株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 現代アート

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

2012年11月13日

seki_1.jpg岡崎市美術博物館の「光 影―ひかり、かげ、とき」展にて、現代アーティスト・関智生の原画が3作品展示されています。

赤い森の少女と少年の赤い森 原画 2/05/04
2004 岩絵具、アクリルメディウム、水彩、その他
610×505mm

seki_2.jpg

赤い森の少女と少年の赤い森 原画 11/06/04
2004 岩絵具、アクリルメディウム、水彩、その他
610×505mm

seki_3.jpg

赤い森の少女と少年の赤い森 原画 28/05/04
2004 岩絵具、アクリルメディウム、水彩、その他
610×505mm
「光 影―ひかり、かげ、とき」展は、「岡崎アート&ジャズ2012」の連携企画として開催されています。
会期:2012年11月3日(土・祝)~2013年1月13日(日)
開館時間:10時~17時

akaimori.jpg

これらの3作品は、アートZINEの原画となった作品です。
■ZINE「赤い森の少女と少年の赤い森」
著:関智生(絵)/中村ケイタロウ(文)
1575円(税込)
関智生の絵と中村ケイタロウの文が見事に調和し、赤い森の少年と少女は物語の中に溶け込んでいます。
本作品の本文は両面表紙となっており、表面から読むと「赤い森の少女」、裏面から読むと「少年の赤い森」の物語が展開します。すべてシルクスクリーン印刷。初版500冊限定販売、作者直筆によるサイン入&シリアル番号付。
■コンセプト
少年は若さゆえ森を彷徨うのだろうか。
少女は美しさゆえ森になってしまったのだろうか。
答えがなくとも動き出してしまうのが少年と少女の定理である。
結局、少年と少女は「赤」という数式を見つけだす。「赤」は二人を解毒し、大人にしてしまうのだろう。
自分へのご褒美に、または大切な方へのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか。
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月11日

IMG_8684.JPG
2011年10月4日~10月10日、IID世田谷ものづくり学校にてMASAKO展「HEADLESS – someone who could be youが開催されました。
10月7日にはレセプションも開かれ、会場は大きな賑わいを見せました。
IMG_8793.JPG
展覧会開催とiPadアプリが同時にリリースされたのは、まさに「世界初」の試みと言えるのではないでしょうか。展覧会と同名のiPadアプリ「HEADLESSの原画も多数展示。デジタル(iPad)とアナログ(展示作品)を縦横に行き来する、彼女の新しい世界です。

IMG_8690.JPG

丁寧に作品を説明するMASAKOに、多くの人が聞き入りました。
本展覧会では「個と他者の間に存在する曖昧な境界線」について深く思考しているとのこと。

IMG_8368.JPG

IID世田谷ものづくり学校の備品とMASAKOの私物を利用して制作したオブジェも展示されました。

IMG_8751.JPG

おかげ様で、展覧会は盛況のうちに会期を終えました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

MASAKO初のiPadアプリ「HEADLESS」はApp Storeにて配信中!

ダウンロードは無料です!
※作品がさまざまな動きを見せるアートワーク部分は350円、インフォメーションと作品集は無料でお楽しみいただけます。
ぜひ、秋の夜長に新しいカタチのアートをお楽しみください!

くわしくは http://headless.jp
でも!

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2011年10月05日

masako_icon_jpg.jpg

新進気鋭のアーティスト・MASAKOのiPadアプリHEADLESS – someone who could be youが堂々リリースしました!

MASAKOからの納品はすべて手描きの原画!作品をひとつひとつ丁寧にスキャニングするところから、アプリ制作がはじまりました…!今までずっと手描きの作品を発表しつづけていたMASAKOにとって、自身の作品をデジタル化する初の試みとなりました。
アプリの内容は3部構成。
◆CORE(アプリ内課金・350円)⇒MASAKOの絵が動く!動く!動作の細部にこだわりを見せた、新境地。
◆WORKS⇒作品集ページ。彼女の独特な世界観が、余すところなく味わえます。
◆INFO⇒作者プロフィールなど
ダウンロードは無料!
(WORKSとINFOは無料でお楽しみいただけます)
秋の夜長に、新しいカタチのアート観賞はいかがでしょうか。
masako_AD_012_out-01_1.jpg
楳図かずおコメント―「”あの世”が’’この世”に重なって、静かに怖い、柔らかな絵」
【同時に展覧会も開催!】
iPadアプリリリースと同時に、リアルな作品をご覧いただける展覧会も開催中です。
日時:2011年10月4日(火)~10月10日(月・祝) 12時~19時30分(最終入場19時)入場無料
場所:IID世田谷ものづくり学校
 1Fマルチプルスペース
☆10月7日(金)19時30分~21時までMASAKO参加のレセプションパーティーを開催します。
どなたでも、いつでも入退場自由。ぜひ、お気軽にお越しください!
くわしくは http://headless.jp
 まで。
この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital