株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > CHARACTER > 【LINEスタンプ道場】このスタンプはこういうときに使ってほしい「ゴルゴ13」編【番外編】

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2013年03月14日

LINEで絶賛配信中の「ゴルゴ13」スタンプ!

このスタンプはこういうときに使ってほしい!という制作者の願望を大公開します。

001.jpg

最初はこちら。デューク東郷、通称ゴルゴ13です。

一見すると「なにこの表情も動きもないスタンプ。激しい感情表現がウリのLINEスタンプを理解していないの?こんなスタンプ作ってバカなの?給料泥棒なの?」と、思うでしょう。

だが待っていただきたい。一流のプロフェッショナルであるデューク東郷はいついかなるときでも感情を表に出さないのです。

そう、こちらは「いついかなるときにも使える」スタンプとなります。

嬉しいときも悲しいときもこれ1つでオールOKLINE史上稀に見る万能スタンプなのです。

え?そんなこと言ったって、ゴルゴ13が感情出してるの見たことある?

いい質問ですね。

最近でこそほぼ無表情を貫いていますが、初期の頃はしょっちゅう不敵な笑みを浮かべていましたし、舌打ちすることもありました。

(今回のスタンプでは泣く泣く採用をあきらめましたが

というわけでこちらのスタンプをご覧ください。

 

  
029.jpg

 

大変驚いています。こちらは依頼遂行後に依頼人が大爆発したシーンのものです。

(怒ることの比喩ではなく、文字通り爆発しました。詳細はSPコミックス5殺意の交差でご確認ください。)

こちらのスタンプは「思わず普段のキャラを忘れてしまうほど驚いたとき」にご使用ください。

普段は誰からも声をかけられないのに急に合コンに呼ばれたときなどに便利が良いのではないでしょうか。

 

ちなみにニッコリ笑ってるデューク東郷、通称ゴルゴ13をコミックスの中から探したのですが、

最新刊167巻(20133月現在)までの、45,000ページを探してもありませんでした!

 たまには笑えよ、デューク!

 

ゴルゴ13スタンプでキミもプロフェッショナルになろう!

 

 

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital