレーションを組み合わせたインタラクション技術で、現実の手や物で、仮想のキャラクターやオブジェクトを触るように操作することができます。

 

※技術協力:株式会社ハロー(東京都渋谷区)

【テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る】をコンセプトに事業を展開。最新技術のR&Dを行いながら、様々な企業の商品プロモーション企画、オリジナルIP開発などを行なっています。
会社名の「helo」は、「hello, hero」の略称で、世界中の優秀な人材=heroが気軽に集まり、新しい価値を生み出すことを現しています。

 

 

 

【開催情報】
■展示名
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”

■開催期間
2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)会期中無休

■開催時間
11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料

■開催場所
ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

■主催:株式会社 ポーラ・オルビスホールディングス

■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga