株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > CHARACTER > 【Fate/Zero】2ndシーズン仕様・セイバー「ライブ壁紙」第2弾!エクスカリバーを振り下ろす勇姿に注目!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2012年08月10日

fatezero_live-2_blog.jpg
大人気!アニメ『Fate/Zero』より、2ndシーズン仕様のセイバーのライブ壁紙を、アニメ専門Androidサイト「アニコレ★プレミアム」にて配信開始致しました。

 

サーヴァント・ライブ壁紙第4弾登場!

キービジュアルを含む場面は3枚!移り変わるセイバーの表情や、エクスカリバーを振り下ろす勇姿に注目です!どの画面もセイバー満載なので、セイバーファン必見のライブ壁紙になっています♪

 

サーヴァント・ライブ壁紙、第1弾「セイバー」、第2弾「アーチャー」、第3弾「ランサー」も好評配信中です。『Fate/Zero』の壁紙コレクション、各キャラクターたちの絵文字もチェック!

 

★ストーリー

これは始まり(ゼロ)に至る物語―――

奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、七人の魔術師(マスター)が七人の英霊(サーヴァント)を召喚し、最後の一人になるまで戦いを繰り広げる究極の決闘劇……聖杯戦争。

 

三度、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。

それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち。だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。

彼の名は――言峰綺礼。

運命の導きを解せぬまま、綺礼は迷い、問い続ける。なぜ令呪がこの自分に授けられたのか、と。だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。

それが――衛宮切嗣。

誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。

 

大人気ゲーム『Fate/stay night』では断片的に語られるのみだった、10年前に起こった「第四次聖杯戦争」の真実。士郎の養父が、凛の父が、そして若き日の言峰綺礼が繰り広げた戦いの真相が、いま明らかになる!

 

 (C) NitroplusTYPE-MOONufotableFZPC

 
anicollepre_qr-.GIF
サイトURL

アニコレ★プレミアム:http://sp.anic.tv/

※ドコモAndroidスマートフォンのみ対応です。
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital