株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ピコピコ

2018年05月01日

■KumiRock Meets 8bit!
シンガーソングライター・KumiRockが、JAZZ・シャンソンのスタンダードナンバー×チップチューンにチャレンジ!  国内に於いて早くからChiptuneをリリースしてきたミュージシャン・Saitoneとコラボレーションした 8bit ナンバーをお楽しみください!

 

■「8bit × Diga Diga Doo=心臓バクバク」

コラボ第3弾は、1928年に誕生し、後にミルス・ブラザーズやデューク・エリントン楽団にもカヴァーされた「Diga Diga Doo」。言葉の意味は、男性の心臓の鼓動を表す擬音。8bitの名手Saitoneが、ゲームボーイのピコピコ音とともに、ハイテンションにミックス!

 

■”コミカルでノリノリな8bitをお楽しみください!” 

by KumiRock

「前に収録した2曲同様、予想を大きく上回るサイトーンさんのトラックにとても感激しました。原曲はとても渋くカッコイイ感じに対し8bitに合わせてノリノリで弾ける感じで歌ってみました。 動画はタイで撮影しました。コミカルな動きを取り入れながらとってもカラフルな仕上がりになったので見る方に楽しんでいただけたら嬉しいです^_^」

 

■あえて直球勝負! ノリ重視の8bitミックス 

by Saitone

「いろんな方がカバーしている曲ですが、あえて直球勝負。8bitの音色以外は、ほぼ原曲を踏襲しています。元の編曲が素晴らしいので、下手に手を加えず雰囲気とノリを重視しました。歌録りは楽に終わるだろうとタカをくくっていたら思いのほか時間がかかってしまいました。考えすぎても迷いが増えるだけだという事がよくわかりました。

最終的には悩まずに勢い良く歌ったものが一番良くてそれを全面的に採用しました。録音当日、KumiRockさんが歌い方を工夫してくれたのでアレンジにメリハリが生まれ緩急のある楽しいアレンジに仕上がったと思います。」

 

 

■プロフィール

KumiRock

新潟県出身のシンガーソングライター。

ジャンルにとらわれず新しい音楽に挑戦し現在は東京を拠点として活動している。

<KumiRock公式Webサイト>

 

Saitone

国内に於いて早くからGameboy-Chiptuneをリリースしてきた一人。
8bit音源を用いて8bitに依存しない未知の音楽を開拓しようと試行錯誤している。
2008年には1st Album 『Overlapping Spiral』をリリース。
また、”Plaid”や”U-zhaan × rei harakami”を始めとした、ジャンルを超えたリミックスワークや各種コンピレーション、 ニューヨーク、オーストラリア、スウェーデンなどで海外公演を行うなど多方面に活動中。

 

>>第1弾「Kumi Rock Meets 8bit! feat. Saitone - Fly me to the Moon -」はコチラ!

>>第2弾「Kumi Rock Meets 8bit! feat. Saitone -愛の賛歌」はコチラ!

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年11月29日

■KumiRock Meets 8bit!
シンガーソングライター・KumiRockが、JAZZ・シャンソンのスタンダードナンバー×チップチューンにチャレンジ!  国内に於いて早くからChiptuneをリリースしてきたミュージシャン・Saitoneとコラボレーションした 8bit ナンバーをお楽しみください!

 

■「8bit × シャンソン」

コラボ第2弾は、フランスのシャンソン歌手、エディット・ピアフの「愛の賛歌」カヴァー。8bitの名手Saitoneが、情熱的な原曲をクールにアレンジ。ゲームボーイのピコピコ音が、絶妙なバランスでミックスされています!

 

■”愛する人を思いながら情熱的に歌った” 

by KumiRock

「もともとエディット・ピアフが大好きで、8bitにしてみたらおもしろいのではと思い提案させていただきました。フランス語の曲を歌うのは初の試みだったので、歌詞がきちんと発音できるかとかまず覚えられるのかが不安でしたが、練習期間の間、朝から夜まで1週間何度もリピートして聞いてたので頭に刷り込まれて暗記は完璧でした!

 

映像はオーストラリアで収録しました。
ビーチやジャングルの映像がたくさん出てきてとてもカラフルに仕上がりました。
来年、結婚する私のフィアンセに撮影を手伝ってもらって歌詞の通り、愛する人を思い突き進むイメージを演出してみました。シャンソン×8bit×オーストラリアという不思議なミックスを楽しんでいただけたら嬉しいです。」

 

■情熱的な原曲を、テクノでクールな8bitに 

by Saitone

「『愛の讃歌』 この曲だけジャズではなくシャンソンです。辛い事があっても明るく行きていこう・・・でも強がってる様にも聞こえる、哀愁が漂う曲です。表面上は情熱的で熱い歌ではあるのですが、 敢えてテクノ的要素の強いクールな雰囲気のアレンジにしてみました。 讃岐うどんの「あつひや」と「ひやあつ」みたいな感じです。わかりにくいですかね?

 

歌録りは非常に時間がかかりました。KumiRockさんが得意としていた楽曲なので、 思い入れが深かった分、そのこだわりが時間を費やしたのだと思います。 歌詞の言葉に込めた思いなどを歌声に体現していく為、要所要所を細かく区切りながらそれを積み立てて流れを作っていきました。熱情的な部分とクールな部分を使い分けたKumiRockさんの歌唱により 良い着地点が見つかったと思います。」

 

 

■プロフィール

KumiRock

新潟県出身のシンガーソングライター。

ジャンルにとらわれず新しい音楽に挑戦し現在は東京を拠点として活動している。

<KumiRock公式Webサイト>

 

Saitone

国内に於いて早くからGameboy-Chiptuneをリリースしてきた一人。
8bit音源を用いて8bitに依存しない未知の音楽を開拓しようと試行錯誤している。
2008年には1st Album 『Overlapping Spiral』をリリース。
また、”Plaid”や”U-zhaan × rei harakami”を始めとした、ジャンルを超えたリミックスワークや各種コンピレーション、 ニューヨーク、オーストラリア、スウェーデンなどで海外公演を行うなど多方面に活動中。

 

>>第1弾「Kumi Rock Meets 8bit! feat. Saitone - Fly me to the Moon -」はコチラ!

 

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年10月10日

■KumiRock Meets 8bit!
シンガーソングライター・KumiRockが、JAZZのスタンダードナンバー×チップチューンにチャレンジ!  国内に於いて早くからChiptuneをリリースしてきたミュージシャン・Saitoneとコラボレーションした 8bit JAZZをお楽しみください!

 

■「8bit × ジャズ」

コラボ第1弾は、「Fly me to the Moon」。8bitの名手Saitoneが、メロディラインはそのままに、アレンジは自身の作風に引き寄せた世界観が魅力。ゲームボーイの音とジャズが絶妙なバランスでミックスされています!

 

■”何も考えずに、ありのままに歌った” by KumiRock

「予想をはるかに上回るSaitoneさんのアレンジに、まさにこれは芸術だ!!と感じました!ゲームボーイの音とジャズが絶妙なバランスでちょうど心地いい感じでミックスされていてたので、ボーカルがなしでも十分に聴きものとして素晴らしいと思いました。
そこに私の声をのせてもっと魅力的にするにはどうやって歌ったらいいのだろうか、Saitoneさんのこの芸術に泥を塗ってはいけない!とプレッシャーを感じ、とても悩みました。 とにかくいろいろためしてみようと思い立ち、ジャジーに歌ってみたり間を研究してみたりしたんですが考えすぎて堂々巡りしてしまい、自爆した結果、結局考えるのをやめました!」

 

感じるままに、呼吸のように、歌う 8bit JAZZ「Fly me to the Moon」をお楽しみください!

 

 

 

■プロフィール

KumiRock

新潟県出身のシンガーソングライター。

ジャンルにとらわれず新しい音楽に挑戦し現在は東京を拠点として活動している。

 

Saitone

国内に於いて早くからGameboy-Chiptuneをリリースしてきた一人。
8bit音源を用いて8bitに依存しない未知の音楽を開拓しようと試行錯誤している。
2008年には1st Album 『Overlapping Spiral』をリリース。
また、”Plaid”や”U-zhaan × rei harakami”を始めとした、ジャンルを超えたリミックスワークや各種コンピレーション、 ニューヨーク、オーストラリア、スウェーデンなどで海外公演を行うなど多方面に活動中。

 

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga