株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART > ホーホーのアニメーションを作ったクリエイターにインタビュー!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年06月24日

キャラマックス【ホーホー】

ASK?映像祭2011】で久里洋二賞を受賞!

hhh0624.jpg

ホーホーのアニメーション“This massage is boiling hot.”を生み出したクリエイターの2人に作品に対する想いや制作過程などを聞いてみました

 

作品が完成した感想は?

おかもと: あんまり覚えてないです(笑)。外でカメラとか三脚を担いでやってたので、撮影がしんどかったです。あと冬だったんで、やっと終わったって。ホッとしたっていうよりも、やっとできたっていう感じで安心しました。できたー! っと。

 

Saitone: 音楽は映像よりかなり前にできてたんで、あとはおかもとさんがそれにどう合わせてくれるかっていうのをすごく楽しみにしてたんですけど、想像以上の仕上がりで、すごく面白かったですね。

 

 

一番大変だった撮影シーンはどこですか?

おかもと: やっぱり最後の回ってるとこですね。手伝ってもらってた人もいたんですけど、終電で帰っちゃったりして。11月の終わりくらいだったと思うんですけど、朝の5時くらいまでずっと一人で撮ってたこともあったんです。寒いのもあったんですけど、とにかく寂しくて(笑)。一人でずっと撮ってるのが寂しかったので、おまわりさん、早く来てくれって思いましたね。職質されたい! って。

 

 

 最初にSaitoneさんの曲を聴いた印象はどうでしたか?

おかもと: 最初から、素敵だな、ハッピーだなって思いましたね。実際に自分が作品としてチップチューンを使う立場になってちゃんと聴いてみたときに、どんどん上がっていくにつれて、機械音っていうか、電子音でも感情的なものを表現できるんだなっていう感じはすごくしましたね。もっと冷たい音なのかなって思ってたんですけど、人から聞いた感想でも「温かい」ってあったので。別に火だからってわけじゃなくて、音楽自体が温かいっていう感想を聞いて、僕自身、同じことを感じました。

 

Saitone: それはありがたいですね。意識的にちょっとメロディアスな方向に持っていくようにはしたので、たぶんそこがうまく作用したんだと思います。

 

 

Saitoneさんから見た途中経過は?

Saitone: よく完成したなと(笑)。

後半は割と加速度的にペースができてきたんですけど、途中で送られてくるものが結構コンテの状態でしばらく続いてたんで、どうなっちゃうの? って。

 

おかもと: ご心配おかけしました。

 

Saitone: だから出来上がったのを見たときはびっくりしましたね。ほんとにすばらしくて。最初はイメージとか、どういう作りなのか、雰囲気をいろいろお聞きしながら想像はしてたんですけど、やっぱり想像を超えたものになってたんで、ものすごく感動しましたね。

hh0624_4.jpg

 

 

Saitoneさんは、映像とコラボする機会はよくあるんですか?

Saitone: 同時進行で作るっていうのは今までないですね。もともと僕の曲があって、それに映像をつけてもらうっていうことは何回もあったんですけど、話し合いながら組み立てていくっていう経験はこれが初めてでした。だからすごく新鮮でしたね。いつも一人で作ってるので、煮詰まっちゃったりすることが結構あるんですけど、今回はいろいろと意見交換しながら作れたのでよかったです。そういう見方もあるんだなとか、いろいろ感じて。

 

 

また機会があったら一緒にやりたいですか?

おかもと: ぜひやらせていただきたいです。

 

Saitone: ぜひ。

 

おかもと: 魅力的な音だし、Saitoneさんが作られる楽曲もいろいろ聞かせていただいて、ファンになりましたので(笑)

 

Saitone: ありがとうございます。ぜひやりたいですね。もう少し長いのが見たいな。

hh0624_1.jpg

 

hh0624_2.jpg

<動画サイト>

http://hoho.vc/

“Ho-Ho” -This message is boiling hot.-

 

■作品紹介

誰かのハートに温かい火を灯す

東京を舞台に、火の精「ホーホー」が人々の心の変化を映し出す。

作画して切り抜いた紙の置き換えによるコマ撮りアニメーション。

 

誰かに気持ちを伝えたいとき、自分の心が動いた時

人のキモチと共に【ホーホー】は燃え揺らめきます

気持ちに合わせて踊ったり、身体の形を変化させたりします。

 

■作品工程

総撮影枚数      :2,500枚

総制作時間      :約6カ月(打合せ、作画、撮影、編集)

使用機材                :色画用紙、カメラ、三脚、パソコン

工程            :色画用紙に作画→トレース→切り抜き→外で撮影

 

■作者紹介

animator

おかもとまさのり

1985年生まれ。東京都出身。アニメーター。

2008年、武蔵野美術大学卒業。

現在、東京藝術大学大学院でアニメーションを研究・勉強中。

作品歴に『パンク直し-mending a puncture-』、『ばあちゃん-Grandma-』など。

http://www.youtube.com/user/peamar03

 

musician

Saitone(サイトーン)

日本を代表するCHIPTUNEアーティスト

ゲームボーイを楽器として駆使し、ファースト・アルバム「OverlappingSpiral」が

フランス、アメリカを始めとしたメディアに絶賛された日本を代表する8-bit系アーティスト。

200911月にスウェーデンで開催されたギネス登録・世界最大のゲーム系イベント「Dreamhack」のオープニングを飾った。

http://pianobusters.com/saitone/

 

ASK?映像祭2011

http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/2011/eizo.htm

 

 (C)おかもとまさのり

 

■キャラマックス

映像に登場する場面を切り出した【ホーホー】のデコメ・待受が満載!

 http:/dkko.jp/

■オトナオンフル

楽曲を提供したSaitone氏の【boiling hot】が着うたフルになった!

 http://otof.jp/

(オカ)

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital