株式会社ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス

TOP > ART

2006年11月29日

モバコ人
『オープン・シーズン』ジャパンプレミア

昨日、新国立劇場で『オープン・シーズン』ジャパンプレミアがありました。

開演の幕が上がると、、ケミストリーのシークレットライブがおこなわれました。
お客様には知らされていなかったので(ゆえにシークレットなのですが。。。)
すごい歓声でした。

ちなみに帰る際、おみやにミスドのドーナッツをいただきました。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年11月24日

モバコ人
井上 雄彦 draw

漫画以外でも色々と面白い事をやられている井上雄彦氏。
今度はDVDだそうです。

『draw』
draw

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年11月22日

モバコ人
Shinya TV

先日の『アイデアの鍵貸します』ってテレビ番組。の回でご紹介した
中島信也氏がなにやらまた、面白い事を始められた様です。

『Shinya TV』
ShinyaTV

主なコンテンツ

・「映像テクノアカデミア映像祭」応募受付と受賞作品の配信、批評
・中島信也×ゲストの対談
・東北新社オリジナル100秒ムービー「ぷちむー」配信
・東北新社企画・演出部の女性CMディレクターによるブログ
だそうです。

お気に入りがまたひとつふえました。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年11月20日

モバコ人
没後50年 溝口健二再発見

というのが東京国立近代美術館フィルムセンターで行われている
ようです。
フィルムの現存する34の監督作を上映するとの事。
観たい。観たい。仕事休んで観たい。
料金も一般500円やし。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年11月17日

モバコ人
72時間限定配信だそうです。

カップヌードルの「FREEDOM」のムービーが
Yahoo!動画で11月20日の午前11:59まで公開されています。

FREEDOM1

キャラクターとメカのデザインは大友克洋さんがやっています。
大友さんといえば、やはり有名なところでは『AKIRA』でしょうが、
個人的に一番すきなのはMEMORIESに収録されている
大砲の街って作品です。

この前、同じくMEMORIES』に収録されている彼女の想いで
脚本、設定をされた今敏さん(パプリカ監督)を取材・撮影させて
頂いたのも何かの縁でしょうか。。。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

モバコ人
本屋さんの前で思ったこと。

今朝本屋さんの前を通ったら、広告批評のチラシが張ってあった。
最新号は「世界のコマーシャル2006」だそうだ。
そういえば毎年こんぐらいに「世界のコマーシャル」シリーズが出ていますねーと
思いつつ表紙にすぐにくらいつく。
『野田凪だー。』
そうです、近頃『野田』といえば『野田恵』のだめカンタービレかもしれませんが、
広告の世界では『野田』といえば野田凪です。(と私は思っている)

そんでもってこの表紙になっているビデオがこちら

ちなみにこの広告批評11月号には、撮影のメイキングやらインタビューやらが
載ってます。

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年09月11日

Nya_3 こんにちは!にゃーです。
昨日、ラフォーレ原宿装苑創刊70周年記念のイベントに行ってきました。
文化出版局ということで、文化服装学院在学生のファッションショーがあり、
私の知人たちがモデルとして出演するので観て来ました!
(卒業生のショーは時間の関係でみれなかった・・・悔しい。)
文化祭のショーとは違い、お客と出演者の距離が近くて臨場感たっぷりで迫力があり
とても楽しめました!
でも、知り合いが出るので内心ドキドキでした。(笑)
撮影禁止でしたので、周りの人は撮影している中大人しく撮影はあきらめました。(涙)
みんなすごくかっこよくてかわいかったです!
最初のシーンと途中のフォーマルのシーン(ホワイトとシルバー系のカラーのスタイル)がよかったです。学生の作品なんて信じられなかったです。

装苑創刊70周年記念ということで、ラフォーレミュージアムにはいろんなアーティストさんが作った
バースデーケーキがたくさんありました!
実は、にゃーは昨日誕生日だったので
このケーキは私の為に作られて展示され、今日のショーは私へのプレゼントなんだ♪
なんてイタイ想像をしてました。
写真を撮らなかったのが後悔です・・・
すごくきれいな作品から、にゃー好みのぐろい作品などなどがあり、すごくよかったです。
残念ながら昨日までのイベントだったのですが、
ラフォーレ原宿なんて若者の集う場所に久しぶりに行ってみてなんだか若返りました。
と同時に若干へこみました。
青山などには出没しているので、これからはふらっとラフォーレ原宿にも寄ってみようかなと思ったり思わなかったりなにゃーです。

あ、ちなみに誕生日自体は過ぎてしまいましたがプレゼントやバースデーコメントは随時受け付けておりますので。(笑)

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

Siva_6大人計画フェスティバル』に行ってきました!!

このイベントは松尾スズキさんや、宮藤官九郎さんが所属する劇団「大人計画」が、廃校を使って2日間限定の文化祭をやろう!っていうものです。
お化け屋敷、串焼き屋、映画上映、ママさんコーラスや、ドッジボールまでありました。
何から見よう、何から食べよう、そーんな感じで、廃校は廃校だと思えないぐらい活気に満ちていました。

しかーーーーーーーーし!!!!

暑すぎです………orz

ビールを飲みながらドッジボールを観戦したり、松尾スズキさんとリリー・フランキーさんの対談に耳を傾けていたりもしましたが、私は暑いのが苦手なのです。
好きな季節は?と聞かれたら、

「冬」

と答えるくらい暑いのが苦手なのです。

宮藤さんのお化け屋敷ぐらいは入っておきたい!!
だけど待ち時間を聞いて気が遠くなりました。

「ただいま5~6時間待ちとなっております」

……………………。

Photo_37 というわけで、唯一の戦利品(違)が←の宍戸美和公さんのスタンプを押した紙です。
イヤイヤ押しているワタクシが写っております。加工しております。
あ、別にスタンプが嫌いだとか宍戸さんが嫌いなわけではないですよ。あしからず。

Photo_39 スタンプは可愛らしいですねぇ。画像ちっさくてよく見えませんね?癒し系な動物たちがいらっしゃるんですよ、この紙面には。
全く私には不似合いな図です。うふふ。
私、α波よりアドレナリン依存症なので(ぇ)

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年08月25日

Mobile_3
「マンハッタンの猫」キャンペーン実施!

久下貴史 第6回 個展 「久下貴史と物語の猫たち」開催記念!
久下先生描き下ろしの手描き原画をプレゼントしちゃいます。

Pict03_2
今月、銀座 伊東屋にて開催された個展もたくさんのお客様で
ライブペインティングも素晴らしいものでした。

そんな久下先生から、素敵な原画をいただきましたので
3名の方にプレゼントいたします。
Pict02

サイトへのアクセスはこちらから

マンハッタンの猫

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital

2006年08月23日

Girl_heart_5夏休みエンジョイしてますか?

夏休みないーーーという方、暑くて面倒ーーという方、美術館はおすすめデス。
なぜなら涼しいし、気分転換できるから!

夏休み企画でルーブル美術館展とか、プライスコレクションの伊藤若沖展とか良い展覧会たくさんありますね。

その中でぴのこオススメは横浜美術館で開催中の「日本×画展」(←にほん×ガテン!と呼むらしい)。

Photo_11伝統的イメージの強い日本画に新しい取り組みをする6人の画家・漫画家・イラストレーターが出品していて、
しりあがり寿さんなど、六人六様?でおもしろい。

といいつつも今回のお目当ては「松井冬子」さん。

世にも美しい若手の日本画家-。

美しい作品の作り手が美しいとは限らない??と思っていたけど、
あぁ・・・天はニ物も三物も与えているのねっていう才能と美貌の持ち主です。

この方の作品は今まで見てきた日本画とはどこか違う気がしました。

改めて日本画のどこに惹かれるんだろう?と考えてみると、

Photo_19 岩絵の具による深みのある色彩?

Photo_20 線描もしくは色彩により大胆にも繊細にも表現できる奥深さ?

Photo_21 繊細さ故に画家の精神性が現れる?(ような気がする)

Photo_22 透明感とか空気、雰囲気を表現できる?

とかかな?ってちょいと真面目に考えてみる 。

松井冬子さんの作品はそのどれにもあてはまるけど、もう一つ「メッセージ性」が強いところが今の方だなと思います。

結構、「幽霊」とか「変わった動物」の様なちょっと怖めの題材が多いのだけど、表現はちっとも怖くなくてむしろある感情表現を表すモチーフとして描かれている気がします。

ぴのこがいった日は平日だったせいかガラ空き。

ソファーにすわって「世界中の子と友達になれる」をボーッと見てました?(。?v?。)?

夏休みもそろそろ終わり、美術館で涼みながら好きな絵を探しに行くのも贅沢な気分。。

みなさんのオススメ展覧会も教えてくださ~い!

この記事の担当者: SonyDigital
アイディアをデザインするクリエイティブハウス。LINEスタンプから企業のブランディング、アプリ開発まで幅広いコンテンツマーケティングを展開中。
SonyDigital