株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > Social Marketing > ”KumiRock feat. MaL” 新曲追加! ソウルフルなゴスペル曲「Jesus On The Main Line」!!

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2016年02月15日

■ソウルフルなゴスペル曲“Jesus On The Main Line” がYouTube「KumiRockチャネル」で配信開始!

世界最小のアカペラ・ユニット”KumiRock feat. MaL”の新曲は“Jesus On The Main Line” 。音楽史上、最も偉大なギタリストとして知られるライ・クーダ(Ry Cooder)が歌ったゴスペル曲をオリジナルアレンジしてカヴァー。本作について、ヴォーカルのKumiRockさんに聴きどころを聞きました。

 

“原曲はかなりピースでゆったりとした雰囲気という印象でした。シンプルなフレーズが繰り返されます。アレンジもあえてシンプルなまま歌おうということになりました。 途中から転調して4重奏でハモるのですが、そこがなんとも歌ってて気持ちがいいです!RC-505もループさせるというよりは長尺のフレーズのサンプラーとして使いました。ビートもなくし、シンプルに4声でハモるチャレンジでしたが、これが本当に難しかったです。シンプルであればあるほど難しいのかもしれません。でもハマった時はジーザスが降りてきたような感覚になります。(笑) 聞けば聞くほどクセになっていくようないい仕上がりになったんじゃないかと思っています。”

 

02月15日 ”KumiRock feat. MaL” のHP・YouTubeにて配信中!
KumiRock feat. MaLの公式Webサイト

 

■KumiRock feat. MaLとは
“KumiRock feat. MaL” ヴォーカル・KumiRock、ボイスパーカッショニスト・MaL。
2本のマイクだけであらゆる楽曲を演奏する、世界最小のアカペラ・ユニット。

 

■ソーシャルメディアから新しいスターを生み出すプロジェクト
本企画は、ソニー・デジタルエンタテインメントとディグズ・グループが、個々に活動するミュージシャンをサポートする形で推進される、“ソーシャルスター・プロジェクト”です。三代目 J Soul Brothersなど、数々のヒットソングをプロデュースしたディグズ・グループによる制作サポート、ソニー・デジタルによるマーケティングサポートにより、ソーシャル・スターミュージシャンが誕生します!
プロジェクト第1弾は、“KumiRock feat. MaL” !

 

 

SDESDIGS

 

 

■プロファイル
KumiRock(クミロック)
シンガーソングライター。2015年10月10日、新潟県苗場で開催された”NaebaRising 2015″にて、MaLとのユニット活動を開始。2本のマイクだけであらゆる楽曲を演奏する独自のライブスタイルを持つ。
photoKumirock

 

MaL(マル)
ボイスパーカッショニスト、Breath奏者。国内の最古参の演奏家の一人。
楽器の声帯模写でなく、あくまで自身を「音楽の一つのマテリアル」として扱い、表現することにこだわり、様々なスタイルでのステージやパフォーマンスを国内外で展開している。

 

photoMal

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga