株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 中原淳一

2017年11月13日

中原淳一の人気絵柄が日常会話で使いやすくなって新登場!

 

女性たちに夢を与え続けるアーティスト・中原淳一 

昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後1年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮らしもファッションも心も「美しく」あれと幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードした。

 

また、中原の描いた女の子やキャラクターは、少女たちの心をつかみ、新たな美的感覚・価値を生みだしました。

それがいま、世界共通語となった「カワイイ」のルーツと言われています。

 

現代でも十分に通用する中原の美のスタイルは、単に見た目が美しいだけではなく【美しく生きること】を伝えたのです。

 

 

今度は「美しい日常」をテーマにさらに使いやすく。

中原淳一のLINEスタンプが美しい日本語はそのままに日常会話に使いやすい言葉を多く取り揃えて、さらに使いやすくなりました。クリスマスやお正月のあいさつもあるので特別な日にも使え、どんな日常も華やかに彩ってくれます。

 

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」にて配信

【LINE】公式ページ http://line.me/

 

【LINE】ショップ購入ページ

[ 中原淳一の「美しい日常スタンプ」 ]

https://line.me/S/sticker/1705361

価格:50コインもしくは120円(税込)

この記事の担当者: Yuko.Shirai
ロックバンド「The Yellow Monkey」と プロレス団体「DRAGON GATE」をこよなく愛してます。 漫画とゲームへの愛を育む英才教育を受けました。
Yuko.Shirai

2017年10月17日

中原淳一の人気絵柄がLINEクリエイターズスタンプに続き、

派手過ぎずシンプル過ぎないデザインで着せかえ初登場!

 

 

女性たちに夢を与え続けるアーティスト・中原淳一 

昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後1年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮らしもファッションも心も「美しく」あれと幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードした。

 

また、中原の描いた女の子やキャラクターは、少女たちの心をつかみ、新たな美的感覚・価値を生みだしました。

それがいま、世界共通語となった「カワイイ」のルーツと言われています。

 

現代でも十分に通用する中原の美のスタイルは、単に見た目が美しいだけではなく【美しく生きること】を伝えたのです。

 

 

スタンプに続いて着せかえも「中原淳一」に着替えて日々のLINEをさらに美しく。

目にするだけで自信が磨かれるような、そんな美しい「中原淳一」の絵柄をLINEを開く度に目にする。

それだけでも一歩女性として磨きがかかる、そんな気持ちになれる華やかさを忘れず出しゃばり過ぎないデザインになりました。

 

 

 

■配信概要

LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「着せかえショップ」にて配信

【LINE】公式ページ http://line.me/

 

【LINE】着せかえ購入ページ[中原淳一 Pure Red]

https://line.me/S/shop/theme/detail?id=ca85e641-8e8c-4623-a494-e61fdb203c17

価格:150コインもしくは360円(税込)

 

この記事の担当者: Yuko.Shirai
ロックバンド「The Yellow Monkey」と プロレス団体「DRAGON GATE」をこよなく愛してます。 漫画とゲームへの愛を育む英才教育を受けました。
Yuko.Shirai

2016年12月12日

昭和初期、人気画家として一世を風靡し、ファッション、イラストレーションなど幅広い分野で時代をリードした中原淳一による、美しいライフスタイルの提案!美しい日本語で、丁寧な暮らしをしてみませんか?

 

女性たちに夢を与え続けるアーティスト・中原淳一
昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。戦後1年目の1946年、独自の女性誌「それいゆ」創刊、続いて「ひまわり」「ジュニアそれいゆ」などを発刊し、夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮らしもファッションも心も「美しく」あれと幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。活躍の場は雑誌にとどまらず、日本のファッション、イラストレーション、ヘアメイク、ドールアート、インテリアなど幅広い分野で時代をリードした。

 

また、中原の描いた女の子やキャラクターは、少女たちの心をつかみ、新たな美的感覚・価値を生みだしました。それがいま、世界共通語となった「カワイイ」のルーツと言われています。

 

現代でも十分に通用する、中原の美のスタイルは、単に見た目が美しいだけではなく、【美しく生きること】を伝えたのです。

 

美しく生きるためのLINEスタンプ
中原の数多くの著書から、現代のライフスタイルで使える言葉を選択。定番の挨拶から、中原の格言など、全40個。また、自分のことばかり話したり、曖昧な返事は、相手に不快感を与えかねない等、中原の提言も盛り込まれています。知性をもって、相手を思いやる気持ちを忘れずに、コミュニケーションを深めましょう。

 

nakahara_%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

 

配信概要
LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ【LINE】内の「スタンプショップ」にて配信
【LINE】スタンプショップ [中原淳一の美しい日本語スタンプ]
http://line.me/S/sticker/1344108

 

・LINEのアプリがインストールされたAndroid用スマートフォン・iPhoneでダウンロードしてください。
・iPadやiPod touch、その他タブレットではダウンロードできません。

【LINE】公式ページ http://line.me/

 

会社概要
株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
ホームページ         : http://sonydes.jp/
広報担当          : セールス&マーケティング部 榊原
E-mail             : marketing@sonydes.jp

この記事の担当者: karin sakakibara
昭和生まれの東京育ち。悩み:仕事がデジタルなのに根がアナログ。爬虫類が好きで、トカゲ(フトアゴヒゲトカゲ)を飼っています。
karin sakakibara