株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > こびとづかん

2017年03月03日

LINEの画面に「ちょびっと」たちが住んでるみたい?!

クリエイターズ着せかえに「ちょびっとづかん」の「ちょびっと」たちが

ドット柄でかわいくポップに初登場!カラフルだけど優しい色合いで飽きずに長く使えます♪

 

 

 

 

「ちょびっとづかん」とは

絵本「こびとづかん」刊行10周年を記念して放送開始したスピンアウト・TVアニメ。

「こびとづかん」の世界観を“ちょびっと”だけ継承した新キャラクター”ちょびっと”たちが、伝説の桃を探すドタバタコメディー。

 

・キッズステーション  毎週日曜 20:55〜(7月3日より)

リピート放送:毎週土曜 16:54〜(7月16日より)

・TOKYO MX              毎週木曜 21:55〜(7月7日より)

 

・テレビ金沢          毎週月曜 25:34〜(7月11日より)

 

・関西テレビ放送       毎週土曜日深夜(不定時)(7月16日より)

「音エモン」番組内にて放送

・福島中央テレビ        毎週木曜24:54〜(9月1日より)

 

・中京テレビ         毎週金曜25:30~(9月30日より)

「しばさきのちょびっとChuun」番組内にて放送

・KRY山口放送         毎週木曜11:25〜(10月6日より)

「Japan in Motion」番組内

・テレビ新広島(毎週金曜25:40〜)

 

・北海道文化放送(毎週火曜26:55〜)

 

・テレビ静岡(毎週金曜26:45〜)

 

・高知さんさんテレビ(毎週火曜25:55〜)

 

・テレビ西日本(毎週火曜26:55〜)にて放送中!

 

とっても気になる詳細は、以下の公式サイトやSNSでチェック☆

 

公式サイト :http://kobitos.com/ja/anime/#onair

Twitter     :https://twitter.com/chobittodukan

Facebook  :https://www.facebook.com/chobittodukan/

 

 

 

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「着せかえショップ」にて配信

 

【LINE】公式ページ http://line.me/

 

【LINE】着せかえ購入ページ

https://line.me/S/shop/theme/detail?id=7628f339-4dbd-4098-a737-986c03968859

この記事の担当者: Yuko.Shirai
ロックバンド「The Yellow Monkey」と プロレス団体「DRAGON GATE」をこよなく愛してます。 漫画とゲームへの愛を育む英才教育を受けました。
Yuko.Shirai

2016年09月29日

コラボ開催期間は2016年9月28日(水)11:00~10月20日(木)23:59までの期間限定!

 

「こびとづかん」がLINE POP2とコラボ中♪限定「ミニモン」がもらえる!

LINE POP2にこびと達が期間限定で登場中!コラボ期間中は特別イベントステージでこびと探しが出来るほか、ランキング競争イベントも開催!

また、ゲーム内で役に立つキャラクター「ミニモン」にもこびと達が出現中!コラボ限定ミニモンがログインするだけでもらえるますよ!

無料でもらえる「ミニモン」だけでなくゲーム内ガチャでしか手に入らないこびと達もいたり、さらには「カクレモモジリ」の着ぐるみを着た「ブラウン」と「タカラコガネ」の着ぐるみを着た「コニー」なんて他では見られないこのコラボ限定のミニモンも登場☆GETできるのは今だけですよ!

 

イベントの詳細はこちら:http://game-blog.line.me/archives/49646376.html

 

■期間限定ミニモン(進化後)

 


kobitos1kobitos2

 

 

「こびとづかん」とは?

「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの創作絵本です。

絵本の中で主人公の「ぼく」が出会った「こびと」は昆虫でも植物でも動物でもない不思議な生き物。

突然冷蔵庫のモーターが鳴ったり、テレビがピシッと音がしたり、

トイレットペーパーの角が三角に折られていたり…。

正体不明の不思議な出来事、それがもし「こびと」と呼ばれる生き物の仕業だとしたら。

今年で刊行10周年の「こびとづかん」は現在、シリーズ累計270万部を突破!!

各種グッズ、イベント、キャンペーン、映画・DVDなどの映像作品、デジタルコンテンツなど、マルチメディアに展開中。

現在東急ハンズ新宿店にてスマホアプリ「こびと探査機AR」を使って、「こびと探し」が2016年10月11日(火)まで開催中のほか、10月1日(土)・2日(日)10:00~18:00には大阪府枚方のくずはモールにこびとづかんの木製アトラクション「もりのめいろ」も開催とイベント盛りだくさん!

大人気の「こびとづかん」のイベント情報はこちら:http://kobitos.com/ja/index.html

 

%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

 

「LINE POP2」とは?

全世界で6000万人が楽しむLINE POPシリーズの第2弾!初心者から上級者までみんなで楽しめる6角形パズルゲームです! 2014年10月27日のサービス公開以降、ポップなデザインやサウンドによるかわいらしい世界観と、ステージごとに異なる多彩なギミック、限られた移動回数の中で効率的にブロックを消していく戦略性など、幅広いユーザーからご好評いただき、2016年1月24日時点で世界累計1,200万ダウンロードを突破しています。ポップな演出、かわいらしいミニモンたちと一緒に、LINE POP2の世界を冒険しよう!

 

著作権表記:©NHN Pixelcube.All Rights Reserved.

 

▼App Store

https://itunes.apple.com/jp/app/id878506376

▼Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.LGLP2

 

line

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ「LINE POP2」にて配信

 

LINE ストア  :https://store.line.me/game/POP2/ja

 

この記事の担当者: Yuko.Shirai
ロックバンド「The Yellow Monkey」と プロレス団体「DRAGON GATE」をこよなく愛してます。 漫画とゲームへの愛を育む英才教育を受けました。
Yuko.Shirai

2016年06月16日

羊毛フェルトで作られたこびとたちがほっこりかわいい写真絵本

「モモジリとり」のLINEスタンプが音付きで登場!

 

 

LINEスタンプ用の特別撮り下ろし画像が盛りだくさん!

シリーズ累計270万部突破! 今年で刊行10周年を迎える大人気書籍「こびとづかん」シリーズの最新刊『モモジリとり』発売に先駆けて、ほっこりかわいいLINEスタンプになりました。

『モモジリとり』は羊毛フェルトで作られたこびとたちの人形がユーモラスな写真絵本。このこびとたちをLINEスタンプ用に特別に撮り下ろしし、人気の「カクレモモジリ」や「リトルハナガシラ」など他では見られないカットが盛りだくさんです♪

 

■おすすめスタンプ画像

 

kobitozukan_LINE_600px_0615

 

 

「こびとづかん」とは?

「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの創作絵本です。

絵本の中で主人公の「ぼく」が出会った「こびと」は昆虫でも植物でも動物でもない不思議な生き物。

突然冷蔵庫のモーターが鳴ったり、テレビがピシッと音がしたり、

トイレットペーパーの角が三角に折られていたり…。

正体不明の不思議な出来事、それがもし「こびと」と呼ばれる生き物の仕業だとしたら。

 

今年で刊行10周年の「こびとづかん」は現在、シリーズ累計270万部を突破!!

各種グッズ、イベント、キャンペーン、映画・DVDなどの映像作品、デジタルコンテンツなど、マルチメディアに展開中。

2016年7月中旬発売予定のシリーズ最新刊『モモジリとり』は羊毛フェルトで作られたこびとたちのほっこりかわいい写真でユーモラスな「しりとり」が展開される写真絵本。

なお、『モモジリとり』電子版は、本日6月16日(木)より「楽天Kobo 電子書籍ストア」にて独占先行販売開始しています。

cover_0527-3

 

©Toshitaka Nabata

 

 

1人1人、全て手作り!羊毛フェルト人形が可愛すぎて、ほっこりします♪

今回のLINEスタンプや『モモジリとり」、映像シリーズ「こびとす」(フェルト人形のコマ撮りアニメ)に使われているフェルト人形は、すべて羊毛フェルト人形作家作家・小林雅子氏による手作り!

原作絵本のこびとたちを再現するだけでなく、さらにかわいく、表情豊かに作りあげることができるのは小林雅子氏ならではです。

 

-羊毛フェルト作家・小林雅子とは?-

1978年、福島県生まれ。絵本『こびとづかん』に出会ったことがきっかけで、フェルト人形を作りはじめる。現在、「小林雅子人形製作所」を設立し、本格的に羊毛フェルト作家として活動をしている。

 

公式サイト:http://www.kobayashimasako.com

 

■LINEスタンプ用に撮り下ろした中で残念ながら落選してしまった写真の一部を紹介します。

 

 

 

こびと2

 

左:カクレモモジリ  右:リトルハナガシラ(サンバナの一人)

 

こびと

 

左:ハタキツボネ  右:ヒメイエコビト

 

 

刊行10周年で、さらに大活躍!「こびとづかん」がアニメ化決定!!

絵本「こびとづかん」刊行10周年を記念して、スピンアウト・TVアニメ「ちょびっとづかん」の放送が決定!

「こびとづかん」の世界観を“ちょびっと”だけ継承した新キャラクター”ちょびっと”たちが、伝説の桃を探すドタバタコメディー。

 

7月上旬より、キッズステーション、TOKYO MX、テレビ金沢、他で順次放送を開始します。

とっても気になる詳細は、以下の公式サイトやSNSでチェック☆

 

ちょびと

 

©Toshitaka Nabata / ちょびっとづかん製作委員会

 

■公式サイト

http://kobitos.com/ja/anime/

 

■SNS

・facebook

https://www.facebook.com/chobittodukan/

・twitter

https://twitter.com/chobittodukan

 

 

LINEスタンプショップで「こびとづかん」で検索!

LINEアプリ起動⇒スタンプショップ⇒検索窓で「こびとづかん」と検索してね!

 

kobitozukan_LINE_720x720_001_0615

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」にて配信

 

LINE公式ページ   : http://line.me

LINEスタンプショップ  : https://line.me/S/sticker/6583

 

この記事の担当者: Yuko.Shirai
ロックバンド「The Yellow Monkey」と プロレス団体「DRAGON GATE」をこよなく愛してます。 漫画とゲームへの愛を育む英才教育を受けました。
Yuko.Shirai

2015年07月14日

 

「LINE 着せかえ」に大人気「こびとづかん」の着せかえが登場!アプリ版 LINEの画面を全て「こびとづかん」に着せかえ出来ちゃいます。

 

※画像はiOS版の着せかえ画面です。Android版の着せかえ画面とはデザインが異なります。

 

  • 新種こびと達を探そう!

「こびとづかん」着せかえで使われているアイコンには、人気の『カクレモモジリ』や『リトルハナガシラ』など全20種類以上のこびと達が登場します。また、新刊「こびと大図鑑」で新たに発表された新種こびと達も登場しています。今すぐLINEの「着せかえショップ」で「こびとづかん」着せかえをダウンロードして探してみてくださいね♪

 

■「LINE 着せかえ」とは

アプリ版 LINEの起動画面・友だち一覧画面・トーク画面・メニューボタンなど、LINE全体の画面デザインやアイコンを一括で変更することができる機能です。

 

■「こびとづかん」とは

「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの創作絵本です。絵本の中で主人公の「ぼく」が出会った「こびと」は昆虫でも植物でも動物でもない不思議な生き物。突然冷蔵庫のモーターが鳴ったり、テレビがピシッと音がしたり、トイレットペーパーの角が三角に折られていたり…。正体不明の不思議な出来事、それがもし「こびと」と呼ばれる生き物の仕業だとしたら。

 

現在、シリーズ累計270万部を突破。2015年6月上旬に、待望の新刊『こびと大図鑑』が刊行。多数の予約注文が寄せられ、発売前に増刷が決定するほどの反響を呼んでいます。この夏、全国で関連イベントが続々開催されるほか、各種グッズ、映画・DVDを含む映像作品、アプリなどマルチメディアに展開中。公式サイト:http://kobitos.com

 

cover

 

総勢約250種!数多くの新種を収録した、こびとづかんシリーズの集大成新刊『こびと大図鑑』大好評発売中!

B5変上製 140ページ オールカラー

定価:本体2,100円+税

 

©Toshitaka Nabata

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ【LINE】内の「着せかえショップ」または、「LINE STORE」にて配信

LINE公式ページ:http://line.me

LINE 着せかえ購入ページ:

スマホ:http://line.me/R/shop/theme/detail?id=6800ddf7-89e3-4353-9c06-3d5689c3c319

 

PC  :https://store.line.me/themeshop/product/6800ddf7-89e3-4353-9c06-3d5689c3c319/ja

 

価格:150コイン(360円相当)

 

※ 本着せかえは、「iOS:5以上 Android:2.1以上 LINE ver:4.0以上」の環境を持つスマートフォンからのみダウンロードできます。

※ 着せかえはiPhone/Androidアプリ版 LINEのみ対応しています。

※ 購入した着せかえのサポート対象期間は、販売終了日より半年間となります。

 

この記事の担当者: karin sakakibara
昭和生まれの東京育ち。悩み:仕事がデジタルなのに根がアナログ。爬虫類が好きで、トカゲ(フトアゴヒゲトカゲ)を飼っています。
karin sakakibara

2015年05月22日

大人気絵本シリーズ「こびとづかん」のLINEスタンプ中国語繁体字バージョンが配信開始!

 

今回は動くスタンプセットになって登場!

人気の「カクレモモジリ」や「リトルハナガシラ」はもちろん、今回は「シボリオオチチ」「イエコビト」もスタンプ初登場で可愛く動きます!

 

このスタンプは、台湾のみでの販売になります。日本国内では購入できません。

 

LINEスタンプショップで「こびとづかん」と検索!

 

LINEアプリ起動⇒スタンプショップ⇒検索窓で「こびとづかん」と検索してね!

 

 

「こびとづかん」とは?

 

150319_kobito_003

©Toshitaka Nabata

 

「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの創作絵本です。絵本の中で主人公の「ぼく」が出会った「こびと」は昆虫でも植物でも動物でもない不思議な生き物。突然冷蔵庫のモーターが鳴ったり、テレビがピシッと音がしたり、トイレットペーパーの角が三角に折られていたり…。

正体不明の不思議な出来事、それがもし「こびと」と呼ばれる生き物の仕業だとしたら。

現在、シリーズ5冊「こびとづかん」「みんなのこびと」「こびと大百科 増補改訂版」「こびと観察入門1 増補改訂版」「新種発見!こびと大研究」(いずれもロクリン社・刊)累計で270万部を突破するベストセラーとなり、キャラクターグッズ、映画、DVD、スマートフォンアプリなどマルチメディア展開されています。

公式サイト:http://kobitos.com

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」または、「LINEウェブストア」にて配信

スタンプショップ(Android/iPhoneのみ)

http://line.me/R/shop/detail/4511

LINEウェブストア

https://store.line.me/stickershop/product/4511

*このスタンプは、台湾のみでの販売になります。日本国内では購入できません。

この記事の担当者: karin sakakibara
昭和生まれの東京育ち。悩み:仕事がデジタルなのに根がアナログ。爬虫類が好きで、トカゲ(フトアゴヒゲトカゲ)を飼っています。
karin sakakibara

2014年09月03日

累計270万部突破の大人気書籍シリーズ「こびとづかん」をLINEスタンプに発見!
言葉を打たなくてもコミュニケーションができる、言葉つきスタンプなので、言葉を打つことが面倒な人にぴったりの、そこそこ使えるスタンプとして大人気!
一時は第2位を獲得!(※8月22日時点)
あなたのかわりに「こびと」が答えてくれる、そこそこ使えるスタンプです!
kobito_ranking_1409.jpg
「こびとづかん」とは?
「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの絵本とその書籍シリーズ。
この絵本の中で主人公の「ぼく」が見つけたのが、昆虫でも植物でもない不思議な生き物「こびと」です。
シリーズを通して説明されている「こびとの捕まえ方」にならって、子どもたちの間では「こびと探し」遊びが流行しています。
(そして、いるかいないかが度々議論になり、日本中のお父さんやお母さん達を悩ませています)
現在、シリーズ累計270万部を突破し、2013年には最新作の「こびと大研究」が児童書部門第1位となりました。
グッズ、映画、DVD、アプリが展開されているほか、全国で関連イベントも開催されています。
140821_kobito_06.jpg
「映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園」公開中!
これまで明かされていなかったこびとたちの生態や人間との触れ合いなどを描く物語が中心となるオムニバス。
表題の「カクレモモジリと秘密の桃園(ももぞの)」の他、リトルハナガシラとマモリコモリを題材にしたコマ撮りアニメ「ムシクイの友情」、イエコビトの住む家「コビトハウス」の3本。
こびと好きなら見逃せない映画になっています。
8月16日(土)より、全国のイオンシネマにて絶賛上映中!!
140821_kobito_07.jpg
台湾、香港、シンガポール他アジア展開続々!
書籍「こびとづかん」シリーズは台湾版として繁体字でも出版されており、今後、韓国語版も刊行予定。
現在すでに注目を集めており、台湾の交通系ICカードのデザインに使用された他、香港・台湾のコンビニでのグッズ販売や、ショッピングセンターをジャックしての大型キャンペーン(ラッピングバスも!)などが続々展開されています。
また、マレーシアの放送局「astro」系列にてテレビ番組「こびとチャンネル」を放送中。(マレー語、中国語)
「Astro」はアジアを中心に視聴される放送局で、主に4歳から15歳の子どもをターゲットとしています。
今後も各種キャンペーン、イベントが決定しています。
140821_kobito_08.jpg
■「こびとづかん」についてのお問い合わせ
こびとづかん公式サイト http://kobitos.com/
株式会社ロクリン社  http://rokurin.jp
■配信概要
LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」または、「LINEウェブストア」にて配信
LINE公式ページ  : http://line.me
LINEウェブストア: https://store.line.me
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2014年08月28日

累計270万部突破の大人気書籍シリーズ「こびとづかん」がついにLINEスタンプに!
「そこそこ使える」と噂されているスタンプの内容を紹介! 
あなたのかわりに「こびと」が答えてくれる、そこそこ使えるスタンプ!
言葉を打たなくてもコミュニケーションができる、言葉つきスタンプです。
言葉を打つことが面倒な人にぴったりの、そこそこ使えるスペシャルスタンプ!
登場するこびとは「カクレモモジリ」、「リトルハナガシラ」、「ベニキノコビト」などの人気こびとに加えて、こびとを発見した「ぼく」や「じぃじ」なども収録されています。
140821_kobito_01.jpg
どうしても誘いを断りたい時。。「そこそこ使える」
あなたのかわりに「ウマリガワラ」が全力で断ってくれます!
140821_kobito_02.jpg

【ウマリガワラ】

コビト綱 石頭目 硬触頭科 ウマリ属
体長 :15cm
生息地 :主に河原や海岸など、石の多い場所。
特徴 :普段は、石にまぎれて埋まっている。体は岩石に似ているため、ほかの石と見分けがつかない。磨いてあげるとよろこぶ。
食べ物 :主に石の下にいる昆虫、カニ、貝など

しぶしぶOKしたい時に。。「そこそこ使える」
おいおい、OKすんのかよ!「カクレモモジリ」が勝手にOKしてくれます!

140821_kobito_03_2.jpg

【カクレモモジリ】
コビト綱 亜胚目 退触頭科 モモジリ属
体長 :約15cm
生息地 :桃園など熟れた桃の実に寄生する。青い果実には興味がない
食べ物 :桃の糖分を吸って暮らしている
とりあえず驚いておいたほうが良さげな空気の時に。。「そこそこ使える」
「モクモドキオオコビト」がオーバーに驚いてくれます!

140821_kobito_04_2.jpg

【モクモドキオオコビト】

コビト綱 植亜目 触頭科 モクモドキ属
体長 :15cm~20cm
生息地 :森や林など木の多い場所
特徴 :ほとんどを木の上で暮らし、リスと共同生活をしている。周りの木にカモフラージュするのが得意。キツツキが一番の天敵
食べ物 :木の実やカブトムシなどの甲虫が大好物
グループトークから解放されたい時に。。「そこそこ使える」
「ベニキノコビト」がサラッと退室を匂わせます。

140821_kobito_05_2.jpg

【ベニキノコビト】

コビト綱 菌亜目 傘頭科 キノコビト属
体長 :15cm~20cm
生息地 :キノコが生えている奥深い山中
特徴 :性格は非常におとなしい。奇妙な行動をとる。毒抜きしてシチュウにするとおいしい
食べ物 :不明
「こびとづかん」とは?
「こびとづかん」は2006年に初めて出版された、なばたとしたかの絵本とその書籍シリーズ。
この絵本の中で主人公の「ぼく」が見つけたのが、昆虫でも植物でもない不思議な生き物「こびと」です。
シリーズを通して説明されている「こびとの捕まえ方」にならって、子どもたちの間では「こびと探し」遊びが流行しています。
(そして、いるかいないかが度々議論になり、日本中のお父さんやお母さん達を悩ませています)
現在、シリーズ累計270万部を突破し、2013年には最新作の「こびと大研究」が児童書部門第1位となりました。
グッズ、映画、DVD、アプリが展開されているほか、全国で関連イベントも開催されています。
140821_kobito_06.jpg
「映画 こびとづかん カクレモモジリの秘密の桃園」公開中!
これまで明かされていなかったこびとたちの生態や人間との触れ合いなどを描く物語が中心となるオムニバス。
表題の「カクレモモジリと秘密の桃園(ももぞの)」の他、リトルハナガシラとマモリコモリを題材にしたコマ撮りアニメ「ムシクイの友情」、イエコビトの住む家「コビトハウス」の3本。
こびと好きなら見逃せない映画になっています。
8月16日(土)より、全国のイオンシネマにて絶賛上映中!!
140821_kobito_07.jpg
台湾、香港、シンガポール他アジア展開続々!
書籍「こびとづかん」シリーズは台湾版として繁体字でも出版されており、今後、韓国語版も刊行予定。
現在すでに注目を集めており、台湾の交通系ICカードのデザインに使用された他、香港・台湾のコンビニでのグッズ販売や、ショッピングセンターをジャックしての大型キャンペーン(ラッピングバスも!)などが続々展開されています。
また、マレーシアの放送局「astro」系列にてテレビ番組「こびとチャンネル」を放送中。(マレー語、中国語)
「Astro」はアジアを中心に視聴される放送局で、主に4歳から15歳の子どもをターゲットとしています。
今後も各種キャンペーン、イベントが決定しています。
140821_kobito_08.jpg
(c)Toshitaka Nabata
140821_kobito_09.jpg

■「こびとづかん」についてのお問い合わせ
こびとづかん公式サイト http://kobitos.com/
株式会社ロクリン社  http://rokurin.jp
■配信概要
LINE株式会社が運営するスマートフォン向けアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」または、「LINEウェブストア」にて配信
LINE公式ページ  : http://line.me

LINEウェブストア: https://store.line.me

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital