株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > プラ子旅する。

2015年02月25日

プラ子/チャリティ/さんぽ/渋谷/アシャンテママ

今回は、渋谷近辺をプラっと散歩しちゃいます!

ななななんと今回はプラ子ちゃんご本人も参加いたします!
ラ子ちゃんが参加するなら渋谷しかないよね!と思い、企画いたしました。
(プラ子ちゃんは渋谷109で元ギャルをしていたエピソードはご存知の方も多いはず!?)

また、プラっとさんぽ第1弾も代々木公園をさんぽしましたので、ご本人が参加する初めての会なので原点に戻るという意味でも外せないなと思いました。

ぜひ、この機会にプラ子ちゃんに会いにいらしてください!

ご応募お待ちしております!

応募URL:http://bit.ly/17sLc4D

概要
・開催日時:2015年3月8日(日)13時~17時(予定)
・場所:渋谷近辺スタート~都内公園を歩きます
※集合場所は参加の方に追ってご連絡を差し上げます
・会費:5,000円(参加費は全額、プラ子ちゃんの活動を応援するためにアシャンテママに寄付します)
・応募締切:3月2日(月)18時
※応募者多数の場合は抽選となります。ご了承ください。
※応募は1回につき1人分でお願いします。
※抽選の結果は、3月4日(水)を予定しております
※20名前後を予定しております

――――――――――――――――――――――
■懇親会について
・時間:18:00~21:00(予定)
・費用:4,000円

・お願い
毎回応募者多数のため、抽選の形をとっています。
当選のご連絡以降は、急なキャンセルになった場合もご寄付をお願いしています。
どうぞご了承くださいませ。

■お問い合わせ
info.purako@gmail.com

また当日ご都合がつかないけど寄付だけでも!と思って下さる方、または、サポーター・メーリングリストにご登録をご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。
http://bit.ly/bLyc6e

過去の企画に、多数の方にご応募をしていただきました。
『プラっと、さんぽ』ご応募・ご参加された方、また寄付だけでも!とご協力をくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。心から感謝しています。
みなさまのお気持ちとご寄付は全てプラ子ちゃんに届けさせていただきました。
今回もたくさんのご応募・ご参加お待ちしております!

主催: チーム「プラ子旅する。」

プラ子ちゃんのブログ

「プラ子旅する。」 http://purako.jugem.jp/

電子書籍『プラ子 旅する。』(無料)
iTunes版 https://itun.es/jp/pb6G4.l
Kindle版 http://amzn.to/1uUMv0B

書籍『なんにもないけどやってみた』
プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書) 新書 栗山 さやか (著) 
http://amzn.to/1rZZAux

友だち追加数
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2015年01月08日

プラ子/チャリティ/さんぽ/パーティ/企画/

プラ子こと栗山さやかさんが9年ぶりにモザンビークから帰国しました!
この機会にパーティを開催します!
■日時:1月10日(土) 16時30分開場/17時開演(20時終了予定)
■場所:グロービス経営大学院 *ご協力くださいましてありがとうございます!
千代田区 二番町5-1 住友不動産麹町ビル
地下鉄有楽町線「麹町」駅 5番出口/徒歩1分
■参加費:7,000円(税込)

■内訳:モザンビークの貧困女性・子どもを支援するプラ子主催の【アシャンテママ】に5千円寄付、2千円 (フード、飲み物、諸経費)

■申込先:下記フォームよりご応募お願いいたします *先着順です

■問い合わせ先
ご質問やお申込みキャンセルは下記までご連絡ください、またグロービス経営大学院に直接連絡をされないようにお願い申し上げます。
※参加費をプラ子ちゃんへの寄付にする企画上、キャンセルはできるだけされないようにお願い申し上げます。
ソニー・デジタルは、2007年のケータイ小説ブームの時に、ブログ「プラ子、旅する」を紹介されケータイ書籍として配信して以来、プラ子を支援しています。
ブログの内容は衝撃的で、ユルい恋愛ばかりの読み物の中で、アフリカでの出来事を綴ったブログは本物で現実で生々しかったです。
でも、そんな現実が読者に伝わればとそのまま配信をしました。
その後、仕事でかかわった企画が仕事以上の出来事になりました。
「携帯配信」(累計1千万ダウンロード)→「チャリティイベント」(累計600万円以上の寄付金)→「書籍化」(『なんにもないけどやってみた』岩波書店から発売)→テレビ・新聞からの取材(読売テレビ・朝日新聞など多数とりあげられた)→安部首相訪問(モザンビーク)
この流れだけでも興味深くありませんか?
ぜひプラ子に会いに来てください!

電子書籍『プラ子 旅する。』(無料)
書籍『なんにもないけどやってみた』
プラ子のアフリカボランティア日記 (岩波ジュニア新書) 新書 栗山 さやか (著) 
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2014年08月12日

土屋秋恆/糖魚/水墨画/枝香庵/個展


「糖魚 Sugar-Coated
Fighting Fish

Shukou Tsuchiya Exhibition 2014 JUBILATION#2

水墨画を基礎とした現代アートの旗手 土屋秋恆が“闘魚”をテーマに描いた新作20点余を展示。
シリーズ【糖魚】は墨と顔彩に微量の砂糖を混ぜて描かれており、甘い香りを発する美しい闘魚を通して「闘いのない世界」の実現を願う土屋の想いが表現されている。

日時:

2014
814日(木)~2014819日(火)
11:30
19:00(日曜日17時まで)

場所:
ギャラリー枝香庵

http://echo-ann.jp/

東京都中央区銀座3-3-12銀座ビルディング8F

本個展のSDESの収益を、モザンビークで活動中の日本人「プラ子」こと栗山さやか(NGOアシャンテママ)に寄付します。

ぜひお立ち寄りください。

寄付先:栗山さやか/NGOアシャンテママ
(モザンビークで子供と女性達の支援をしています)

http://purako.jugem.jp/

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2013年05月14日

プラ子旅する。・プラっとさんぽ。・応援渋谷ギャルだったプラ子ちゃんは現在、アフリカのモザンビークでボランティアをし、“アシャンテママ”という名前のNPOをたった一人で立ち上げました。
そんな彼女を支援するチャリティ企画の第8弾『プラっとさんぽ』が無事終了&プラ子ちゃんに送金が完了いたしましたので、そのご報告をさせていただきます。
ご参加・ご協力いただいたみなさまありがとうございました!

今回は、新緑の鎌倉をお散歩しました。
暑くもなく寒くもないこの時期の鎌倉を、景色やお寺を楽しみながらお散歩する予定でしたが、雨…
しかも小雨ではなく結構強めの雨…

前日に、中止にするかどうしようか悩み、最終的にお散歩するコースを変更して実施しようと決まりました。

プラ子旅する。・プラ子旅する。応援企画・プラッとさんぽ鎌倉駅から報国寺を目指します。
町中や坂道、山道のような細い道を抜けてたどり着いた時に見えたのは、荘厳な竹林!
生まれて初めて竹をきれいだと思いました。

プラ子旅する。・プラ子旅する。応援企画・プラッとさんぽまた、お寺の中にはお茶屋さんがあり、お抹茶をいただくことができます。

竹林を見ながら飲むお抹茶は、疲れを癒してくれました。

プラ子旅する。・プラ子旅する。応援企画・プラッとさんぽそして、妙本寺へ。
石段を上っている途中に脱皮したての白いサワガニに遭遇。
水のきれいな所にしか生息しないだけあって、植物もきれいでしたし空気も澄んでいました。

そして、鎌倉駅に戻り江ノ電に乗り込み懇親会会場へ。
古民家を貸し切り、料理人・寺脇加絵さんによるモザンビーク風鶏肉一羽のココナツスパイス煮こみや鎌倉野菜をたくさん使った和食イタリアンミックスの料理を食べつつ談笑。
どれも本当においしく、またみなさんが楽しくお話されていて今回もおさんぽ会を企画して良かったと思った瞬間でした。

また、懇親会後のお片付けの最中にプラ子ちゃんから電話があり、なんと子どもたちが「ありがとー!ありがとー!」とメッセージをくれました!もう、関係者一同感涙。。
こちらこそ、素敵なご縁と時間をありがとうです。

次回も、みなさんに楽しんでいただける企画をご用意いたしますので、ご興味御座いましたらぜひご参加ください!お待ちしております。

寄付結果
・寄付金額:91,000
※全額、プラ子ちゃんにお渡しいたしました!
※お問い合わせ先: info.purako@gmail.com


次回企画のご案内や参加者たちの交流の場として、サポーター・メーリングリストを作成いたしました。
ご登録をご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

http://bit.ly/bLyc6e

過去の企画にも、多数の方にご応募・ご参加をしていただきました。
『プラっと、さんぽ』ご応募・ご参加された方、また寄付だけでも!とご協力をくださったみなさまに御礼申し上げます。
みなさまのお気持ちとご寄付は全てプラ子ちゃんに届けさせていただきました

過去の寄付ついては…コチラから

プラ子ちゃんの活動内容はこちらからどうぞ

プラ子旅する。・臓器移植目的で子どもたちが誘拐される
・カビだらけのペットボトルを10年以上使用している貧困
・子供と性交するとHIVが治るという迷信からレイプが横行
こんな場所でなぜプラ子ちゃんはボランティア活動を続けているのか…

☆スマートフォンでも読めます!
(下記URLより無料アプリをDL!著者名:プラ子で検索!)
iPhone版: http://bit.ly/HccmuV

・Android版: http://bit.ly/GTQ0yq

☆フィーチャーフォンはこちらから!
無料ケータイサイト・ヒトコト内、「プラ子旅する。」にアクセス!
http://bit.ly/eB3hZn

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2012年11月15日

プラ子旅する。・プラっとさんぽ。・応援のサムネール画像渋谷ギャルだったプラ子ちゃんは現在、アフリカのモザンビークでボランティアをし、“アシャンテママ”という名前のNPOをたった一人で立ち上げました。
そんな彼女を支援するチャリティ企画の第7弾『プラっと散歩 秋川渓谷』が無事終了&プラ子ちゃんに送金が完了いたしましたので、そのご報告をさせていただきます。
ご参加・ご協力いただいたみなさまありがとうございました!

プラ子・プラ子旅する。・寄付・さんぽ・さんぽの会

今回は、秋川渓谷の山道を登るコースでした。
秋になって色付いてきた秋川渓谷をてくてく歩く予定だったのですが、蓋をあけてみたらなかなかハードな展開に!

距離の関係でバスに乗って帰る予定だったのですが、途中でバスの発車時刻に間に合うか!?ということになり、坂道を早歩きで移動することになったのです!過去の企画と比較しても一番ハードでした!

obaatyan.JPGですが、心和む出会いもありました。それは、鍾乳洞のチケット売り場で働いていらっしゃる田中ユキさんとの出会いです!98歳にもかかわらず元気に働く姿に幸せをいただきました。
参加者も幹事もみんな笑顔が溢れました。

秋川渓谷の鍾乳洞に行かれたことのない方は、ぜひ行ってみてください!田中ユキさんの笑顔にとっても癒されて幸せな気持ちになれますよ!

なかなかハードではありましたが、プラ子ちゃんを応援する気持ちに溢れた参加者と色々なお話ができ、今回もとっても楽しい1日となりました。普段運動不足だった方にはかなりいい運動になったのではないでしょうか。(筋肉痛もいい思い出!)

次回も、みなさんに楽しんでいただける企画をご用意いたしますので、ご興味御座いましたらぜひご参加くださいね!お待ちしております。

寄付結果
・寄付金額:108,000
※全額、プラ子ちゃんにお渡しいたしました!
※お問い合わせ先: info.purako@gmail.com

次回企画のご案内や参加者たちの交流の場として、サポーター・メーリングリストを作成いたしました。
ご登録をご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

http://bit.ly/bLyc6e

過去の企画にも、多数の方にご応募・ご参加をしていただきました。
『プラっと、さんぽ』ご応募・ご参加された方、また寄付だけでも!とご協力をくださったみなさまに御礼申し上げます。
みなさまのお気持ちとご寄付は全てプラ子ちゃんに届けさせていただきました

過去の寄付ついては…コチラから

プラ子ちゃんの活動内容はこちらからどうぞ

プラ子旅する。・臓器移植目的で子どもたちが誘拐される
・カビだらけのペットボトルを10年以上使用している貧困
・子供と性交するとHIVが治るという迷信からレイプが横行
こんな場所でなぜプラ子ちゃんはボランティア活動を続けているのか…

☆スマートフォンでも読めます!
(下記URLより無料アプリをDL!著者名:プラ子で検索!)
iPhone版: http://bit.ly/HccmuV

・Android版: http://bit.ly/GTQ0yq

☆フィーチャーフォンはこちらから!
無料ケータイサイト・ヒトコト内、「プラ子旅する。」にアクセス!
http://bit.ly/eB3hZn

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2012年08月02日

624日の「グッと!地球便(読売テレビ)」にて、プラ子(栗山さやかさん)とアシャンテママの活動が放送されました。

プラ子・グッと!地球便(読売テレビ)・1枚目プラ子とさんぽの会については、こちら

日本を離れて6年。
プラ子は今、アフリカのモザンビーク共和国の中で最も貧しいといわれている町・リシンガで、女性や子供たちの支援をするためにNPO法人・アシャンテママを立ち上げ、たった一人で活動をしています。

弊社ソニー・デジタルや、さんぽの会などの活動で、プラ子を紹介してきましたが、今回は、現地に取材陣が行き、プラ子の生の声を届けてくれました。

渋谷でギャルショップの店員をしていたプラ子が、海外に出てボランティアをしようとしたきっかけは、小学校からの親友が25歳で亡くなったこと……

「彼女は死んで、私はまだ生きている。生きている時間をどうやって過ごすのか、すごく考えるようになった……」

バックパッカーで旅をして、最終的にたどり着いたアフリカ。
自分より若い子達が目の前でなくなっていく現実を見て、友達を助ける気持ちでアフリカに留まる事を決意した。
プラ子・グッと!地球便(読売テレビ)・2枚目努力は少しずつ実り、たった一人で政府と交渉し、2年がかりでNPO団体アシャンテママを立ち上げた。教育や食糧支援、病気の予防法を教えたり、子どもたちが学校に通えるように戸籍を与えるなど、地道な活動を続けている。

「“キリがないよ”とよく言われますが、そんなことはないと思うんです。少しずつでも変わることは出来ると思います」と迷いなく言う。

ただプラ子にはお母さんに言われて、ずっと心に残っている言葉がある。
「“またアフリカに戻るのなら帰ってこなくていい。日本からもう出ないと決めたときに帰ってきて”と母に言われました。そう言われてどんどん時間が経って…」
目の前の現実を見れば、やることは山ほどある。だからこそ、なかなか日本に帰ってこられずにいる。

そして、
「両親に会いたい…。日本に帰ることを考える時期かもしれないですね。帰って親孝行がしたい。
でもまだ“いつ”という踏ん切りがつかない…」
とも。
プラ子・グッと!地球便(読売テレビ)・3枚目プラ子が納得いくまで活動できるように、弊社ソニー・デジタルやさんぽの会は今後も、プラ子の支援をしてまいります。

プラ子が笑顔で日本に帰ってくる日が必ずやってくると信じて!

また、プラ子及びアシャンテママへの寄付の振込先を下記に記載させていただきます。
寄付をしていただける方は、下記までお願いし申し上げます。(全額、責任を持ってプラ子ちゃんにお届けします。)

寄付受付口座

・銀行名 三井住友銀行
・支店名 浜松町支店
・種別 普通預金
・口座番号 7426680
・口座名義 カ)ソニ―.デジタルエンタテインメント.サ―ビス
・振込名 お名前の前に「プラコ」といれてください。例)プラコ ヤマダ タロウ

引き続き、プラ子の支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

■「プラ子旅する。」ブログ

プラ子旅する。2キービジュアルアクセスはコチラから

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年04月13日

PURA-4_edited-1.jpg

渋谷ギャルだったプラ子ちゃんは現在、アフリカのモザンビークでボランティアをしています。

そんな彼女を応援するオトナたちが再び企画しました。

 

今回は、高尾山に行きたいと思います。

およそ600メートルの高尾山を登る企画です。

 

東北での被災者の皆さん、福島県の皆さんの気持ちを思うと本当に辛い毎日です。自分たちに何ができるだろう、皆がそれぞれ思い悩んでいる日々だと思います。

同時に、私たちは、今まで通り淡々とプラ子ちゃんも応援していこうと決めました。

 

山は心を落ちつけてくれます。

一歩一歩、ただ歩く事で何か感じることがあるような気がします。

年齢も職業もバックグランドも違う人がプラ子ちゃんの支援をしよう、という気持ちで集まります。

いつも初めて会う同士なのに、なぜか懐かしい雰囲気になる不思議な一期一会の会になります。

 

1回目も2回目も知っている人が誰もいない中で参加された方が多かったのですが、すごく楽しかった!という声が大多数です。

みなさんも一緒に高尾山に登りませんか?

 

概要

・開催日時:4月29日(金)13時~17時(予定)

・場所:高尾山

 ※集合場所は参加者の方に追ってご連絡を差し上げます

・会費:5,000円(参加費は全額、プラ子ちゃんに寄付します)

・参加予定:

 坂之上洋子(ブランド経営コンサルタント)

 福島香織(ジャーナリスト)

 福田淳(ソニー・デジタルエンタテインメント 社長)

 など

・応募URLhttp://bit.ly/fBy8K2

 (PC・携帯どちらからもアクセス可)

・応募締切:4月22日(金)18時

・定員:20名

 ※応募者多数の場合は抽選となります。ご了承ください。

 ※当選者に、4月25日頃メールにてご連絡を差し上げます。

・懇親会:別途会費制 4,000円程度、18時~21時を予定しております。

 余力のある方は、懇親会もご参加ください。

 

また当日ご都合がつかず今回は寄付のみの方、およびサポーター・メーリングリストにご登録をご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。

http://bit.ly/bLyc6e

 

第1回・第2回と、多数の方にご応募をしていただきました。

『プラっと、さんぽ』ご応募・ご参加された方、また寄付だけでも!とご協力をくださったみなさまに御礼申し上げます。

みなさまのお気持ちとご寄付は全てプラ子ちゃんに届けさせていただきました。

今回もたくさんのご応募・ご参加お待ちしております!

 

プラ子ちゃんの活動内容はこちらからどうぞ

purako_480X640.jpg

プラ 旅する。を読む
プラ 旅する。第2弾を読む

 

・臓器移植目的で子どもたちが誘拐される

・カビだらけのペットボトルを10年以上使用している貧困

・子供と性交するとHIVが治るという迷信からレイプが横行

こんな場所でなぜプラ子ちゃんはボランティア活動を続けているのか…

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital