株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 携帯小説

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2011年10月26日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

イスタナ・東雲光流

あらすじ
超能力が認められている世界。
そこに存在する施設・イスタナは、能力者が暮らしやすいように環境を整え、彼らをそっと迎え入れている。

能力者ゆえに心を閉ざしている一人の少女・真湖は、イスタナに入り、様々な人と触れあい人としての様々な感情を手に入れる。

しかし、イスタナには隠された秘密があったのだ…… 

人から羨望のまなざしをうける才能。しかし、本人にしてみればいらないものということってあるのかもしれません。本作「イスタナ」の主人公・真湖は、人の心の声を聞くことのできる能力を持って生まれてきた故に両親に虐げられてきました。それにより閉ざした心。しかし、様々な人との交流で自分の存在意味を自覚していきます。その様子こそ、作者からのメッセージが込められています。
ぜひ、本作に込められた作者からのメッセージを感じ取ってください。

「イスタナ」は下記URL配信中!
著:東雲光流

◆『イスタナ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=19
(
携帯のみアクセス可能)

東雲 光流(しののめ ひかる)
東京生まれ。
2ヶ月で15,000人に読まれたリリカルな短編小説「普通じゃない子」作者。
友人が、ネットラジオで読むお話のオリジナル小説が欲しいということで書いたのがきっかけ。
個人HPにて作品を掲載する理由は、色んな人の反応が見たいから。
体験談から執筆することもあれば、夢の中の短編的な出来事をつなげて1つの作品にすることも。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月19日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

みえない さくら・淺里大助

あらすじ
盛岡盲学校に通う高校生・健児。
彼の周りの大人達は、目の見えない健児を心配して按摩の仕事や学校の先生など安定して決められた道に就職することを勧める。でもそんなことに意味なんてあるのだろうか。
この先をどうしていいか悩んでいた時、健児のクラスに新任の先生がやってくる。
その先生は、「お前からは変わる。これまではそうだったかもしれないが、お前からは変わる」と言って自分のために全力を尽くすとも言ってくれた。
最初こそ詭弁だ、この先生も他の大人たちと一緒だと諦めていたが…

将来に対する漠然とした不安と、大きなきたい。その両方をもてあます若さならではの葛藤。それを笑わず、諦めさせず、道しるべとなってくれる先生が本作「みえないさくら」には登場します。
私は読後、こんな先生に出会いたかったなと心底うらやましく思いました。それと同時に、今の自分は登場する先生のような大人になれているのかな?と自分自身を見つめ直しました。そして、今後胸を張って生きていくために些細なことでも頑張ろう!と誓いました。
読後に感じる胸があたたかくなる気持ちをぜひご体感ください。

「みえない さくら」は下記URL配信中!
著:淺里大助

◆『みえない さくら』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=15
(携帯のみ)

淺里大助
養護学校教諭。2005年より小説を執筆。
2006
年「みえない さくら」で、第23回さきがけ文学賞 佳作受賞
2007
年「解氷」で、第1回ケータイ文学賞 大賞受賞
繊細な背景で綴られる、暖かい作品は作者ならでは。
配信中の作品:「解氷」「すいかメンタルクリニック

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月14日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

モトカノ・島田佳奈・ソウノナホ

気になる過去の相手。
それはあなたが作った見えない敵!

あらすじ
麻梨絵(23歳・OL)はタクミと、不安を抱えたまま付き合っている。
彼女の不安の原因は、タクミの元カノ・冴子の存在だ。
(過去を気にしても仕方ないのかもしれない。)
わかっていても、タクミと冴子の関係は気にせずにはいられないのだった。
そんな時、二人で見に行った花火大会で、麻梨絵・タクミ・冴子の三人が遭遇して……

恋人の昔の恋人(モトカノ、モトカレ)。
気にしたことは、過去に一度ぐらいはありますよね?

そんな時あなたはどんな行動をとりましたか?

「モトカノ」は下記URL配信中!
著:島田佳奈

◆『モトカノ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=170

(携帯のみ)

著者:島田佳奈
女豹ライター。コラムニスト。小説家。
著書に、『人のオトコを奪(と)る方法』『コントラスト~あなたしか愛せない~』『女豹本!~狙ったオトコを 必ず射止める60のテク~』『運がよくなるお引越し』などがある。
配信中の作品:「サイダーの好きな猫」「子宮の記憶

イラスト:ソウノナホ
イラストレーター
繊細でありながらもどこか力強さを感じさせる女性を得意とする。
シンプルでレトロな作風を活かしCDジャケット、書籍の装画、アパレルメーカーのコンテンツイラスト、などを手がける。ギャラリー展示等、作家としても活躍中。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital
hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

バニラ・森下くるみ

口の中に入ってきたものは、ぬるっとしていた。
それは、とても甘かった。

あらすじ
長年務めたバイトを辞めた主人公。
親は正社員の道を望むが、主人公は今はただ、面白くもない毎日を消化するだけ……果たしてその行きつく先は…?

本作「バニラ」は、どこかにいるであろう三十代女性の日常がたんたんと綴られています。
こんな人いないよ~!と、ヒトコト読者は思われるかもしれませんが、失業者が増えている現代では、ありえない話ではないと思います。じゃないと“ニート”という言葉がここまで生活に浸透しないと私は思います。

主人公を批判することは簡単かもしれませんが、自分自身がいつこのような状況になるかもわからない世の中。
自分への戒めとして捉えておくのもいいのかもしれません……

「バニラ」は下記URL配信中!
著:森下くるみ

◆『バニラ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=130

(携帯のみ)

森下くるみ
元セクシーグラビアモデル。
2007
年「すべては「裸になる」から始まって」英知出版より出版。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月05日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

あいえんきえん・赤星まき

俺がこの家のルールや。覚えとけ!
ありえない父親!だけど…!

あらすじ
30歳独身、日野山しほ。最近、もっぱらの悩みは自分が主催している劇団の資金繰り。公演は来月に迫っているのに、劇場を借りたお金が払えない!
そんな中、母からウマイ話が舞い込んだ。

しほの結婚を心配する父を安心させれば、お金を貸してくれると言うのだ。しかし、父平蔵は一筋縄では行かない破天荒な人物で…?

タイトル「あいえんきえん」は、【合縁奇縁】のこと。
意味は、人と人の気が合うのも、合わないのも全て不思議な縁によるものだということ。
毎日の生活の中で出会う人たちとの御縁や相性はもちろん、親と子の関係も不思議な御縁ってあてはまるのではないでしょうか。

「あいえんきえん」は下記URL配信中!
著:赤星まき

◆『あいえんきえん』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=118

(携帯のみ)

赤星まき
乙女座、B型
オフィスニコルソンズ所属
2001年より劇団ニコルソンズにて役者活動を開始
特技:一人芝居、歌、ギター、大阪弁、


この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月03日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

ムーンナイトエレガンス・加瀬ヒサヲ

あなただけにわかる
香りの印

あらすじ
サーカスキャラバンの軽業師ルクア。
裕福な商人の娘サラファ。
偶然出会った二人は、まるで双子のようにうり二つ。
ある計画の為に契約を交わして入れ替わることにしたのだが、次第に運命の渦に巻き込まれていく…。

あなたは好きな人のしぐさや香り、雰囲気、のどれが一番気になりますか?
よく相性ぴったりの香りがあるといいますが、香りってとっても大切ですよね!香りで過去の記憶を思い出したり、リラックスしたり、逆に興奮したり。
本作「ムーンナイトエレガンス」は、二人の少女の活躍はもちろんですが、“香り”がキーワードとなっています。
あなたはどんな香りに思い出がありますか?

イラストは、大人気絵師KTOOONZが担当!待受にもオススメです。

「ムーンナイトエレガンス」は下記URL配信中!
著:加瀬ヒサヲ

◆『ムーンナイトエレガンス』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=4
(携帯のみ)

加瀬ヒサヲ
神奈川県出身
好きな言葉は「さりげなく、つよく、やさしく」
小学館発行雑誌「きらら」の第32回携帯メール小説大賞で月間賞(佐藤正午賞)を受賞。
紅茶と本と映画が好きな蠍座A型。
配信中の作品:「空を見上げて」「ここで手をふる」「ヌクイラズ

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年09月27日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

パン屋のむすめ・内藤みか・こなつ

最高のプレゼントはあなた!

あらすじ
どこかの国の、どこかの町。小さなパン屋でパンを売る娘と、毎日おなじパンを買いに来るとても無口な青年。娘はなんとか青年にお礼が言いたいと思うのだけれど…。
これはそんな二人が紡ぐ小さな幸せのお話。

ケータイ小説の女王・内藤みかが贈る、心温まる短編。
こなつの優しく、暖かなイラストと共に。

あなたは好きな人や大切な人に何かをしてあげたいと思った時、何を一番に考えますか?
相手の立場に立って、こうしてもらったら嬉しいんじゃないか?と考えるかもしれませんし、もしかしたら見返りを求めていたりしませんか?
人間なので見返りを求めるのは仕方ないとは思いますが、本当の意味での「思いやり」とは違うと思うのです。きっと見返り(例え「ありがとう」の一言でも)求めてしまうと、それは一瞬にして自分の為にしたことになってしまうと思います。
そんな「人を思いやる」ことの本当の意味や姿を教えてくれるリリカルなお話です。

「パン屋のむすめ」は下記URL配信中!
著:内藤みか

◆『パン屋のむすめ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=31

(携帯のみ)

内藤みか
小説家、ケータイ小説の女王と呼ばれている。
22
歳のときに大失恋の果てに書いた官能小説でデビュー。基本は恋愛小説家。
ケータイ連載小説『いじわるペニス』(新潮社)が驚異的なアクセス数を記録。以降、執筆する携帯小説は軒並み第1位となる。
ヒトコト配信中の作品:「失恋さんぽ

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年09月22日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

女神の酒・葉石かおり 

自分や仲間を信じて進む先には、
きっと成功が待っている。

あらすじ
京都大学を卒業し、伏見の酒蔵に就職した女性がいた--。
実話を元に、厳しい男社会で奮闘する女性を描いた等身大ストーリー。

女のくせに。女だから。女でしょ。…こんな言葉がでてくる世界に飛び込んだ一人の女性が主人公の本作「女神の酒」。自分や仲間を信じて突き進む主人公の姿は、読後に自分自身に喝を入れてくれます。

もしも今やりたいことや夢に対して不安になっている方がいたら、まずは自分自身と仲間を信じてがむしゃらに行動してみてはいかがでしょうか。

「女神の酒」は下記URL配信中!
著:葉石かおり

◆『女神の酒』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=48

(携帯のみ)

葉石かおり
SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)副会長、
エッセイスト、きき酒師、焼酎アドバイザー、
日本大学文理学部独文学科卒業後、ラジオレポーターに。女性週刊誌の記者を経てフリーランスになり、現在に至る。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年09月12日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

記憶のカケラ・美憂

つないだ手の先にみつけた、ふたりの記憶のカケラ

あらすじ
愛なんて必要ない――
葵は、ある日記憶喪失の青年と出会う。自分の悲しいことを笑って話す青年は、いつしか葵にとって、かけがえのない存在になっていった……

愛する人と自分をつなぐものはなんだと思いますか?
二人で過ごした時間?交わした言葉の数?共有した想い出?
例えばその全てが、相手の記憶から消え去ってしまうことを想像できますか?

私は、生きていく上で一番辛いことは、人に必要とされないこと、人に忘れられてしまうことだと思います。そして、自分は決して相手を忘れないと思っていても、もしかしたら忘れてしまうことがあるかもしれません。そうならないためにも、かけがえのない人たちとの時間はしっかりと心に焼き付けて何があっても忘れないようにしたいです。本作「記憶のカケラ」の二人のように、強く焼き付いた想い出がきっかけで奇跡が起こるかもしれないので……

「記憶のカケラ」は下記URL配信中!
著:美憂

◆『記憶のカケラ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=12

(携帯のみ)

美憂
1986
年東京生まれの東京育ち
大学1年の時に、携帯小説の読み手から書き手に目覚める。
2007
年に、代表作【心愛】がオススメ携帯小説として雑誌等に紹介される。
配信中の作品…「ボクとキミとアイツ

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年09月05日

hitokoto_newlogo_p_mini.jpg

失恋さんぽ・内藤みか

失恋したら慰めてあげるよ

失恋…つらいですよね。
自分が相手をフルのではなく、こちらがフラれるのは人生のどん底のような気分になります。
そういう時、海に行きたくなるのはなぜなのでしょうか。
(私の周りには、失恋後海に行ったことのある人が大勢いたのです!)
本作「失恋さんぽ」の主人公・ひかりも、恋人と別れた後フラリと海にやってきます。それがきっかけでドラマチックな運命が待っているとは知らずに――

あらすじ
つらい恋に別れを告げ、傷を癒すために海へやってきた”ひかり”。
そこで出会ったのは、綺麗な年下の男の子”ハルカ”。
彼の不思議な魅力と、「慰めてあげる」という優しい言葉に、ひかりは少しずつ心をほぐされて…。

「失恋さんぽ」は下記URL配信中!
著:内藤みか

◆『失恋さんぽ』配信URL
http://hitokoto.mobi/novel_t/index.php?novel_id=79
(携帯のみ)

内藤みか
小説家、ケータイ小説の女王と呼ばれている。
1971
年生まれ。
22
歳のときに大失恋の果てに書いた官能小説でデビュー。

基本は恋愛小説家。

ケータイ連載小説『いじわるペニス』(新潮社)が驚異的なアクセス数を記録。以降、執筆する携帯小説は軒並み第1位となる。

 

配信中の作品:「パン屋のむすめ

 

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital