株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > 福田淳

2016年02月18日

2015年10月に青山学院大学で行われた「コンテンツ研究会」での講演記録。

デジタルメディアの造詣が深いソニー・デジタル エンタテインメント社長の福田淳氏が、ケータイコンテンツビジネスを手掛けるまでのルーツと、プラットフォームの変遷、変わらぬ「コンテンツの力」について語る。

 

日時:2015年10月21日(水)
場所:コンテンツ研究会講演@青山学院大学

構成: 井尾淳子 撮影:越間有紀子

 

■講演記事はコチラ

“Content is King!” で生きてきた【前編】

http://talked.jp/25/

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年12月25日

品川女子学院、通称「品女」といえば、企業とのコラボをはじめ、ICTの先端技術を取り入れた教育プログラムで知られている。「タブレット1人1台時代」に備えたデジタル教育施策の一貫として、2014年度には高校2年の全生徒に向けて、ビジネス向け「Evernote Business」を導入。予習復習はもちろん、試験勉強にもクラウドやモバイルを活用し、生徒が自主的に学習できる環境づくりに取り組んでいる。

話題の尽きない品女だが、一時は生徒数の減少により、廃校の危機に陥っていた。そんな状況を、大胆な学校改革により、わずか7年で入学希望者数を60倍に、偏差値を20ポイントまで押し上げ、再建に成功したのが、6代目校長の漆 紫穂子氏だ。

デジタルメディアの造詣が深いソニー・デジタル エンタテインメント社長の福田淳氏との対談を通じて、メディアと教育の関係から、ICT教育の可能性が子どもたちにもたらす未来について、予見していただいた。

 

撮影:越間有紀子

 

■漆 紫穂子氏(写真右)
中高一貫校・品川女子学院の6代目校長。
東京都品川区生まれ。都立日比谷高校、中央大学文学部卒業、早稲田大学国語国文学専攻科修了。他校の国語教師を経て品川女子学院へ。2006年より現職。1989年から取り組んだ学校改革により、メディア等の注目を集める。教育再生実行会議委員(内閣官房)ダボス会議東アジア会議にも出席。社会と学校をつなぐ「新しい役割の学校づくり」を目指す異色のリーダー。

 

■対談はコチラ

漆紫穂子 × 福田淳 対談 大胆なネット活用で、新しい教育をつくる【前編】

http://talked.jp/23/

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2015年09月16日

スマートフォンが広く普及するなど、今や大人はもちろん、子どもたちも当たり前のようにデジタルデバイスを所有し、駆使するようになった。すでに小学生~高校生の子どもの半数以上が携帯電話を所有しているという調査データもある中、デジタルデバイスやICTを積極的に子どもの教育――特に障害を持つ子どもや、引きこもりの子どもの教育支援に活用しようという動きが広がりつつある。

ここではICTを活用した障害を持つ子どもたちへの革新的な支援など、幅広い分野で研究・活動する東京大学 先端科学技術研究センター 教授の中邑賢龍氏と、デジタルメディアに造詣の深いソニー・デジタル エンタテインメント社長の福田淳氏に対談いただき、その中からICTと人との関わり方、ICTが社会で果たすべき役割などを透かし見ていく。

 

撮影:越間有紀子

 

■中邑 賢龍氏(写真左)1956年生まれ、山口県出身。86年香川大学教育学部助教授、92年カンザス大学・ウィスコンシン大学客員研究員、96年ダンディ大学客員研究員を経て、05年4月東京大学先端科学技術研究センター特任教授、08年4月同教授に就任。人間支援工学を専門とし、ICTやすでにあるテクノロジー(アルテク)を活用した、障害者等と社会の間のバリアフリー化を研究。「DO-IT Japan」「ROCKET-異才発掘プロジェクト」「魔法のプロジェクト」等、幅広い活動に携わる。

 

■対談はコチラ

http://talked.jp/22/

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年09月14日

セルフィーでブランディングする時代 【前編】
自撮りをする若者は「リアルな場」を通じてネットを見る。

成蹊大学・坂井直樹ゼミナールで行われた、実業家・福田淳とモデルでありYouTuberのTAYLOR(テイラー)の講義記録。スマホ化により急速に変化したブランディング手法【前編】と、変化に対応しながらFacebookいいね!27万、YouTube動画再生100万回コンテンツを生み出した、ソーシャルの達人のコツ【後編】をまとめた。

 

日時:2015年6月16日(火)
場所:成蹊大学 吉祥寺キャンパス 坂井直樹ゼミナール
撮影:越間有紀子

 

TAYLOR(テイラー)
カナダ―出身のモデル、YouTuber、ブロガー。(株)サトルジャパン所属。現在、東京から「カワイイ文化」を発信中。Facebookいいね!27万。YouTubeに投稿した「ようかい体操第一」動画が話題を呼び、100万回再生

 

■記事はコチラ
セルフィーでブランディングする時代【前編】
http://talked.jp/20/

 

ODAY IS THE BEST TIME TO DO WHAT YOU LOVE AND GIVE IT TO THE WORLD【後編】
http://talked.jp/21/

この記事の担当者: 鈴木那奈
パンク・クラスト・スキンズが好きです。 デジタル会社勤務のアナログ人間。 かわぃぃ+こわい=こわぃぃ が大好き!    虫に好かれるけど虫が苦手。これ、悩みの1つ。 最近、けん玉にはまっています!休みの日はほぼけん玉の練習ばかり!
鈴木那奈

2008年10月20日

これでいいのだ14歳バカボンパパに学ぶ14歳からの生き方哲学100
著:福田淳 / 漫画:赤塚不二夫
14歳は大人になるための最初の入り口。生涯の友人作りや遊びの作法、初恋なんてことも経験するかもしれない。どんな大人になれるかは、この時期決まるといっても過言ではない。だけど、正しい大人になる方法なんて学校じゃ教えてくれない。そもそも正しい大人っているのかな?「なぜなぜどうしてどうしてですか?」だらけの14歳――。
そこで本書では、自分探しに悩む14歳の読者とその親世代に向けて、バカボンパパの「これでいいのだ14歳の哲学」を、著者 福田淳と7人の面白仲間トーク&天才漫画のコラボ構成で伝授します。

7人7様100通り生き方トークの本文中に、バカボンパパのギャグ漫画とお言葉が神出鬼没!「読んで・見て・笑う」型破りのトークライブを親子で体験してみてください。
<7人の面白仲間たち>
赤塚りえ子 フジオ・プロダクション社長/アーティスト / 02 横山雅子 マーケティング会社社長 / 03 北村雄一 深海生物専門のサイエンスライター / 04 橘川幸夫 参加型メディアのパイオニア / 05 如月音流 ニューハーフのカリスマ IT 企業社長 / 06 松本圭介 インターネット寺院「彼岸寺」僧侶 / 07 安藤哲也 「パパ力検定」の生みの親
判版/新書判(115×172mm)本文/256ページ定価/800円(税別)読者対象/中高生、およびその親、教育関係者など 2008年10月21日発売!!

■天才バカボンのモバイルサイトはコチラ!!


【i-mode】 情報料: 月額:315円(税込)
iメニュー→メニューリスト→デコメール→赤塚不二夫のコニャニャチハ~
【EZweb】情報料: 月額:315円(税込)/525円(税込)
EZトップメニュー→カテゴリで探す→画像・キャラクター→アニメ・コミック→赤塚不二夫のコニャニャチハ~
【Yahoo!ケータイ】 情報料: 月額:315円(税込)/525円(税込)
Yahoo!ケータイ→メニューリスト→壁紙・待受→キャラクターキャラマックス内

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital