株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > CHARACTER > 「こびとづかん」LINEスタンプで2位を獲得!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2014年09月03日

累計270万部突破の大人気書籍シリーズ「こびとづかん」をLINEスタンプに発見!
言葉を打たなくてもコミュニケーションができる、言葉つきスタンプなので、言葉を打つことが面倒な人にぴったりの、そこそこ使えるスタンプとして大人気!
一時は第2位を獲得!(※8月22日時点)
あなたのかわりに「こびと」が答えてくれる、そこそこ使えるスタンプです!
kobito_ranking_1409.jpg
「こびとづかん」とは?
「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの絵本とその書籍シリーズ。
この絵本の中で主人公の「ぼく」が見つけたのが、昆虫でも植物でもない不思議な生き物「こびと」です。
シリーズを通して説明されている「こびとの捕まえ方」にならって、子どもたちの間では「こびと探し」遊びが流行しています。
(そして、いるかいないかが度々議論になり、日本中のお父さんやお母さん達を悩ませています)
現在、シリーズ累計270万部を突破し、2013年には最新作の「こびと大研究」が児童書部門第1位となりました。
グッズ、映画、DVD、アプリが展開されているほか、全国で関連イベントも開催されています。
140821_kobito_06.jpg
「映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園」公開中!
これまで明かされていなかったこびとたちの生態や人間との触れ合いなどを描く物語が中心となるオムニバス。
表題の「カクレモモジリと秘密の桃園(ももぞの)」の他、リトルハナガシラとマモリコモリを題材にしたコマ撮りアニメ「ムシクイの友情」、イエコビトの住む家「コビトハウス」の3本。
こびと好きなら見逃せない映画になっています。
8月16日(土)より、全国のイオンシネマにて絶賛上映中!!
140821_kobito_07.jpg
台湾、香港、シンガポール他アジア展開続々!
書籍「こびとづかん」シリーズは台湾版として繁体字でも出版されており、今後、韓国語版も刊行予定。
現在すでに注目を集めており、台湾の交通系ICカードのデザインに使用された他、香港・台湾のコンビニでのグッズ販売や、ショッピングセンターをジャックしての大型キャンペーン(ラッピングバスも!)などが続々展開されています。
また、マレーシアの放送局「astro」系列にてテレビ番組「こびとチャンネル」を放送中。(マレー語、中国語)
「Astro」はアジアを中心に視聴される放送局で、主に4歳から15歳の子どもをターゲットとしています。
今後も各種キャンペーン、イベントが決定しています。
140821_kobito_08.jpg
■「こびとづかん」についてのお問い合わせ
こびとづかん公式サイト http://kobitos.com/
株式会社ロクリン社  http://rokurin.jp
■配信概要
LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」または、「LINEウェブストア」にて配信
LINE公式ページ  : http://line.me
LINEウェブストア: https://store.line.me
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital