株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART

2016年03月28日

01_Shinsuke-kawahara_700x302

 

 

スマホを通じた新しいコミュニケーション体験を提供するソーシャル・デザインカンパニー、株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスは、80年代初頭よりパリを拠点に活動を開始し、フランスのフィガロ、エル、マリクレール、ヴォーグ等のイラストや、プランタンデパート、エルメス、バカラ等の広告を手掛けるアーティスト・河原シンスケ氏がデザインするLINEクリエイターズスタンプを、2016年3月28日(月)に配信開始しました。

 

■ウサギのキャラクター“パリラパン”と、ネコの“ネコジャン”が楽しくバカンス!

アーティスト・河原シンスケ氏が新たにデザインしたウサギのキャラクター“パリラパン”と、ネコの“ネコジャン”がバカンスを楽しむ様子をかわいらしいLINEスタンプにアレンジ。フランス語のあいさつや、愛情表現も入って、トークをおしゃれに演出できます。

 

ShinsukeKawahara_LINE-720x720_003

 

 

■丸の内ハウスで、河原シンスケ個展開催中!

東京・新丸ビル7階の「丸の内ハウス」で、河原シンスケ氏の個展を開催中です(2016年4月3日まで)。今回配信されるLINEスタンプ原画や、“パリラパン”と“ネコジャン”のバカンスを描いた新作アートを展示。また、丸の内ハウス内に3メートルを超える巨大なパリラパンバルーンや、窓のデコレーションシールなど、丸の内ハウス全体を使った楽しい個展となっております。

 

・個展名称:

“Bonjour! Paris-lapin & Neko-jean”

河原シンスケ個展 ボンジュール! パリラパン&ネコジャン

 

・期間:      2016年3月28日(月)11:00~ 2016年4月3日(日)20:00

 

・場所:      丸の内ハウス(新丸ビル7階)

東京都千代田区丸の内 1-5-1 新丸ビル 7F

 

■河原シンスケ プロフィール

01_shinsukekawahara武蔵野美術大学卒後、80 年代初頭よりパリを拠点に活動を開始。

プランタ ンデパート、エルメス、バカラ等の広告を手掛けるほか、ルイ・ヴィトン「LE MAGAZINE」のクリエイティブ・ディレクション、La Rochelle の リゾートホテル「cote ocean」の総合デザイン及び、250m2の天井画を完成させる。

エルメス「プティ アッシュ」から作品デザイン発表。

2016年、MISIAのライヴアルバム「MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE」のジャケットデザインを担当。

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスよりLINEスタンプ、パリラパンとネコジャンを発表。

 

 

■LINEスタンプ「ボンジュール!パリラパン by 河原シンスケ」

http://line.me/S/sticker/1258907

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2016年03月24日

“絶景大国・三重県“ を写真家・四方花林が

実際に旅をし、幻想的なフォトストーリーで紡ぎだす。

企画:ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス / 詩歩

協力:三重県観光局

 

絶景ハンター・詩歩が、まだ見ぬ「絶景」を探し出すWebプロジェクト「詩歩の絶景トリップ-Photo & story by 四方花林」を、ソニー・デジタルエンタテインメントと共に立ち上げます(2016年3月22日公開予定)。

 

企画第1弾は伊勢志摩サミット開催で注目が集まっている三重県の絶景。 実際に詩歩がその足で歩き、見つけた「絶景体験」を、写真家・四方花林が追体験。 独特な色彩感覚で表現されたアーティスティックなフォト・ストーリーを紡ぎます。

また、訪日外国人観光客向けWeb マガジン「MATCHA」ともコラボし、インバウンドに向けた情報発信も同時展開予定。

 

本企画は、「詩歩の絶景トリップ-Photo & story by 四方花林」公開を記念した写真展です。四方花林が追体験した「三重の絶景」を、独自のアナログな撮影方法で撮られた作品を展示。デジタル全盛の時代に、実際に足で歩き、その眼で見て撮影されたからこそ生み出される「絶景写真」を、お楽しみください。

 

3月25日19時から行われるレセプションパーティーでは、料理研究家・パティシエの福田淳子氏による、三重の特産品を使った、絶景スイーツをご用意してお待ちしております。

 

【プロフィール】

四方プロフ四方花林 (しかた かりん)

写真家。1990年1月生まれ。宝塚歌劇団を卒業後、写真の道へ。国内だけでなくロンドン・シンガポールで個展を開催。写真を通 して独自の世界観を発信し続ける。2015年11月阪神百貨店「ロンドン★ロンドン」2016年2月阪急うめだ本店「オオサカカラフルケイカク」2016年4月からベルリンに拠点を移す予定。

 

 

 

■展示名: SHIKATA KARIN PHOTO EXHIBITION “ZEKKEI TRIP”

 

■日時:3/25(fri)-3/26(sat)
 

3/25(fri)12:00-17:30 Exhibition

19:00-21:00 Party

(20:00-20:30 詩歩&四方花林 Talk show)

 

3/26(sat)

9:00-20:00 Exhibition

 

■会場:頂 itadaki

〒104-0043 東京都中央区湊3-5-2

http://itadakibldg.goblinspace.jp/

・アクセス

最寄り駅:

日比谷線『築地』駅3番口より徒歩約7分

有楽町線『新富町』駅7番口より徒歩約6分

 

■料金:入場無料

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年09月17日

本日、受付に花畑が届きました。

1442448074878-1024x682
 

Wild Flowers No.10
『Wild Flowers No.10』 , 2014年

 
写真を撮ろうとすると、
奥行きがあるのに、平面に見えてしまったり、
ガラスにどうしても映り込んでしまうので、撮るのが難しく、
電気を灯けたり消してみたり、角度を変えてみたり、
ひざ掛けや、ブランケットをかぶってみたり。
みんな、試行錯誤していました。
 
もしかして、その姿こそ、撮っておくべきだったかな。
 
先日、ポーラ ミュージアムで行っていたスー・ブラックウェルの展覧会の目玉だったそうです。

実物は、もっともっと素敵です、みた瞬間に、歓声が上がるほど。
 
現物をご覧になりたい方は、ぜひ、SDESへお越しください。
お待ちしております。

この記事の担当者: 管理部 S
SDES着任(2012/4~)より、日々、SDES内を奔走中。  目下の悩みは、社内のそこかしこに設置するキャンディバスケットをどんなものにするか???  なにしろ、代表からは、「カゴのセンスが合わない」と、袈裟懸けにバッサリ。 カゴ問題は、まだまだ、未解決。
管理部 S

2015年09月01日

『Metropolis』

レイアウト変更で、受付がリニューアルしてから、早数か月。
Mtgスペースにかけてあるアート作品をひとつ変更しました。
 
『Metropolis』
 
どこかの大都市なんでしょうか、不思議な感じです。
いったいどうなっているんだろうと、ずーーーと、見てしまう作品です。
Mtgスペース周辺で立ち尽くしている私を見かけたら、この作品の所為です。
見逃してください。
 
現物をご覧になりたい方は、ぜひ、SDESへお越しください。
お待ちしております。

この記事の担当者: 管理部 S
SDES着任(2012/4~)より、日々、SDES内を奔走中。  目下の悩みは、社内のそこかしこに設置するキャンディバスケットをどんなものにするか???  なにしろ、代表からは、「カゴのセンスが合わない」と、袈裟懸けにバッサリ。 カゴ問題は、まだまだ、未解決。
管理部 S

2015年08月01日

8月1日(土)より開催! 【川崎のぼる~汗と涙と笑いと~展】 @三鷹市美術ギャラリーにて!

 

今から約50年前。

1966年、「巨人の星」の 連載が 「週刊少年マガジン」 で開始されました。

「巨人の星」は、梶原一騎が原作を書いた、父と子の相克を軸にした野球マンガ。

 

少年誌で実力を発揮し始めた若手漫画家・川崎のぼるが作画を担当した本作品は、「努力と根性」によって「弱者が強者に打ち勝つ」物語でした。

 

この世界観が、日本の高度経済成長期における価値観と合致したことから、

瞬く間に人気マンガへと成長しました。

21世紀の現在においても、LINEスタンプをはじめとした、

若者にも親しまれる作品となっております。

 

本展覧会は、大阪で貸本漫画家としてデビューした川崎のぼるの初期の作品から、

戦後マンガ史と共に歩んだ、約60年にわたる画業をふりかえる展覧会となっております。

 

この夏休み、ぜひ、「三鷹市美術ギャラリー」にお越しください!

 

エントランスの無料スペースには、「巨人の星」の主人公・星飛雄馬の父親である「星一徹」と一緒にセルフィーできるスポットを設置!(企画:ソニー・デジタル エンタテインメント)

本セルフィースポット含めた、企画展体験レポートは近日配信予定です!

 

 

22222

 

 

flyer

 

【開催期間】2015年 8月1日(土)~10月12日(月・祝)
【開館時間】 10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【会 場】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL(コラル)5階→会場地図
【休館日】 月曜日(9/21・10/12は開館)、9/24(木)
【観覧料】 会員=480円 一般=600円 65歳以上・学生(大・高)=300円
中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料
割引入場券
* 20名以上の団体(一般)は480円
* こどもと一緒割引:中学生以下のお子様と一緒にご来館の方(こども1名につき同伴者2名まで)は480円
【主 催】 (公財) 三鷹市芸術文化振興財団・三鷹市美術ギャラリー
【協 力】 講談社、ソニー・デジタル エンタテインメント、神戸新聞社

この記事の担当者: Masato.Fukunaga
学生時代はずっと卓球漬けの生活⇒社会人1~5年目までは編集プロダクションで書籍漬け⇒6年~7年目は企画会社でおもちゃ漬け⇒現在はソニー・デジタルエンタテインメントでモバイル漬け。2児の子育て奮闘中!
Masato.Fukunaga

2015年07月31日

FB_Cover

 

「Shukou Tsuchiya Exhibition 2015 名言 × 墨」
水墨画を基礎とした現代アートの旗手 土屋秋恆が世界中に伝わる名言や格言、諺(ことわざ)から得たインスピレーションをもとに描き上げた抽象水墨画20点余を展示。
墨を基調に様々な画材を駆使し、世界の金言を通して土屋がいまの思いを表現する。

 

■開催概要
・日時:2015年8月16日(日)~8月20日(木)11:30~19:00(初日は17:00まで)

・場所:ギャラリー枝香庵 http://echo-ann.jp/ 東京都中央区銀座3-3-12銀座ビルディング8F

 

■土屋秋恆 メッセージ

歴史を振り返ると偉人達は必ずといっていいほど何か名言を残しています。歴史の数だけ名言があるといっても過言ではないかもしれません。現地語のまま伝承されているものもあれば、日本語に訳されて我々の良く知るところとなったものまでその伝わり方は様々です。その人にしか言えないであろう言葉の重みや、その土地ならではの特色をたくさん含んだまさに金の言葉たち。

 

人生の指標や戒めとなる格言や、思わず笑ってしまう名ゼリフまで。
そんな名言の数々を僕なりに墨を使って表現してみました。

 

 

 

It shoud not be gun or bullet but love who is allowed to dominate the world.
Mother Teres

 

銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。世界を支配していいのは、愛なのです。
マザー・テレサ
====================

 

■収益について/寄付について
2013年より土屋秋恆氏と弊社ソニー・デジタルはタッグを組み、毎年1回水墨画作品の展示会を開催しています。
「より身近にアートを感じてもらう」「社会貢献につながるアートを届ける」、「世界一小さな画廊から、世界を少しシアワセにできる。」という信念のもと展示販売をし、その作品は通常価格の4分の1に設定。また売上の一部を、作品テーマと親和性のある活動をされているNPOや団体へ寄付しております。

2015年は、福島県で活動をしている非営利団体「KAKE COMI」(代表・鴻巣麻里香)に寄付させて頂く予定です。
この「KAKE COMI」は、家庭内の様々な問題や不登校などで居場所がなくなってしまった福島の子どもたちに美味しい食事と勉強する場所を提供する活動を行っている団体です。

 

KAKE COMI
http://www.kakecomi.org/

 

IMG_0903今年のテーマ 名言・格言・諺(ことわざ) は、自分自身を戒めるものや皮肉、幸せを願うものなど多様にありますが、根本は健やかで安全に暮らし豊かになるために存在するのだと私は思います。KAKE COMIのプロジェクトは、福島の子供たちが健やかに暮らす為のものと考え、今年のテーマと通ずるものがあると思い、KAKE COMIへの寄付を決めました。

 

■土屋秋恆プロフィール

1974年兵庫県宝塚市生まれ。南北墨画会の師範、ステインアーティスト。
SONY, UNITED ARROWS, AUDI などの数々のプロダクトキャンペーンを手がける。
土屋秋恆公式HP

 

この記事の担当者: 鈴木那奈
パンク・クラスト・スキンズが好きです。 デジタル会社勤務のアナログ人間。 かわぃぃ+こわい=こわぃぃ が大好き!    虫に好かれるけど虫が苦手。これ、悩みの1つ。 最近、けん玉にはまっています!休みの日はほぼけん玉の練習ばかり!
鈴木那奈

2015年06月05日

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するグラフィティアーティストMr.Brainwashは、Banksy(未だ実態の知られていない世界的有名アーティスト)が監督を務めた映画『Exit Through the Gift Shop』で(Banksy)本人ではないか?と話題を呼んだことで有名に。
 
更に、Mr.Brainwashはミュージック業界のトップスター、マイケル・ジャクソンやマドンナを始め多くのCDジャケットを手掛けており、世界中の著名人が彼の作品をコレクションしている。
 
彼の素晴らしいDNAを受け継いだ息子のHijack氏もグラフィティアーティストであり、同展示会で多くの人に紹介され、将来の期待をよんでいる。
 
そんな彼らの貴重なインタビュー映像を公開!
Mr.Brainwashの個展『MR.BRAINWASH Art Show In Japan Featuring ”Hijack” Japan Debut(東京・お台場のGALLERY21)』が開催されたシーンから始まり、カメラは闇の中の親子を追跡!
 
映像中のインタビューに「グラフィティアーティストは実態を明かさないために、夜活動する」というフレーズがあるが、Hijack氏の手掛ける「黒猫」はまさに「グラフィティアーティスト」の“アイコン”。
カメラは、親子の滞在中を追い、都内の猫カフェでこっそり作品を仕上げる姿までも収めている。二人のアーティスト、そして決して見ることがない“父・Mr.Brainwash”の顔を本編で綴っている。
 
■Mr.Brainwash + Hijack Japan Show -Life Is Beautiful Japan 2014-

 
■Hijack Japan Show -Life Is Beautiful Japan 2014-

 
■シルクスクリーン 『Madonna“Celebration For Japan”』 限定販売
Japan Special Limited Edition”の SilkscreenMr.Brainwashの代表作の1つである“Madonna”がモチーフ、 同タイトルの原版から制作した日本限定作品
http://ec.tagboat.com/jp/products/detail.php?product_id=40935

この記事の担当者: 鈴木那奈
パンク・クラスト・スキンズが好きです。 デジタル会社勤務のアナログ人間。 かわぃぃ+こわい=こわぃぃ が大好き!    虫に好かれるけど虫が苦手。これ、悩みの1つ。 最近、けん玉にはまっています!休みの日はほぼけん玉の練習ばかり!
鈴木那奈

2015年05月27日

21世紀になって10年以上経ちました。大量生産から受注生産へ、「みんなが欲しいもの」から「自分が欲しいもの」へ世界的にニーズのパラダイムシフトが起きつつあります。そんな21世紀型の物欲を満たしてくれるのが3Dプリンターです。
ということで、巷で話題の3DプリンターでiPhoneカバーを作ってみました!

 

【iPhoneカバーの作り方】
(1)ラフデザイン(三面図)※コスト= 10万円 2週間
まず、どのようなデザインにするのかを決めます。
女性をターゲット、3Dプリンターならではのデザインというコンセプトの元にデザインを出していきます。

 

150527_001

 

取っ手のあるものからネコを模したもの、

 

150527_002

 

黒●げ危機一発風のものまで様々なテイストのデザインが出ました。

吟味の結果、今回は左右非対称の曲線の意匠と、背面にミラーを配置したものにすることに決定です。

 

(2)モデリングデータ化
※コスト=モデリングデータ化 25万円
レンダリング 2万円 1週間

ipc0303white1

 

 

これまで平面でしてきたデザインを、立体にするためにモデリングデータ化します。上の図のようになりました。完成のイメージがグッと掴みやすくなりましたね。
最後にモデリングデータを3Dプリンターに入力できるようレンダリングをすればデータの完成です。
最終的に36MBのSTLデータになりました。

※STL=Standard Triangulated Language。三次元形状を表現するデータを保存するファイルフォーマットのひとつ。

 

 

(3)3Dプリント発注 ※1点につき 8,717円
先ほど作成したデータを使用してサンプルの3Dプリントをします。
今回はDMM 3Dプリントに依頼をしました。
http://make.dmm.com/

 

img_service_header04

 

PCサイトからデータのアップロード後、素材等いくつかの事項をチェックするだけで簡単に注文できました。その後に見積もりの金額を入金すれば出力の依頼は完了。今回は落としても壊れず、手にしたときに面白味のあるやわらかい素材、ゴムライクで出力です。

 

(4)鏡制作 コスト= 鏡面仕様アクリル板 525円

加工 216円 1日

鏡部分をアクリルで制作します。

今回は東急ハンズで購入した鏡面仕様のアクリル板を同じく東急ハンズで加工してもらいました。

DSC02838

 

(5)3Dプリント完成 1週間
3Dプリントが終わるとDMMより郵送されてきます。

 

ボックス
今回は1週間程度でプリントが終了しました。

 

(6)iPhoneカバー完成

プリントされたカバーの裏に制作した鏡を埋め込んで完成です。

ボックス
ソニー・デジタルはこれまで多くのデジタルコンテンツを作ってきました。
今回の3Dプリンターを使用したもの作りは、デジタルとリアルプロダクトをまたぐ新しい手法です。
あたらしい世代のもの作り、オンデマンド型のもの作りにこれからも挑戦していきます。

 

【総制作期間】
1ヶ月
【総コスト】
379,458円

 

この記事の担当者: 原寅彦
『楳図かずおの恐怖スタンプ』『あしたのジョー』『ゴルゴ13』など漫画作品を主に、LINEスタンプを多数手がける。2014年、制作に2年の歳月を費やした『三国志』スタンプがヒット。インターネットのインタビュー記事を皮切りに『三国志』関連の問い合わせを多数受け、ただの会社員から“横山光輝『三国志』文化人”へと謎の躍進を果たす。 『チャージマン研!』『SIREN』『レッドマン』クリエイターズスタンプもよろしく!
原寅彦

2014年10月06日

6アート.jpg

堀口徹 三代秀石 江戸切子電子作品集
著者
:堀口徹
価格:
kindle      0円  http://ow.ly/BvMMR

    iBooks     0円  http://ow.ly/BvOpn

作品紹介
伝統工芸のフィールドで培った技術をもとに工芸、アートの枠を意識することなく江戸切子の幅の広がりを求め続ける、三代秀石・堀口徹。
本作品は、そんな堀口徹の
2004年から2013年までの代表的な作品を収録したデジタル作品集です。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2014年09月25日

土屋秋恆/アプリ/作品集/土屋秋恆現代水墨画集

「土屋秋恆-現代水墨画」
著者:土屋秋恆
価格: kindle     0円  
http://amzn.to/1uXAhbd

    iBooks  0円  https://itun.es/jp/EbcB2.l

【作品紹介】
土屋 秋恆(つちや しゅうこう) 1974年9月1日生まれ。南北墨画会師範、ステインアーティスト。

18歳で水墨画を始め、2年という異例の早さで師範となる。SONY、CHIRISTIAN DIORなど世界的ブランドのVIパーティでライブパフォーマンスを展開するなど、幅広いアーティスト活動を行っている。マーカーや蛍光アクリルなど現代的な画材を古典技法と合わせ、電線やビル群、都会のカラスなどを描くそのスタイルは若者を中心に絶大な支持を得ている

本画集では土屋秋恆アート作品の10年間の代表作に加え、新作2点(2012年制作)、個展「PENDULUM」(2012年9月・Kips Gallery NY)で発表された新作が25点を含む119点が収録されている。

【注意:本画集は2012年にiPhone/iPad向けに発売された同作アプリを電子書籍化した作品です。ご購入の際はご注意ください。】

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital