株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 増田セバスチャン.

2017年08月17日

増田セバスチャン×モネ
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”
8/20(日)の開館時間のお知らせ

 

ソニー・デジタルエンタテインメント社がプロデュースした企画展(主催:株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス)、【Sebastian Masuda Exhibition “Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“】を2017/9/3(月)まで、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催しております。
世界的に注目を集める増田セバスチャンによる、日本初のインスタレーション展に関するご案内をいたします。

 

8/20(日)は限定イベント開催のため、下記の時間帯はギャラリーを一旦閉館させて頂きます。(当選されたお客さまのみのご入場となります。※応募は終了しました。)


2017/8/20(日)

・第1ステージ 13:00~13:30
・第2ステージ 16:00~17:00

※ライブパフォーマンスは各ステージとも約20分となります。


上記のお時間以外は、通常通りご入場頂けます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

【開催情報】
■展示名
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”

 

■開催期間
2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)会期中無休

 

■開催時間
11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料
※8/20(日)のみ閉館時間帯がございます。

 

■開催場所
ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

 

■主催:株式会社 ポーラ・オルビスホールディングス

■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年08月03日

■音楽とパフォーミングアーツによる”モネの小宇宙”が拡張する20分のライブパフォーマンス

アンビエント/エレクトロニカ・ミュージシャン細海魚と、パフォーマーの柘榴ユカが、ポーラ ミュージアム アネックスにて、増田セバスチャン “Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“のインスタレーションとのコラボレーションしたライブパフォーマンスを行います。
今回のインスタレーション作品に楽曲を提供している細海魚によるライブ、イマジネーションを引き立てるユカのパフォーマンスが、増田セバスチャンのインスタレーション“モネの小宇宙”と融合し、新たな小宇宙を生み出す20分間の限定ライブをお楽しみください。当日は、増田セバスチャンも在廊いたします。

 

 


(左から) 柘榴ユカ 細海 魚 増田セバスチャン

 

 

細海 魚(ほそみ さかな)

北海道中標津町生れ。アンビエント/エレクトロニカ・アーティスト。

繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義で活動。2013年11月、細海 魚名義では初となるソロアルバム『とこしえ』をピュアハートレーベルより発表。

新居昭乃、杉林恭雄、外間隆史、MIGU、山口洋、ヤマジカズヒデ等とのコラボレーション、矢野顕子のアレンジ、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとしても多彩な活動を続けている。

http://sknhsm.blogspot.jp/

 

 

柘榴ユカ(ざくろ ゆか)

パフォーマー/モデル。

2008年より増田セバスチャンの作品に参加。 世界的にビジュアルが拡散し、増田作品のミューズ的存在となる。H&M, Disney, CANON, au, 東京メトロ等のCM、ティザームービーに多数出演。原宿「Kawaii Monster Cafe」ではレギューラーパフォーマーとして出演中。

 

 

増田セバスチャン(ますだせばすちゃん)

アートディレクター/アーティスト

1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化を中心に作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
2017年度 文化庁文化交流使。
http://m-sebas.com/

 

 

■イベント名:

“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”  限定イベント

「ライブパフォーマンス “拡張する小宇宙” 」

 

■日時:2017年8月20日(日) (各回約20分)

1stステージ 13:00~(限定50名)

2ndステージ 16:00~(限定50名)

お選びいただいたいずれかのお時間のライブへ抽選にてご招待

 

■場所: ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

 

■応募方法:募集は終了しました。

下記のいずれかの応募バナー(時間帯を選択)をクリックし、メールフォームより、必要事項をご記入ください。
・応募フォーム以外からのご応募はできません。
・下記のご確認事項への同意が必要です。
・1回の応募で2名まで応募可能です。※ご参加人数も事前にお知らせください。
・1組で複数回の応募はできません。
・携帯電話のメール設定によっては、弊社のメールを受信できないことがございます。
ドメイン指定受信設定で弊社ドメイン「sonydes.jp」のメールを受信できるように設定お願いいたします。

 

■定員:100名(各回50名)

 

■締切:8月15日(火)14:00 募集は終了しました。
※ご応募多数により抽選をさせていただきました。
 当選された方には、8月15日(火)中にメールをお送りしております。

 

■当選のお知らせ:8月15日(火)中にメールにてお知らせいたします。
※当選された方にのみメールにてお知らせいたします。

 

■応募時の確認事項
・イベント内容は予告なく変更されることがあります。
・会場への交通費、宿泊費等はご自身でご負担ください。
・当選された方のメールアドレスが不明等の理由によりご案内メールがお届けできない場合、当選を取り消させていただくことがあります。
・当選結果に関してのお問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください 。
・TVカメラ・雑誌の取材を予定しています。映りこむ場合がありますのでご了承ください。
・イベント中の服の汚れ、持ち物の紛失、怪我などの責任は負いかねますのでご了承ください。
・会場でのご飲食はお控えください。
・会場内に椅子のご用意はございませんのでご了承ください。
・会場内のお手洗いは設計の都合上、ご利用いただくことができませんのでご了承ください。

 

■個人情報について

お申込みいただいた個人情報は、本イベントの抽選、当選連絡以外には利用いたしません。

ソニー・デジタルエンタテインメントのプライバシーポリシーについては、以下をご参照ください。
>プライバシーポリシーを確認

 

 

募集は終了しました。

 

 

■お問い合わせ

企画・運営:

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

〒104-0044
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー35F

Phone:03-5551-0816

※内容は企画中のものです。予告なく変更される場合がございます。

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年07月24日

■限定40名様招待! 増田セバスチャンと巡るギャラリートーク

クロード・モネの名作 “睡蓮の池”(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)からインスパイアを受けて制作されたインスタレーション作品 “Point-Rhythm World(ポイント リズムワールド)- モネの小宇宙 -“ 。

 

来る8月2日(水)20時15分~、増田セバスチャン本人と作品体験をするミュージアムツアーを開催します(限定40名)。本展示会を開催するにあたっての制作秘話や、”KAWAII小宇宙”にまつわるトークセッションを行います。

 

■イベント名:

“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“  限定イベント

「ギャラリートーク “KAWAIIの小宇宙“ 」

 

■日時:2017年8月2日(水) 20:15~21:15

 

■場所: ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

 

■応募方法:募集は終了しました。

下記の応募バナーをクリックし、メールフォームより、必要事項をご記入ください。
・応募フォーム以外からのご応募はできません。
・下記のご確認事項への同意が必要です。
・1回の応募で2名まで応募可能です。※ご参加人数も事前にお知らせください。
・1組で複数回の応募はできません。
・携帯電話のメール設定によっては、弊社のメールを受信できないことがございます。
ドメイン指定受信設定で弊社ドメイン「sonydes.jp」のメールを受信できるように設定お願いいたします。

 

■定員:40名

 

■締切:7月31日(月)14:00 募集は終了しました。
※ご応募多数により抽選をさせていただきました。
 当選された方には、7月31日(月)中にメールをお送りいたします。

 

■当選のお知らせ:7月31日(月)中にメールにてお知らせいたします。
※当選された方にのみメールにてお知らせいたします。

 

■応募時の確認事項
・イベント内容は予告なく変更されることがあります。
・会場への交通費、宿泊費等はご自身でご負担ください。
・当選された方のメールアドレスが不明等の理由によりご案内メールがお届けできない場合、当選を取り消させていただくことがあります。
・当選結果に関してのお問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください 。
・TVカメラ・雑誌の取材を予定しています。映りこむ場合がありますのでご了承ください。
・イベント中の服の汚れ、持ち物の紛失、怪我などの責任は負いかねますのでご了承ください。
・会場でのご飲食はお控えください。
・会場内に椅子のご用意はございませんのでご了承ください。

 

■個人情報について

お申込みいただいた個人情報は、本イベントの抽選、当選連絡以外には利用いたしません。

ソニー・デジタルエンタテインメントのプライバシーポリシーについては、以下をご参照ください。
>プライバシーポリシーを確認

 

※募集は終了しました。

 

 

 

■お問い合わせ

企画・運営:

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

〒104-0044
東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー35F

Phone:03-5551-0816

※内容は企画中のものです。予告なく変更される場合がございます。

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年07月21日

増田セバスチャン×モネ
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“

 

ソニー・デジタルエンタテインメント社がプロデュースした企画展(主催:株式会社ポーラ・オルビス ホールディングス)、【Sebastian Masuda Exhibition “Point-Rhythm World -モネの小宇宙-“】が7月21日(金)より、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催されます(9月3日(月)まで)。世界的に注目を集める増田セバスチャンによる、日本初のインスタレーション展示となります。

 

■モネの名作「睡蓮の池」にインスパイアされた、巨大インスタレーション作品

クロード・モネの名作 “睡蓮の池”(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)からインスパイアを受けて制作されたインスタレーション作品 “Point-Rhythm World(ポイント リズムワールド)- モネの小宇宙 -“ 。
増田セバスチャンがモネの作品を紐解き現代版に解釈。世界中から見つけ出した大量なKAWAII素材が点描表現のようにリズミカルに配置され、“モネの小宇宙”を形作ります。インスタレーションの中を回遊し、モネの小宇宙に没入しながら、世界中に広がり続けるKAWAIIの新たな視点を体感してください。

 

増田セバスチャン(ますだせばすちゃん)
アートディレクター/アーティスト

1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
http://m-sebas.com/

 

 

■細海魚(ほそみさかな)による、アンビエントなBGM。観賞場所、時間で繊細に変化する音楽

アンビエント/エレクトロニカ・ミュージシャン細海魚が、当作品のために新たに創られたサウンドインスタレーション。増田がつくりあげたアート作品内に設置された8チャンネルの音源が、それぞれ違うサウンドを奏でます。
インスタレーションの中を歩きながら、微細に変化する音の小宇宙をお楽しみください。

 

細海 魚(ほそみ さかな)
北海道中標津町生れ。アンビエント/エレクトロニカ・アーティスト。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義で活動。2013年11月、細海 魚名義では初となるソロアルバム『とこしえ』をピュアハートレーベルより発表。新居昭乃、杉林恭雄、外間隆史、MIGU、山口洋、ヤマジカズヒデ等とのコラボレーション、矢野顕子のアレンジ、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとしても多彩な活動を続けている。

 

 

■VRアーティスト・吉田佳寿美が描く、インスタレーション作品の中を浮遊する “ふしぎな蝶”

世界中のマテリアルで構成されたPoint-Rhythm World。そのマテリアルが集まり、“蝶” になりました。VRアーティスト・吉田佳寿美が3D空間に描いたマテリアルの蝶を、透明スクリーンにプロジェクションマッピング。インスタレーションの中を浮遊する不思議なVRアートを楽しめます。
3D演出では、株式会社ハロー(東京都渋谷区)が”蝶”のインタラクティブ化を実現。株式会社NTTドコモの「空間インターフェース※」技術を活用することで、“蝶”が人の動きを感知して、まるで生きているかのように羽ばたきます。

 

吉田 佳寿美(よしだ かすみ)
高校2年生時からイラストレーションや商業デザインをメインに、ソーシャルやイベント系・飲食系の企業等から制作を受注。 2012年九州産業大学芸術学部デザイン科を特待枠で入学。2015年度から武蔵野美術大学視覚伝達デザイン3年次に編入、中退。2016年制作会社EMOGRA.inc設立。 トリックアートなど空間把握を得意とし、リアルイラストレーションからデフォルメ、デザインまで見た物を応用して新しく作り出し、美しさや魅力的な理想を追い求める。

 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

※空間インターフェース:画像認識技術と物理シミュレーションを組み合わせたインタラクション技術で、現実の手や物で、仮想のキャラクターやオブジェクトを触るように操作することができます。

 

※技術協力:株式会社ハロー(東京都渋谷区)

【テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る】をコンセプトに事業を展開。最新技術のR&Dを行いながら、様々な企業の商品プロモーション企画、オリジナルIP開発などを行なっています。
会社名の「helo」は、「hello, hero」の略称で、世界中の優秀な人材=heroが気軽に集まり、新しい価値を生み出すことを現しています。

 

 

 

【開催情報】
■展示名
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”

■開催期間
2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)会期中無休

■開催時間
11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料

■開催場所
ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

■主催:株式会社 ポーラ・オルビスホールディングス

■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2017年06月22日

増田セバスチャン × クロード・モネ
増田セバスチャンが創る大人KAWAII世界!

ソニー・デジタルエンタテインメント社は、世界的に注目を集める増田セバスチャンによる展示を、ポーラ ミュージアム アネックス(東京都 中央区銀座)にて開催いたします(2017年7月21日(金)~9月3日(日))。
 

「睡蓮の池」にインスパイアされた
リアルとVRが融合したインスタレーション

クロード・モネ 『睡蓮の池』(1899年制作:ポーラ美術館所蔵)にインスパイアされ、世界から集めた素材で構成される点描表現での巨大インスタレーションを展開します。
会場内ではVR(Virtual Reality :仮想現実)と透明液晶を組み合わせ、”増田セバスチャン×モネ” の世界観がさらに拡張される展示も予定しております。リアルとアンリアルがミックスされた世界観をお楽しみいただける会場構成となります。作品の中に入り込み、VRアートと共に新解釈のモネの世界を体感してください。
また、ポーラ銀座ビル1階ウィンドウにて、ギャラリー展示と合わせて増田セバスチャンによるディスプレイを展開します。
会期中にはパフォーマンスイベントも開催予定です。ご期待ください!
 
* “Point-Rhythm”(ポイントリズム)は、点描画法という意味の「ポイントリィズム(pointillism)」 と 「リズム(rhythm)」 をかけた造語です。 
 
 
<増田セバスチャンよりコメント>
 
クロード・モネの作品と対峙し、恍惚とするような美しい世界を感じながら不思議と裏側の世界に思いを馳せました。遠くから見る世界は、近づくと全く違う世界かもしれない。現代に生きる僕にモネがそう語りかけているように感じます。その声が、今回の作品の出発点です。
 
 

 
■増田セバスチャンプロフィール
増田セバスチャン(ますだせばすちゃん)
アートディレクター/アーティスト
 
1970年生まれ。
演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。
きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。
2014年よりニューヨークを中心に個展を開催。2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を世界10都市で展開中。
http://m-sebas.com/

 
【開催情報】
■展示名
Sebastian Masuda Exhibition
“Point-Rhythm World -モネの小宇宙-”
 
■開催期間
2017年7月21日(金)~ 9月3日(日)会期中無休
 
■開催時間
11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料
 
■開催場所
ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
 
■主催:株式会社 ポーラ・オルビス ホールディングス
 
■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント
 

(参考:展示イメージ)

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2012年10月05日

SWITCH-1.jpg

時代の先端を走り続けるワンテーマ誌「SWITCH」にソニー・デジタル最新の取り組みが紹介されています!
10月6日発売です。


ly_picture.jpg

■モノクロームな世界を描き続けるアーティスト「Ly」
「ウォールペイントなどで知られるアーティストLyが、突如カメラアプリに参戦した理由は?」
写真加工アプリ「PopCam」( iPhone/Android )に写真スタンプを提供いただいています。スタンプを押すだけで、こんなにCoolな写真に!(左:写真・アートワーク Ly)
sdesblog_2_PopCamK.jpg

umezu_line.jpg

■日本を代表する漫画家「楳図かずお」
「電子書籍やLINEスタンプも大人気、楳図先生のデジタル戦略とは!?」
「ギャァーッ!」「ウウウ」など恐怖顔のLINEスタンプが好評配信中です。また、名作「洗礼」「漂流教室」「14歳」などを電子書籍アプリ「ブックシェア」で読むことができます!

LINEのダウンロードはこちら iPhone   Android

sdesblog_3_imahareR.jpg

masuda.jpg

■きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクションを手掛ける「増田セバスチャン」
今年話題の「ロボットレストラン」とともに、初小説「原子素粒子ドロリ惑星」をご紹介いただいています!
sdesblog_3_imahareR.jpg

00_001.jpg

■『SCHOOLGIRL COMPLEX 』の写真家・青山裕企×『はーどうぇあ・がーるず』のJulie Watai
「電子書籍『アキバガイド』の撮影時、2人でまわった秋葉原の思い出は?」
10月11日発売予定iPhoneアプリ「アキバガイド」の撮影秘話を語っていただいています。 
Julie Wataiが教える新しいアキバ!萌え寿司からサバゲーまで18スポット! いつも変貌する“アキバ”の知られざる新スポットをJulie Wataiがナビゲート!このアプリを持って出かければ、1日で新しいアキバが体験できる!  
「アキバガイド」告知サイト http://akiba-guide.jp/
10月6日(土)発売 1,575円(税込)
[劇場版 魔法少女まどか☆マギカ]の表紙が目印!
<特別付録>[東京女子流×Maltine Records]REMIX MIX CD mixed by tomad
SWITCHの人気特集企画「ソーシャルカルチャーネ申1oo」シリーズ第3弾。
ソーシャルネットワークを基盤としながら、インターネット世代のカルチャーを世界に向けて発信するクリエイター=「ネ申」たち100組が登場。2010年代のネットカルチャーを総覧する永久保存版。
 *雑誌付録として豪華ピンナップポスター20枚収録!
*内容詳細は特設ページにて順次公開中
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2012年06月15日

 

スマートフォン向け電子書籍アプリ「ブックシェア」にて、アートディレクター増田セバスチャンの初の小説となる「原子素粒子ドロリ惑星」の配信を開始しました。

 

shin_120120_illdata_004.jpgのサムネール画像

全世界の女の子たちへ贈る現実ファンタジー小説

 

19歳の女の子「みづき」と23歳の読者モデル「メイ」。

 

2人の女の子が、大人へと変化していく葛藤の中でポンと入り込んでしまった迷宮。解決の糸口を探して自殺へと向かった3日間―。

 

原宿のブランドショップ 6%DOKIDOKIのプロデュースや、きゃりーぱみゅぱみゅのアートディレクターなど、独創的でカワイイ作品作りで注目を集める「増田セバスチャン」が、ショップに訪れる女の子との交流から見えてきた今時の女の子の心の葛藤と成長を独特のセンスで描きます。

 

衝撃の自伝「家系図カッター」から早1年。初小説「原子素粒子ドロリ惑星」は、本日より配信開始です!

 

■プロフィール

sebastian1.jpgのサムネール画像

著者:増田セバスチャン Masuda Sebastian 

アートディレクター、作家 

公式サイト http://m-sebas.com/

1970年生まれ。演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年に表現の一環として“Sensational Kawaii”がコンセプトのショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。2009年より原宿カルチャーを世界に発信するワールドツアー「Harajuku”Kawaii”Experience」を開催。原宿、Kawaiiカルチャーの第一人者として、執筆・講演多数。2011年きゃりーぱみゅぱみゅのアーティストデビュー時よりPVや番組の美術、ライブツアーの美術・演出を担当。TOWA TEIWORDYPVの美術監督、NHKKawaii International」アートディレクター、展覧会「もうひとつの内藤ルネ展」のディレクションを担当するなど、同カルチャーを土台としたアートディレクションを行っている。2012年秋上演の宮本亜門演出の舞台「THE WIZ~オズの魔法使い~」アートディレクター就任。

 

イラスト:SHIN TAKANASHI

公式サイト http://www.h6.dion.ne.jp/~su-san

神奈川県在住。約7年間、都内の広告代理店に勤務。退社後、2003年よりフリーのイラストレーターとして活動を始め る。人物制作を中心に、雑誌・書籍カバー、Web等で活動中

 

dororiQR.jpgのサムネール画像

■配信サイト

http://bit.ly/LIU8nb

 

電子書籍アプリ「ブックシェア」(iPhone/Android

利用料金:有料350円(税込)※アプリのDLは無料になります。

 

 

 

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital