株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART > 【川崎のぼる~汗と涙と笑いと~展】「巨人の星」の作画を手掛けた、”川崎のぼる”の画業60年を振り返る企画展!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2015年08月01日

8月1日(土)より開催! 【川崎のぼる~汗と涙と笑いと~展】 @三鷹市美術ギャラリーにて!

 

今から約50年前。

1966年、「巨人の星」の 連載が 「週刊少年マガジン」 で開始されました。

「巨人の星」は、梶原一騎が原作を書いた、父と子の相克を軸にした野球マンガ。

 

少年誌で実力を発揮し始めた若手漫画家・川崎のぼるが作画を担当した本作品は、「努力と根性」によって「弱者が強者に打ち勝つ」物語でした。

 

この世界観が、日本の高度経済成長期における価値観と合致したことから、

瞬く間に人気マンガへと成長しました。

21世紀の現在においても、LINEスタンプをはじめとした、

若者にも親しまれる作品となっております。

 

本展覧会は、大阪で貸本漫画家としてデビューした川崎のぼるの初期の作品から、

戦後マンガ史と共に歩んだ、約60年にわたる画業をふりかえる展覧会となっております。

 

この夏休み、ぜひ、「三鷹市美術ギャラリー」にお越しください!

 

エントランスの無料スペースには、「巨人の星」の主人公・星飛雄馬の父親である「星一徹」と一緒にセルフィーできるスポットを設置!(企画:ソニー・デジタル エンタテインメント)

本セルフィースポット含めた、企画展体験レポートは近日配信予定です!

 

 

22222

 

 

flyer

 

【開催期間】2015年 8月1日(土)~10月12日(月・祝)
【開館時間】 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
【休館日】 月曜日(9/21・10/12は開館)、9/24(木)
【観覧料】 会員=480円 一般=600円 65歳以上・学生(大・高)=300円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
割引入場券
* 20名以上の団体(一般)は480円
* こどもと一緒割引:中学生以下のお子様と一緒にご来館の方(こども1名につき同伴者2名まで)は480円
【主 催】 (公財) 三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー
【協 力】 講談社、ソニー・デジタル エンタテインメント、神戸新聞社

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga