株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 朝井麻由美

2017年07月03日

毎日料理を作っていると、同じような食材で似たような料理ばかりを作ってしまいがち。そのような悩みを解決してくれそうな料理アプリ「シェフ・ワトソン」をご存知でしょうか。「シェフ・ワトソン」はIBM社が開発したシステムで、食材を分子レベルに落とし込んで分析し、調理パターンに関する情報を収集した人工知能を搭載。使いたい食材を入力するだけで、9000以上のまったく新しいレシピを提案してくれるのだそうです。現状、英語版のWebアプリしかないため、日常生活には取り入れづらいですが、「シェフ・ワトソン」を使えば、普通では思いつかないような意外な組み合わせの食材の料理を作ることができるのです。先日、画家の蜷川有紀さんの新作「薔薇の神曲」のお披露目を兼ねたレセプションパーティーにて、「シェフ・ワトソン」を使った料理を食べる機会がありました。

 

取材・文/朝井麻由美 撮影:越間有紀子

※取材日 2017年5月29日

 


まずは見た目のインパクト抜群のパスタから。「獺祭ボロネーゼ 薔薇のインフェルノ」です。蜷川さんの作品「薔薇のインフェルノ」の真っ赤な色をイメージし、ビーツで色付けしてあります。赤々とした麺に一瞬ひるみそうになりますが、食べてみると普通のパスタとほぼ同じ味で、全然気になりません。

 

ちなみに、麺を赤く染めるのは「シェフ・ワトソン」が導き出したレシピではなく作り手のオリジナル。「シェフ・ワトソン」側は、レシピを調べた上で、お好みでアレンジすることを推奨しています。一方、パスタソースのほうは「シェフ・ワトソン」のレシピ通りで作られたもの。日本酒の「獺祭」を使ったソースは、お肉の味がしっかりしていて食べ応えがありました。ちなみに、今回の蜷川有紀展は”獺祭”の蔵元である、旭酒造株式会社がスポンサーとなっているため、以降の料理にも獺祭が使われています。

 

 

続いてはお肉。「獺祭の煉獄ロースト スイカソース和え」です。これが予想以上の美味! 「シェフ・ワトソン」を使うと、誰も食べたことがない新しい料理が生まれると言われているのですが、まさにその通りでした。鰹節とバターの入ったソースが最高においしく、魚介系の旨味とバターの甘さが非常にマッチしていました。このソースにはスイカも使われているようですが、私の舌ではスイカがどう作用しているのかはわからず……。ちなみに、この肉料理はダンテ神曲第2部「煉獄編」をイメージしたものになっています。

 

 

最後に、デザートの「獺祭フラン with ライスミルク」。ライスミルクとは、米粉から作った清涼飲料水。ライスミルクそのものも飲んでみたのですが、お米の味がしっかりしながらも、するすると飲みやすく、まさにお米のジュースといった味がしました。イメージとしては、ヤクルトのような飲料に近いです。

 

このライスミルクがソースとしてかかっているフランですが、実はもともとはフラン自体を獺祭のライスミルクで作る予定だったのだそうです。ところが、「シェフ・ワトソン」のレシピ通りに作ってみたところ、味はイマイチ。

 

というのも、「シェフ・ワトソン」の中に登録されているライスミルクは海外のもので、日本のとは味がまったく違うのだそう。食材の味の特徴からレシピを導き出しているため、同じ名前の食材でも、日本と海外で味が異なる場合、レシピがうまくいかないことがあるのです。というわけで、「獺祭フラン with ライスミルク」はプリンの上にライスミルクがかかっている、というものでした。穀物の香りと甘いプリンはなかなかどうしてバランスのいい味でした。

 

今後、「シェフ・ワトソン」には日本特有の食材もどんどん登録されていくはず。日常で使えるようになるのを心待ちにしています。

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2016年08月08日

 

食べるとおっぱいが大きくなる植物に、ハゲに効く植物――世界中の珍しい植物を追い求める職業が「プラントハンター」である。プラントハンターという職業の存在を知ったとき、私は心が躍った。まるで人気漫画『ハンター×ハンター』に出てきそうではないか。例えば、『ハンター×ハンター』に登場する幻獣ハンターは、まだ見ぬ獣を探して各地を旅する。美食ハンターは誰も食べたことのない食べ物を求めて、危険な場所にも足を踏み入れる。プラントハンターは、ジャングルの奥地や高い山、砂漠などで誰も見たことのない植物を“ハント”する。そんなプラントハンターの一人である西畠清順さんが集めてきた植物を展示する『ウルトラ植物博覧会2016』へ行ってきた。2016年8月4日から9月25日まで、銀座のポーラミュージアムアネックスにて開催されている。

取材・文/朝井麻由美 撮影:越間有紀子

※取材日 2016年8月3日

 

_MG_3181

 

 

 

昨年も行われたこの展示(http://sonydes.jp/newblog/archives/4126)だが、今年は陶芸家の内田鋼一さん、空間デザイナーの緒方慎一郎さんとコラボレーションしている。内田鋼一さんは世界一忙しい陶芸家と言われており、数万円するその陶芸作品はいつもあっという間に売り切れるという。西畠清順さんが集めた植物を、内田さんの作った器に生けて、緒方さんが展示空間をデザインしたのが今回の展示である。

 

_MG_3219

 

開催直前には、壁に直接、自身のプラントハント歴の年表を書き込むなど、西畠氏本人が会場で準備する姿も見受けられ、西畠氏イチオシの植物もいくつか紹介してくれた。

こちらは通称名「ソフトツリーファーン」。なんとこれは、世界最古の植物だという。4億5000万年前に、植物が川から陸上に上がってきた際、初めて巨大化に成功した植物の系譜なのだそう。

 

_MG_3133

 

上から釣り下げられているのは、通称名「フィロデンドロン ベルコーサム」。得体のしれない亀が棲んでいるコスタリカの川を、西畠氏が決死の思いで泳いで渡り、採ってきた珍種だ。川の中で謎の亀に噛まれるかもしれない恐怖に怯え、やっとのことで入手したらしい。

 

_MG_4872

 

ここからは、私自身が展示されていた植物の中で気に入ったものを一部、紹介したい。

今回の展示の中で唯一さわってもいいのが、入口から入って少ししたところに置いてある「コルクガシ」。この樹の樹皮が、ワインのコルク栓の材料となる。

 

_MG_3197

 

_MG_3191

 

少し進むと、奥に「南阿蘇の桜」が。熊本の復興支援のための募金箱も置かれていた。

 

_MG_3240

 

さらに進むと、開けた空間に出る。大きな植物は目立つ場所に置かれ、小さな植物は宙に吊るされ、中くらいの植物が至るところに並べられている。

見た目はシンプルなこの植物は「ノコギリヤシ」。このヤシから獲れるエキスがハゲに効くと言われている。ハゲ以外にも、頻尿や尿漏れに効いたり、副作用で性欲が減退すると言われていたり、気になる効果を色々持つ植物だ。ただ、効能については、その真偽のほどは定かではないらしい。

 

_MG_3225

 

小さな植物が吊るされているスペースは、空中庭園をイメージしているらしい。ここには、変わった形の奇妙な植物がたくさん並んでいた。

 

_MG_4912

 

これは食べると幻覚を招くと言われている通称名「石化烏羽玉」のサボテン。よく見ると確かに石化しているような色合いだ。

 

_MG_3207

 

てっぺんのオレンジ色が目を惹くこの植物は、なんとパイナップルの一種。「エクメア ブレビコウリス」との通称名を持つこれは、根からも葉からも水分をあまり取ろうとしない、ひねくれた品種らしい。あらゆる角度から眺めてみたが、どこらへんがパイナップルなのかはよくわからなかった。

 

_MG_3209

 

見た目が不思議な植物では、この2つも外せない。器にちょこんと展示されている、通称名「シャンプーノキ」と、通称名「サラッカヤシ」の2つだ。

 

_MG_4923

 

_MG_3235

 

手前の「シャンプーノキ」は、先端に鋭く曲がっている棘があり、一度刺さるとなかなか抜けない危険な植物。片方の手に刺さって抜けず、もう片方の手で取ろうとしたらその手にも棘が食い込む、なんてこともあるらしい。

奥の「サラッカヤシ」は、「スネークフルーツ」とも呼ばれ、食べると腹持ちがよいが、食べすぎると便秘になるのだそう。どことなく色や模様が北京ダックの皮に似ていて、おいしそうだ。

 

会場の最も奥に置かれている目玉は、「砂漠のバラ」。会場のちょうど真ん中にある大きな「ガジュマル」の後ろに、白い布で隠されているスペースに「砂漠のバラ」が鎮座している。情勢が悪化していた時期のイエメンで、西畠氏は素朴な花を咲かせる砂漠のバラに心奪われたという。

 

_MG_3231

 

ほかにも、「斑入り 偽おっぱいプランツ」に「大正キリン」、「パラシュートプランツ」など、名前だけでも気になるものがたくさん展示されている。不思議な形、不思議な色、不思議な名前の植物を通して、世界中を旅できる空間がここにある。

 

 

■展示名:ウルトラ植物博覧会 2016 西畠清順と愉快な植物たち
■開催期間:2016年8月4日(木)~9月25日(日)会期中無休
■開催時間:11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料

■開催場所:ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

■西畠清順プロフィール:
1980年生まれ。幕末より150年続く花と植木の卸問屋、花宇の五代目。日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。
2012年、ひとの心に植物を植える活動“そら植物園”をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。

著書に“教えてくれたのは、植物でした 人生を花やかにするヒント”(徳間書店)
“プラントハンター 命を懸けて花を追う”(徳間書店)
“そらみみ植物園”(東京書籍)

西畠清順 そら植物園

■主催:株式会社 ポーラ・オルビス ホールディングス
■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年11月23日

日本橋高島屋にて、『星の王子さま』の体験型展覧会が始まった。映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』の公開を記念して企画されたものである。映画で使われた小道具のほか、原作ファンもなじみの深い“バラの道”が再現されていたり、本物のバオバブの木が展示されていたりするのだという。期間は11月19日~12月1日まで。さっそく体験しに行ってみた。

 取材・文/朝井麻由美 撮影:越間有紀子

※取材日 2015年11月19日

_MG_1654

 

入口付近には、バラの道が用意されており、圧巻。ここをくぐって展示の世界に入る。

 

_MG_1615

 

まずお目見えするのは、星の王子さまと言えばコレ、というくらい重要な一本のバラ。星の王子さまが仲良くしていた大切なバラである。『星の王子さま』の作中には、数々の名言が登場するが、バラの展示スペースに添えてある「どこにでもいるバラじゃない。君のバラだ。君が時間をかけて尽くした分、大切なバラなんだ。」もその一つ。このほかにも、展示の壁でいくつも紹介されている。

 

その奥に進むと、バオバブの木と一緒に写真を撮れるスポットがあった。作中では、“星を破壊する恐ろしい巨木”として登場するバオバブの木だが、本物を見ることができるのは、現在日本ではこの展覧会だけなのだ。このバオバブの木は、珍しい植物を探して世界中を駆け巡る“プラントハンター”の西畠清順氏が採ってきたもの。今回、特別に展示に協力してくれたのだという。

このスペースでは、バオバブの木だけでなく、星の王子さまの世界観を再現するために背景に仕掛けが組み込まれている。フラッシュをたくことで、後ろに星が出現するようになっているのだ。

 

ビフォー。
FullSizeRender

アフター。
リトルプリンス_後

※ビフォー・アフター写真のみ、iPhoneで撮影しています(実際の撮影イメージを体験)

 

この日は特別に、映画の監督であるマーク・オズボーン氏も展示を回っていた。監督は、作中に出てくるキツネのぬいぐるみを抱えて、ひとしきり自撮りを楽しんでいったのだった。

 

_MG_1630

 

※筆者も自撮りしてみた。

 

_MG_1368

 

こんなスポットもある。星の王子さまがやってきたB612 という小惑星の模型のスポットだ。この模型には覗き穴がついており、そこから覗くと“あるモノ”が見えるのだ。内容は展示を見てのお楽しみ。

 

_MG_1401

 

さらに進むと、映画にゆかりのあるものが多数展示されている区画に入る。中でも必見なのは、監督が映画配給会社へのプレゼンで使ったというスーツケース。書類でもない、パワーポイントでもない、このスーツケースひとつで、「こういう星の王子さまの映画を作ります」とプレゼンしたのだ。

 

_MG_1371

 

バオバブの木に捕獲された小惑星の模型や、

 

_MG_1380

 

映画のラフコンテも充実。

 

_MG_1390

 

そして、このコーナーも見どころたっぷりだ。今回の映画はストップモーションの手法が用いられている。ストップモーションとは、表情や体の動きをひとつひとつ撮影していく手法のこと。その撮影に使われた人形やパーツが飾られているのだ。微妙な変化をつけられた顔や体の一部分がずらりと並んでいて、これがなかなかどうしてシュール。

 

_MG_1419

 

星の王子さまの顔のパーツは、卵のパックのようなものにひとつひとつ詰められていた。

 

_MG_1426

 

手や口のパーツも並んでいて、軽くホラーである。

 

_MG_1437

 

_MG_1440

 

展示の最後に置かれたこの本も紹介しておきたい。これは映画の中に登場する星の王子さまの本。監督の手作りなのだという。
_MG_1484

 

グッズも充実している。今回の映画及び展示は、『星の王子さま』の権利を管理しているサン=テグジュペリ エステートが初めて認可したものであり、今までに売られていなかったグッズも多数登場しているのだ。作品ファンはもちろん、そうでなくてもシンプルでセンスのいいデザインは、思わず手に取りたくなるものばかり。

 

_MG_1498

 

星の王子さまの名言でこんなものがある。

 

「秘密をひとつ教えてあげる。

大切なことは、

目に見えないんだ。」

 

星の王子さまの言う“目に見えない大切なもの”を、実際に展示に足を運んで、感じ取ってほしい。

 

「リトルプリンス 星の王子さまと私」展

 

期間:11月19日~12月1日

入場時間:10:00~19:30(20:00閉場) 12月1日のみ17:30まで(18:00閉場)

会場:日本橋高島屋8階特設会場

価格:一般500円、大学生・高校生300円(中学生以下無料)

※日本橋高島屋の会期終了後、横浜、大阪、京都も巡回

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年07月08日

プラントハンターという職業がある。世界中の珍しい植物を“ハント”してくる仕事らしい。プラントハンターの西畠清順氏は、皇室や海外の王族をはじめ、各種企業・団体など様々なクライアントからの依頼であらゆる植物を求めて地球を駆け回っている。時には、危険な目に遭いながら……。そんな清順氏の選んだ植物を間近で見ることができるのが7月3日から始まった「ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち」である。一足先に見に行ってきた。

展示されている植物は実に52種類! 天井にくっつくくらいの大きなものもあれば、手のひらサイズのものもある。いくつか気になったものをここで紹介したい。

茶色と緑が目立つ中、黄色の実がひときわ目立つ植物が目に入った。

 

001

 

和名は「仏手柑(ぶっしゅかん)」というらしい。「不老不死の珍果」としてインドから日本に伝わった柑橘類。近くで見ると、皮は柑橘類のボコボコ感があるが、形は小さなバナナのよう。仏様の手のように見えることから、この名がついたそうです。

 

002

 

裏側はこう、なんとも言えないご尊顔……。

 

003

 

果実シリーズでは、こんなのもあった。和名「ジャボチカバ」。「一度食べたら必ずファンになる」と言われているが、輸送が困難なため、日本で出回らないのだそう。食べてみたい。

 

004

 

樹の幹にびっしりと実がなっている。

 

005

 

こちらは、幹にびっしりと葉とトゲが生えている植物。和名は「太二つ葉金棒」。

 

006

 

007

 

この「ゾウコンニャク」は一見地味だが、過去に「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)で紹介すべく、開花したものをスタジオに持ち込んだ際、異臭騒ぎを起こしたのだという。展示されているのは、開花前のイモの状態。展示期間中に開花しないことを祈る。

 

008

 

見た目だけでなく、名前が変わった植物もたくさんある。こちらは手のひらサイズの大きさとは裏腹に、「ライオン殺し」と恐ろしい和名を持つ。この植物を足で踏んだライオンが、引き抜こうとして口で咥えると、トゲトゲの部分がライオンの口に深く突き刺さり、そのまま餓死したライオンの死肉を肥料にして育っていくことから、この名前になったのだという。

 

009

 

これは「火星人」。

 

010

 

奇怪な見た目からこう名付けられたようだが、近くで見るとショウガにしか見えなかった。

 

011

 

これは「アアソウカイ」という和名の植物。西畠氏本人曰く「なぜこの名前になったのかを調べてみることも含めて、この展示を楽しんでほしい。調べると、パッとしない理由なあまり『ああそうかい』となると思います」とのこと。なので、ここで理由は明かさないことにしておく。(※検索すると一発で出てくる)

 

012

0122

 

そしてこの二つは、和名がまだついていない、超希少種。会期中にぜひとも目におさめておきたい。

 

013

 

こちらは、和名ばかりでなく、学名もまだついていません。

 

014

 

こちらはこの展示の中では相対的に何の変哲もない植物に見えるが、なんと和名が「ニセオッパイプランツ」。実際、食べるとおっぱいが大きくなるとして、サプリメントにもなっているとのこと。だが、おっぱいが大きくなる種類と、そうでない種類があり、展示されているのは大きくならないほうのものだそうだ。別に食べるわけではないが、なんとなく残念である。

 

015

 

そして、全展示品の中で最も異彩を放っていたのがこの「フタゴヤシ」だ。「世界一、卑猥な種子」とも言われているらしい。生息している島の名前も「プララン島」。色々アウトな気がする。

 

016

 

最後に。「フタゴヤシ」の割れ目の部分には毛が生えていたことだけ申し添えて、筆を置きたいと思う。

 

d9241f3b3da618cca39c046bd95982d4取材・文/朝井麻由美

https://twitter.com/moyomoyomoyo

 

 

 

 

 

 

■展示名:ウルトラ植物博覧会 西畠清順と愉快な植物たち
■開催期間:2015年7月3日(金)~8月16日(日)会期中無休
■開催時間:11:00~20:00(入場は19:30まで) / 入場無料

■開催場所:ポーラ ミュージアム アネックス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

■西畠清順プロフィール:
1980年生まれ。幕末より150年続く花と植木の卸問屋、花宇の五代目。日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。
2012年、ひとの心に植物を植える活動“そら植物園”をスタートさせ、植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。

著書に“教えてくれたのは、植物でした 人生を花やかにするヒント”(徳間書店)
“プラントハンター 命を懸けて花を追う”(徳間書店)
“そらみみ植物園”(東京書籍)

西畠清順 そら植物園

■主催:株式会社 ポーラ・オルビス ホールディングス
■企画:株式会社 ソニー・デジタル エンタテインメント

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga