株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > COMIC/E-book > 切ない恋の痛みが、胸に刺さる--大崎ユリ「花風-hanakaze-」

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年08月30日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

花風-hanakaze-・大崎ユリ・川島小鳥

後悔している恋愛、ありませんか?

好きであればあるほど相手に気を遣い、その気遣いが相手を苦しめる。
そんな経験をしたこと、ありませんか?

その経験にきちんと別れを告げずに過ごしてきてしまった方は、きっと今もそのことを引きずっているのではないでしょうか。
本作「花風-hanakaze-」の主人公・直子も、学生時代の辛い経験にふたをして過ごしてきました。それが、ふとした瞬間がきっかけで向き合い、ある答えを出します。
もしまだ、過去の経験から目を背けている方がいたら、本作を読んでみてください。それがいいことか悪いことかは断言できませんが、もしかしたら背中を押してくれるかもしれません。

あらすじ
主人公は、編集プロダクションに勤務する坂下直子(25歳)。
大学生活を共に過ごしてきた仲間と久し振りに再会し、大学4年の春に別れてしまった元カレが海外に出張にすることを知る。最悪な別れ方をしてしまったことをずっと悔やんでいた直子。3年ぶりの再会に心が揺らぐ。
しかし直子には、結婚を前提として付き合っている彼氏がいる。悩んだ結果直子がだした答えとは…

ケータイ文学賞で審査員特別賞を受賞した大崎ユリの小説と、携帯初登場となる川島小鳥の写真が贈るせつない恋の痛み。

「花風-hanakaze-」は下記URL配信中!
著:大崎ユリ

◆『花風-hanakaze-』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=20
(携帯のみ)

大崎ユリ
1986
年東京都生まれ

2006年に自身のブログを書籍化した『フタマタ生活。』を出版

「ケータイ文学賞Vol.2」で審査員特別賞を受賞

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital