株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 世田谷ものづくり学校

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年10月11日

IMG_8684.JPG
2011年10月4日~10月10日、IID世田谷ものづくり学校にてMASAKO展「HEADLESS – someone who could be youが開催されました。
10月7日にはレセプションも開かれ、会場は大きな賑わいを見せました。
IMG_8793.JPG
展覧会開催とiPadアプリが同時にリリースされたのは、まさに「世界初」の試みと言えるのではないでしょうか。展覧会と同名のiPadアプリ「HEADLESSの原画も多数展示。デジタル(iPad)とアナログ(展示作品)を縦横に行き来する、彼女の新しい世界です。

IMG_8690.JPG

丁寧に作品を説明するMASAKOに、多くの人が聞き入りました。
本展覧会では「個と他者の間に存在する曖昧な境界線」について深く思考しているとのこと。

IMG_8368.JPG

IID世田谷ものづくり学校の備品とMASAKOの私物を利用して制作したオブジェも展示されました。

IMG_8751.JPG

おかげ様で、展覧会は盛況のうちに会期を終えました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

MASAKO初のiPadアプリ「HEADLESS」はApp Storeにて配信中!

ダウンロードは無料です!
※作品がさまざまな動きを見せるアートワーク部分は350円、インフォメーションと作品集は無料でお楽しみいただけます。
ぜひ、秋の夜長に新しいカタチのアートをお楽しみください!

くわしくは http://headless.jp
でも!

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月05日

masako_icon_jpg.jpg

新進気鋭のアーティスト・MASAKOのiPadアプリHEADLESS – someone who could be youが堂々リリースしました!

MASAKOからの納品はすべて手描きの原画!作品をひとつひとつ丁寧にスキャニングするところから、アプリ制作がはじまりました…!今までずっと手描きの作品を発表しつづけていたMASAKOにとって、自身の作品をデジタル化する初の試みとなりました。
アプリの内容は3部構成。
◆CORE(アプリ内課金・350円)⇒MASAKOの絵が動く!動く!動作の細部にこだわりを見せた、新境地。
◆WORKS⇒作品集ページ。彼女の独特な世界観が、余すところなく味わえます。
◆INFO⇒作者プロフィールなど
ダウンロードは無料!
(WORKSとINFOは無料でお楽しみいただけます)
秋の夜長に、新しいカタチのアート観賞はいかがでしょうか。
masako_AD_012_out-01_1.jpg
楳図かずおコメント―「”あの世”が’’この世”に重なって、静かに怖い、柔らかな絵」
【同時に展覧会も開催!】
iPadアプリリリースと同時に、リアルな作品をご覧いただける展覧会も開催中です。
日時:2011年10月4日(火)~10月10日(月・祝) 12時~19時30分(最終入場19時)入場無料
場所:IID世田谷ものづくり学校
 1Fマルチプルスペース
☆10月7日(金)19時30分~21時までMASAKO参加のレセプションパーティーを開催します。
どなたでも、いつでも入退場自由。ぜひ、お気軽にお越しください!
くわしくは http://headless.jp
 まで。
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年09月21日

masako_AD_012_out-01_1.jpg

楳図かずお コメント―”あの世”が”この世”に重なって、静かに怖い 柔らかな絵


新進気鋭のアーティスト・MASAKOが電子アプリをはじめて手掛けました。
すべてのマテリアルはアナログの絵画を用いています。
しかし、それは単に絵画のデジタル化ではなく、かといって電子書籍でもゲームでもありません。
あたらしい迷宮がそこにあります。
MASAKO展覧会「HEADLESS – someone who could be you」では、デジタルアプリとそのオリジナル原画作品を同時公開。デジタルとアナログが縦横に行き来する、世界初の試みとなります。
IID世田谷ものづくり学校
の備品を使用するインスタレーションにも注目です。
HEADLESS – someone who could be you、あなたの物語を探しにきてください。

masako_icon_jpg.jpg

【iPadアプリ発売!】
展覧会と同名タイトルのiPadアプリ「HEADLESS」は10月上旬リリース予定。
無料(画集は無料、MASAKOの絵が動くアートワーク(CORE)は350円となります)
※iPhone、Android版もリリース予定
詳しくは http://headless.jp
 まで!

◆開催日程 : 2011年10月4日(火)-10月10日(月・祝)
◆時間 : 12:00-19:30(会期中無休)
◆場所 : IID世田谷ものづくり学校 1F 「マルチプルスペース」
TEL: 03-3275-1008
MASAKO
1987年 埼玉県生まれ
展覧会歴
2010年
個展、every day/トーキョーワンダーサイト本郷
2009年
個展、トーキョーワンダーウォール2008:MASAKO – Material/東京都庁
グループ展、Galerie Sho Projects CLARA DESIRE+MASAKAO+大槻素子/Galerie Sho Contemporary Art
2008年
グループ展、Galerie Sho Projects 7人の新人展/Galerie Sho Contemporary Art
トーキョーワンダーウォール2008 審査員長賞受賞
個展、MASAKO – MY HOME/Galerie Sho Contemporary Art
2007年
個展、中西真子展/ホワイトキューブ PB
国展 入選
個展、MASAKO展/CITY GALLERY
シェル美術賞2007 入選
アミューズアートジャム2007 最終審査ノミネート
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年07月06日

genshisan_key.jpg

6月17日にIID世田谷ものづくり学校で行われた、一夜限りの【原始さん】活弁ライブ

水木しげる漫画作品【原始さん】が、40年ぶりに「電動紙芝居」としてよみがえりました!
【原始さん】とは?
1971年発表、水木しげる作品のなかでも、自然回帰の視点から近代社会を強烈に風刺した異色作。 かつてアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」にもスピンオフ出演した、知る人ぞ知るエコキャラクターです。

電動紙芝居制作・説明を手掛けたのは、活動写真弁士の坂本頼光
幼いころから水木しげる先生の大ファンとあって、活弁ライブへの意気込みは相当のものでした。
また、「音楽とキネマの夕べ」メンバーによる生演奏に合わせての活弁ライブという、新しい試みでもありました。

bokin.jpg

当日は、開場時間よりだいぶ前から、整理券を求めて来場くださった方もいて、期待の高さを感じました。
皆さまからお預かりした入場料(¥100,200)は、ソニーデジタルのチャリティー企画【SAVE MIND,100 CREATION】
を通じて全額寄付させていただきました。



manin.jpg

そして・・・満員御礼!!
限定100名入場ということもあり、開演時間になる頃には、入場できなかった方も…。せっかくおいで下さったのに申し訳ありません。ぜひ、動画のほうでお楽しみください!!
YouTubeリンク http://youtu.be/BkBV0V0QgUo










■全力書店で「原始さん」のコミック配信中☆

mizukikessakujpg.jpghttp://zbk.me

■キャラマックスで「原始さん」デコメ配信中♪

charamaxgensi.jpg

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年06月16日

genshisan_key.jpg水木しげる幻の漫画作品『原始さん』(1971年発表)

かつてアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」にもスピンオフ出演した。知る人ぞ知るエコキャラクターです。
その『原始さん』を、活動弁士の坂本頼光(活動弁士)が初上映!!さらに、ピアノ・サックスフォーン・パーカッションの生伴奏がつくという、非常に珍しい試み!!
一夜限りの活弁ライブですので、この機会をぜひお見逃しなく☆

sakamoto_blog.jpg

出演:「音楽とキネマの夕べ」メンバー
坂本頼光(活動弁士)
少年時代はマンガ家志望で、水木しげる作品に傾倒。1997年に『鞍馬天狗』で初舞台。以降、時代劇作品ほか、自作の動画やイラストに活弁をつけるスタイルでお笑いライブにも出演。声優、ナレーションにも活動の幅を広げている。
ほか 大口俊輔(作曲・ピアノ)鈴木広志(サクソフォーン)小林武文(パーカッション)

日時: 2011年6月17日(金)19時開場19時30分スタート 約1時間のイベントです。
場所: IID世田谷ものづくり学校 2Fスタジオスクール(東京都世田谷区池尻2-4-5)
■入場料500円 売り上げは全額、ソニーデジタルのチャリティーを通じて被災地へ寄付いたします。【SAVE MIND,100 CREATION】設立について (リンク)
■定員約100名。オーバーの際はご入場いただけない可能性もありますのでご了承ください。
(18時より整理券を配布いたします。)
■会場は靴を抜いでお入りいただきます。基本的に床に直座りなので、クッションご持参OK!
■当日お問い合わせ先・IID世田谷ものづくり学校 
03-5481-9011
また、今回の活弁ライブを記念して、ソニーデジタルの携帯サイト「全力書店」で『原始さん』コミック配信がスタート!
ライブの前に、予習されていくことをオススメします☆
さらに…『原始さん』デコメも登場!!作品発表から40年の時を経て、いっそう身近な存在に♪
コミック・デコメはここからチェック!
全力書店
ケータイサイトURL:http://zbk.me
 PCからはこちら☆
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年05月19日

genshisan_key.jpg

ドスン!ドスン!
「原始にかえれーっ!!」
―1971年の発表から40年の時を経て、水木しげる幻の作品が世田谷にやってきます!
~一夜限り!~
漫画『原始さん』活弁ライブ開催!!
水木しげる作品のなかでも、自然回帰の視点から近代社会を強烈に風刺した異色作『原始さん』。 かつてアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」にもスピンオフ出演した、知る人ぞ知るエコキャラクターです。この漫画『原始さん』をスライド形式で初上映。活動写真弁士・坂本頼光の語りと気鋭の音楽家達の生演奏によって、新たな魂を吹き込みます!
                                          

mizuki.jpg

ここでおさらい!水木しげる先生プロフィール
1922年生まれ。鳥取県境港市で育つ。太平洋戦争時、激戦地であるラバウルに出征し、爆撃を受け左腕を失う。復員後紙芝居画家となり、その後貸本漫画家に転向。1965年、「別冊少年マガジン」に発表した「テレビくん」で第6回講談社児童まんが賞を受賞。代表作に「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」「悪魔くん」など。2003年鳥取県境港市に「水木しげる記念館」が開館。1991年紫綬褒章、2003年旭日小綬章、2007年「のんのんばあとオレ」でフランス・アングレーム国際漫画フェスティバル 最優秀コミック賞、2010年 文化功労者を受賞。

genshisan_map.jpg日時2011年6月17日(金)19時開場19時30分スタート 約1時間のイベントです。

場所:IID世田谷ものづくり学校 2Fスタジオスクール(東京都世田谷区池尻2-4-5)
■入場料500円 売り上げは全額、ソニーデジタルのチャリティーを通じて被災地へ寄付いたします。【SAVE MIND,100 CREATION】(リンク)
■定員約100名。オーバーの際はご入場いただけない可能性もありますのでご了承ください。
■会場は靴を抜いでお入りいただきます。基本的に床に直座りなので、クッションご持参OK!
■当日お問い合わせ先・IID世田谷ものづくり学校 
03-5481-9011

IID世田谷ものづくり学校 (リンク)

旧池尻中学校跡地を改装し、「デザイン・建築・食・アート・映像・ファッション」などさまざまな分野のクリエーターに開放し、展示やワーキングスペースとして機能している。「学ぶ・遊ぶ・働く」ことを通じて人や地域産業との関わりを活性化する取り組みを行っている。
演目『原始さん』(1971年・アニメ 20分)、『日の丸太郎・武者修行の巻』(1936年・アニメ6分)他…ご期待の作品もアルよ!
出演「音楽とキネマの夕べ」メンバー

sakamoto_blog.jpg

坂本頼光(活動写真弁士)
東京都出身。少年時代は漫画家志望で、水木しげる作品に傾倒。ひたすら妖怪の絵ばかり描く日々を送るも、中学二年より映画熱につかれ、やがて活動写真弁士(無声映画の説明者)を志す。1997年に嵐寛寿郎主演『鞍馬天狗』の説明で初舞台。以降、時代劇作品を中心に、映画館、ライブハウス、神社仏閣等で活弁ライブを行う。これまでの説明作品は『番場の忠太郎・瞼の母』『伊豆の踊子』『国定忠治』『不如帰』『カリガリ博士』『キッド』『のらくろ伍長』他、約50本。2008年にはJAPAN国際コンテンツフェスティバル特別企画『雄呂血』上映会で弁士を務め、清水靖晃オーケストラと共演。2010年には米国のエール、スワスモア、コルビー、ハミルトン、インディアナの五大学公演に出演。他、アニメの声優、ナレーションの分野にも活動の幅を広げている。また、2005年頃より突然絵心が復活して作り始めた自作活弁アニメ『サザザさん』はシリーズ六作を数え、各所で好評と心配を博している。
okuchi_blog.jpg

大口俊輔(作曲、ピアノ、アコーディオン ect…)
東京芸術大学卒業。パリコレクションへの楽曲提供や、蜷川幸雄の舞台出演など、音楽への興味だけにとどまらない事から、異なる業種との仕事も多い。最近では、狩野派の最高峰とされる狩野永徳の作品『上杉本洛中洛外図屏風』(国宝・伝国の杜 上杉博物館所蔵)への楽曲提供と演奏、森美術館のプロジェクト『不平の合唱団』への合唱曲提供、映画、「イエローキッド」(真利子哲也監督)への楽曲提供。その他、ピアニカ奏者としてのだめオーケストラとの共演など。楽団チャンチキトルネエド・サブリーダー。

suzuki_blog.jpg

鈴木広志(サクソフォーンect…)
東京芸術大学卒業。『国宝「上杉本 洛中洛外図屏風」を聴く』公演、無声映画を生演奏で上演する活動弁士坂本頼光との「音楽とキネマの夕べ」、自然現象の山びこを利用した越後妻有アートトリエンナーレでのパフォーマンス等、コンサートの枠を越えた企画、演出で注目を集める。清水靖晃&サキソフォネッツ、東京中低域などでの活動は国外でも高く評価され、ヨーロッパ、アジア各地の国際的な音楽祭に出演している。映画「イエローキッド」(真利子哲也監督)作曲、演奏。楽団チャンチキトルネエド・リーダー。

kobayashi_blog.jpg

小林武文(パーカッションect…)
東京都出身。ドラムセットをはじめ、タブラ、ジャンベ、コンガ、カホンなどのハンドパーカッション、小物類、手製の楽器から電子打楽器までをも織り交ぜたパーカッションセットを携え個性的なサウンドを繰り出す。1993年より邦楽囃子方仙波清彦氏に師事し、邦楽・お囃子を国立劇場などで実践的に学ぶ。現在、チャンチキトルネエド、SARDINE HEAD、小川美潮スプラゥトゥラプス、仙波清彦&カルガモーズ、ピアニスト林正樹とのシャバヒゲ、その他数多くのバンドでその個性を発揮している。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2010年09月22日

09391fa5.jpg

[土屋 秋恆(つちやしゅうこう)]

発行日  2010年8月1日 [初版限定1,000部印刷]
定価   本体1,500円+税

*アマゾンで発売中。

 

土屋秋恆がはじめて挑む大人の絵物語り。水墨を背景にピンクの翡翠(かわせみ)や青い兎、梟、魚、鹿など現代の鳥獣戯画のごとく絢爛たる世界が展開いたします。

全編シルクスクリーンで制作され、シリアル番号・著者サイン入りで限定1000部のみ販売。是非、この機会をお見逃しなく!

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital