株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > CHARACTER > iPhoneアプリ『家の人』配信開始!赤塚不二夫キャラがアプリになった!~「天才バカボン」レアキャラ大集合!!~

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2012年08月07日

見本S-1・右へ走る家の人(町並み).jpg

TP-4to6・演奏全タコ(タコピ.jpg

赤塚不二夫の代表ギャグマンガ天才バカボンに一回しか登場しないレア・キャラクター!彼らが大集合したiPhoneアプリが配信開始!!
これは「マンガ」?「アニメ」?「アート」?
いいえ、これは赤塚不二夫と一緒に遊ぶ「ゲーム(仮)」なのです!

S-6鈴木一郎ポーズ3.jpg

現代アーティストとして活躍中の赤塚りえ子が、父・赤塚不二夫のキャラクターを使って、「触って」「聞いて」「傾けて」遊べる、新感覚のアプリを制作。天才バカボンに登場したレア・キャラクターを訪ねてみると…。その中はキュートでナンセンスな世界が広がっていた。 見逃せない赤塚キャラたちをさらに可笑しくリミックス。こんなヘンな人たちがいると大変なのだ
!! 
出演キャラクター:家の人・モク山さん・ダイスの人・鈴木一郎・舌の住人・タコは、天才バカボンに登場したゲストキャラクターなのだ!
ゲンちゃんは「レッツラゴン」からの特別出演なのだ!これでいいのだ!!
ダウンロードして「何これ?!」と思ったアナタ、正解です!
「赤塚不二夫と一緒に遊ぶ」―赤塚りえ子より
このアプリ『家の人』は、赤塚不二夫を神棚から引きずり降ろして一緒に遊ぶ「ゲーム(仮)」です。 iPhoneの性質を活かしてキャラクターを叩いたり飛ばしたり。上下左右、奥にも進めます。
3Dではありませんが、立体的に展開するものを作りたかったのです。 「バカバカしさ」「ナンセンス」といった赤塚作品のエッセンスに加えて、ポップさや、可愛らしさ、当然ギャグもあります。様々な赤塚作品のエッセンスを抜き取ってリミックスしたのが『家の人』なのです。ヘンテコで、バカバカしく、ナンセンスな「ゲーム(仮)」です。
ダウンロードしたら「何これ
?! 」と思われるかもしれませんが、その気持ちと一緒に楽しんで遊んで欲しいと思っています。
赤塚りえ子(あかつかりえこ)
東京生まれ。アーティスト。1994年渡英。ロンドン大学ゴールドスミス校ファインアート科卒業後、Danielle Arnaud contemporary art(London)所属。 06年帰国、株式会社フジオ・プロダクション代表取締役就任。http://www.fujio-pro.co.jp/
10年、株式会社tadpole-lab設立。http://tadpole-lab.com/
sdesblog_2_bakabon.jpg
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital