株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > COMIC/E-book > 刻賭=ゲームに勝ったら長生きできる!負けたら…秘密のゲーム『トキカケ』とは?!皆河有伽『トキカケ』

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年08月01日

hitokoto_logo_mini.jpg

トキカケ・皆河有伽

トキカケ=時賭
それは正真正銘の、命の取り引き。


自分の寿命時間をかけて争う秘密のゲーム『トキカケ』。
勝てば若さを永遠にでも保つ事が出来るが、負けてしまえば命を差し出さなければならない過酷なゲーム。

女子高生のミリは、幼い容姿を少しでも大人っぽくするために、友だちに誘われたという理由だけで何も考えずに『トキカケ』に参加してしまいます。
少し負けるくらいなら、ちょっと大人っぽくなって好都合♪
それに、そんなに大負けしないでしょ!
くらいの気持ちで。。

あなたがもし、『トキカケ』に参加できるとして、
永遠に若くいられると知ったら命を賭けてゲームをしますか?
ただ、自分の寿命がどれくらいかなんて知っている人なんていないもの。
寿命の保証は誰にもないのです。
それでももし、ご参加されるということでしたら、十分にお気をつけください……

あらすじ

主人公の女子高生・美里=通称「ミリ」は友人のサナから、「刻賭(トキカケ)」というゲームを教えられる。それは会員しか知らない秘密の場所で行われており、自らの寿命を賭け、相手と、数当てのゲーム(「1」から「6」までのカードの数を当てる)で対戦し、勝てば寿命を長くする事が出来、負ければ生きる時間を奪われてしまうのだ。小柄で子供っぽいミリは、「ちょっとぐらい負けても大人っぽくなるだけだから」というサナの言葉に安心し、「トキカケ」の場へと足を踏み入れる。

そこでミリは、エツという長身で癖っ毛で、いつも缶コーヒーを飲んでいる、20代後半とおぼしき謎の男と出会う。エツは、冷たい態度を取りながらもミリの事を気にかけ、「トキカケ」が命を賭けた恐ろしいゲームである事を彼女に教えるのだった……

「寿命をやり取りするという事は、命の奪い合いだ。そんな所に、お前さんは入り込んじまったんだよ」


「トキカケ」は下記URLで配信中!
著:皆河有伽
◆『トキカケ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=148

(携帯のみ)

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital