株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > COMIC/E-book > 心霊写真に隠された真実とは……福谷修「心霊写真部」

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年08月17日

hitokoto_logo_mini.jpg

心霊写真部・福谷修

トリック写真!?それはあなたの怖れです。


上記写真の中に隠れている恐ろしい存在。お気付きですか?しかも1つだけではなく、複数潜んでいます。
何も気にならない人にとってはなんでもないただの写真。ただ、1度気が付いてしまうと離れなくなる存在。
彼らはなぜ写真に写るのか。そして、それが意味するものは何なのか。

それは想像を超える、人が人を憎むだけではない恐ろしい何かが潜んでいるのかもしれません。

あらすじ
ガールズ・ファッション雑誌『プチ・フレア』の読者モデルをしている二宮 佳夕。特にモデルになりたいという訳では無かったが、学校では写真部に所属している事もあって、カメラには大いに興味を持っていた。プロのカメラマンの仕事に、じかに触れられるという理由で、佳夕は読者モデルのアルバイトを続けている。そんなある日、『プチ・フレア』編集部に立ち寄った佳夕は、新卒の編集者・栗原 南(くりはら みなみ)が発案した新企画「こわい心霊写真特集」に寄せられた心霊写真を目にする。霊感がある事から、「心霊写真特集」の取材メンバーとして、南と行動を共にする事になる佳夕。そして、佳夕と南の取材の中で、心霊写真1枚1枚に隠された、恐ろしい事実の数々が明らかになっていく……。

「心霊写真部」は下記URL配信中!
著:福谷修

◆『心霊写真部』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=113
(携帯のみ)

福谷修
ホラー、ミステリーを中心に映画監督、小説家、ゲームクリエーターとして活動。
作家としては『渋谷怪談』(竹書房)でデビュー後、ホラー小説を中心に竹書房などから著作が計9冊出版されている。


この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital